『ゲイランへ行こう!』の言葉に期待し行ってみたジョホールバルのお店

図1.png

半島マレーシアの南端でシンガポールとの国境の街となるジョホールバルに滞在していた時のお話です。

『よし、今日はゲイランへ行こう!』

と、現地人から連絡が入ります。
ゲイランと言えば、知る人ぞ知るシンガポールの歓楽街、そこではさまざまな国のお姉さんと交流が持てるという超有名スポット。

図2.png

しかし、シンガポールまでそう遠くないとは言え、ここはマレーシア。
「国境を越えてまで遊びに行くのも面倒くさい」と返事をした私でしたが、思わぬ内容の返事が来て俄然行ってみたくなったのでした。

『ははは。オマエ、ゲイランってジョホールにもあるのを知らないのか。』

“えっ、マジ♪”

ということで、現地人と待ち合わせ、いざジョホールのゲイラン目指して車を走らせたのでした。






到着したのは、ジョホール庶民の御用達デパートであるKSL City Mallや11@Century Hotelからほど近い裏通り。
車を降り現地人の後をついて歩いているうちに彼の言うゲイランが私の期待するモノとは違っていたことに気づくまでそう時間はかかりませんでした。
彼の言うゲイランとはレストランだったのです。

図4.png

せっかくシャワーまで浴びて支度をした私は失笑しながら己のゲスさを隠しつつ、“まぁ、人生こんなもんよね”とばかり早々に観念、彼と食事をとることになったのです(笑)。
しかし、このゲイランと看板を掲げているレストラン、私にとって少々問題アリでして結局まともに料理を口にすることはできませんでした。

それは何故かと言いますと・・・。

図8.png

『だって、このゲイランっ言うレストラン、カエル料理のお店なんですもん!!』

馴染みのない形状の料理が出てきて「あれ?」とは思ったのですが、一口ほど口にしてみて確信したのでした(苦笑)。
鶏肉に似た食感で意外と美味しい等と言われていますし、私も食べたことがないわけではありません。
が、私にとっては別に好き好んで食べるシロモノではないのです。

図7.png

現地人からメニューを取り上げ見てみると、やはり中国語でカエルを意味する「田鶏(ティエン ジー)」の文字が。

“オレは、わざわざシャワーまで浴びてカエルを食べる準備をしていたということなのか・・・”






周囲に軒を連ねる多くの中華系レストラン、なぜその中でカエルを食べさせる店に入らなくてはならなかったのか?

ふと、そう考えた私。
結局、「ゲイラン」という名前に冷静さを失った自分に責はあるものの、どうも合点がいきません。
私は一緒に店に入った現地人にこう聞いてみたのでした。

図5.png

「アンタ、ゲイランはマレーシアにもあるって言ったよね。オレの言うゲイランはこんなんじゃないんだけど。」

不思議そうカエルをむさぼる手を止め私を見つめる現地人でしたが、すぐさまこう答えるのでした。

図6.png

「何言ってるんだ?ここはゲイランのマレーシア支店、知らないのか?他にもベトナム、カンボジアやインドネシアにも展開している有名なチェーン店なんだ、知らないのか??」

図3.png

自慢げに答える彼を見ていると何かしら白昼からゲスなことを期待した私が少し恥ずかしく思え、「そうなんだぁ」としか答えられなかった私。
日本に支店があるわけでもないのに私が知るわけないのですが、と言っても日本では絶対流行らないと思います。






(ジョホールのグルメ記事)
【マレーシア料理】ジョホールのバクテー(肉骨茶)の人気店”強記”
ジョホールバールで食べる日本料理“居酒屋 HACHIKO”
タマンモレックの日本料理”林(HAYASHI)”
【マレーシア料理】肉骨茶よりヘルシー、私の好みは「好湯頭」
シンガポールを臨む隠れた名店“永大海番村海上餐庁”
【マレーシア料理】タマンモレックの韓国焼肉『韓(HAN)』
【マレーシア料理】ジョホールバールの海鮮料理の超人気店“旗魚海番村”
私がタマンモレック界隈で遊ぶ際の腹ごしらえ処「文華楼」
【ジョホールグルメ】テリトリ外だけど味は上々な寿司懐石「上井」
好きだったのに既に閉店、ジョホールジャヤのうどん屋「YUSHI(優志)」
焼肉だけじゃない居酒屋メニューも充実なタマンモレックの「KEMURI」
弁当屋だと思っていたオースティンの「DONG ASIAN KITCHEN」へ行ってみた
こんな店名で客来るの?オースティンの鶏鍋レストラン「秘制鶏公煲」
モスリムの友人と楽しむジョホールバルの日本食「SAMURAI RAMEN UMAMI」
ジョホールバルの一風変わったシーフード料理レストラン「肥魚(FAT FISH)」





(ジョホールのタイパブ記事)
馴染み嬢が出稼ぎを決意したジョホールのタイパブ「Dee Bangkok」
【マレーシアの夜遊び】ジョホールバールのタイパブ『プーケット』
【ジョホール夜遊び】ウワサ通りタイ人が多数在籍、パブ「Wynn Two」
タイパブ「プーケット」よ、オマエもか。。。
復活の兆し!タイパブ”プーケット(Phuket)”





(ジョホールの夜遊び記事)
仕事帰りの若者が集まるジョホールバルの「After 5 Bar & Lounge」
馴染み嬢が出稼ぎを決意したジョホールのタイパブ「Dee Bangkok」
マレーシアで遊ぶジョホールバールのフィリピンパブ
あわや酒池肉林?マレーシアのローカルカラオケに突入
【マレーシアの夜遊び】友人が転籍したジョホールバールの"Queen Pub"へ行ってみたが
【マレーシアの夜遊び】しけしけのジョホールジャヤ”Be Loved”
【マレーシアの夜遊び】行く価値なくなったパブ”Baby Face”
【悲報】アマンサリ レジデンス リゾートのスパ(SPA)閉店
【マレーシア夜遊び】「パッケージ」で遊ぼう、タマンモレックの按摩屋“越舒服”
【マレーシア夜遊び】新年快楽、パブ”女皇(Queen Pub)”
【ジョホール夜遊び】オールマレーお姉さんの新店パブ『KAMPAI』
【ジョホール夜遊び】オースティンのオーソドックスなパブ『MEMORY(メモリー)』
【ジョホール夜遊び】ここにもガサ入れ。パブ『Be Loved』
【業務連絡】徐々に活気を取り戻してきたジョホールの夜遊び
ジョホール夜遊び活性化の影の立役者は“エアアジア(Air Asia)”かも
営業停止を繰り返しながら復活するジョホールのパブ「LEGEND(レジェンド)」






(ジョホールのホテル記事たち)
マレーシアで珍しい野鳥に街で遭遇
マレーシアで珍しい野鳥に街で遭遇【完結編】
パブ「夜城(Night City)」に隣接、ジョホールバール下町の宿“ホテルJSL”
【マレーシア】私がイーオン(AEON MALL)重視の時に泊まる宿
タイ料理レストランに直結な“コンテナ”なホテル
南シナ海を望むジョホールのリゾートホテル「Tanjung Sepang Beach Resort」





(マレーシア関連の記事カテゴリ)
マレーシアの夜遊び♪の記事一覧
マレーシアの記事一覧
マレーシア料理の記事一覧
チャイナタウンで”逆ナンパ”の記事一覧





"『ゲイランへ行こう!』の言葉に期待し行ってみたジョホールバルのお店"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

<❤ちょっとエッチな人気カテゴリ❤>
お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘
「Chau Docという国境の町」物語


❤❤ちょっとエッチな別館はこちら❤❤
海外を徘徊するおじさんのブログ(別館)
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

ブログ王ランキングに参加中!