私の移動市場の楽しみ方は、やっぱりゲスだった思い出話

またまたタイの山奥に引き込んでいた頃のお話です。 私が長期に渡り滞在していた(させられていた?)タイの田舎町というか集落。 一番近いコンビニやATMまでは10数km、また一番近くで日本料理にありつけるレストラン「Yayoi軒」までは約80kmという辺鄙な立地。 当然(内容は明かせませんが)仕事で滞在していたのですが、まずは「食べていくこと」ことや「楽しむこと」を…

続きを読む

田舎にダンサーがやってくると、日本人の私は“それなりに楽しみ”があった話

タイの山奥に引き込んでいた頃のお話。 行きつけのローカル食堂で夕飯を取っていると、必然的に見知らぬ現地人と仲良くなっていきます。 魚釣りの話やらお姉さんの話やら、言っていることは正確にはわからないものの身振り手振りで何となくコミニュケーションできていたから今思えば不思議です。 「今晩、村はずれの空き地でバンコクからダンサーが来て踊るんだ♪オマエ観たことあるかい?」 “当たり前…

続きを読む

田舎生活の送別会、「当時の悪事」はやっぱりバレていた話

タイの田舎生活を引き揚げしばらく経ちますが、先日ちょいと顔をのぞかせる機会があったので立ち寄った時のお話。 『そういえば、送別会やっていなかったね~』 みたいなノリで暮らしていた宿を管理していたオジサンの勧めもあり、久々に一泊宿を取り宴を持つことにしたのでした。 と言っても、私を送別することが目的はなく「単に酒が飲みたいだけ。しかも私のお金を利用して」というのは見え見えなのです…

続きを読む

「カオ ラム(Khao Lam)パーティ」に誘われたが仲間外れな夜

田舎生活も完全撤退の様相を呈してきたある日、馴染みのおばちゃんから「カオ ラム(Khao Lam)作るんで食べにおいでよ、娘も帰省してるしね」と誘われた私。 特にすることもないタイの田舎、“娘も帰省しているし”の言葉に誘われいそいそとおばちゃんのお宅に訪問したのでした。 このおばちゃんは農家なのですが、道端で“ガイヤーン(鶏のバーベキュー)”やら“カオ ラム(竹おこわ)を売ったりして小銭…

続きを読む

「さらば、田舎生活」。“宿命”に逆らえなかったサラリーマンな私

『サラリーマン、上司と所属は選べない』 どうやら私も例外ではありませんでした、慣れ親しんだ“田舎の宿”を撤収することに(涙)。 ベトナムやインドネシアをチョロチョロし始めたあたりからでしょうか、ある程度は予想はしていた人事異動。 これまで通り、アジアを中心に海外を徘徊することには変わりないのですが、タイでの田舎生活に終止符をうつことになりました。 引っ越しを手伝ってくれた、これま…

続きを読む

<<人気カテゴリたち>>

お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

ブログ王ランキングに参加中!