路地裏が妙に似合うトライアンフ「ボンネビルT120」

図1.jpg

バンコクの路地裏で妙に絵になるバイクを発見、近寄ってみるとトライアンフ(Triumph)の復刻名車ボンネビル(BONNEVILLE)T120。
こういうエンジンに特徴ある自動車やバイクに魅かれる性質のある私は、しばらく見入ってしまうのでした。






日本では、トライアンフのバイクなんてあまり見かけませんよねぇ。
イギリスのオーバイメーカーで、エンジンは独自のV型を搭載し、独特のサウンドを響かせてくれるバイク。
個人的にはインラインフォーのエンジン音が好きですが、ハーレーやドカティあるいはBMWという独特なエンジン音を聞くと、歩いていても立ち止まってしまう私です。

図2.jpg

残念ながらオーナー(と思われる方)は、店の中で散髪中。
エンジン音を聞くことはできませんでしたが、終始ガラス越しにバイクを食い入るように見ている私に満悦そうな視線を送っておられましたねぇ(笑)。

図3.jpg

日本にも同モデルは存在すると思うのですが、いろいろ手を食わられると見事なまでに印象が変わりセクシーになるとは驚き。
特に右2本出しマフラーとアリンコシートが良い雰囲気を醸し出しております。
正直、ノーマルでは(私の好みに合わないだけですが)決してカッコいいとは思えないボンネビルがここまで変貌を遂げるとは。

図4.jpg

しかし、私として少し残念な個所もあったので付け加えさせてもらっておきますと、それはラジエター。
もともと空冷だったと思うのですが最近のヤツは水冷になっているようで、特徴的なV型エンジンにラジエターが覆いかぶさり良く見えないのです。
水冷に進化することに否定はしませんが、せっかくなのでもう少し控えめなラジエターを載せて欲しかったですねぇ。。。と、買えもしないヤツの負け惜しみを残しておきましょう(泣)。

日本で買うと150万円くらいでしょうか、ということはタイでは300万円超えのバイクということになるのかな。
決して安いバイクではありませんよねぇ、でもバイクにお金をつぎ込む人って何かカッコいいと思うのは私だけでしょうか。いつまでもそういう趣味は持ち続けていたいものです。

図5.jpg

夜のタイを徘徊するのも楽しいのですが、日中の徘徊は私にとって“別の出会い”があり結構好きなんですよねぇ。。。お金もかかりませんしね(笑)。






(バイクの記事たち)
仮面ライダーにはこっちを乗って欲しかった「ベネリ(Benelli)」
世界最古のオートバイメーカー「ロイヤルエンフィールド」
軒下で見つけた2台の“懐かしいスクーター”
情報求む、チャイナットで見かけた謎のバイク
スズキと離婚しBMWと再婚。インドのバイクメーカー「TVSモーター」
発想は面白いと思うのですが、チョッピリ残念なトゥクトゥク
トゥクトゥクの原型と言われるダイハツ「ミゼット」、実はインドは違う話
GPXに続け!タイで私のイチ押しバイクメーカー「スタリオン(Stallions)」





(関連カテゴリ)
ちょっと珍しい世界の車たちの記事一覧





"路地裏が妙に似合うトライアンフ「ボンネビルT120」"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


<❤ちょっとエッチな人気カテゴリ❤>
【別館】タイの夜遊びシリーズ💘
【別館】お姉さんの部屋シリーズ💘
【別館】お姉さんが来たシリーズ💘
【別館】お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
【別館】「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【別館】【期間限定?】シリーズ💘
【別館】「Chau Docという国境の町」物語


❤❤「Google待避所」的な別館はこちら❤❤
海外を徘徊するおじさんのブログ(別館)

♠♠わりと真面目な癌闘病日記♠♠
サラリーマンの癌闘病日記

こんなショボいブログなんですが、人並みにランキングに挑戦しているのです。。。f^^;
”元気の源”のために下のランキングボタンを1日1回”ポチッ”としてもらえるとシッポを振ります♪
リンク先では、ここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいねぇ~♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇




にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

ブログ王ランキングに参加中!