応援ありがとうございます、抗がん剤「ゼローダ(Xeloda)」治療も4クール目突入です

図1.png

最近では「2人に1人はかかる」と言われる癌、私に至ってもその50%の確率にはまっり大腸がんを患ったことは、以前お伝えした通りです。
大腸癌と言えば、先日に阪神タイガースの原口文仁選手が見事復活を果たし、私を含め世間の同様な病に見舞われている方々に多大な勇気を与えてくれました。
彼の復帰第一打席に放ったレフトオーバーのツーベースヒットをスマホに保存し毎日眺めては目頭を熱くさせております(笑)。






原口選手の復活を機に(?)なのでしょうか、私の癌状況について沢山の応援メッセージが最近になってまた増えてきました。
皆さまには心温まる言葉をいただき深謝いたします、おかげさまで元気で治療を続けています。
ということで、現在私が行っているゼローダ(Xeloda)治療の途中経過や副作用についてシェアさせていただき皆さんの参考になればと思います。

図4.jpg

まず、簡単にこれまでの経緯をお伝えしておきますと、2019年2月19日に大腸がん(ステージ3~4)を告知され、そのまま摘出手術を受けました。
その後、3月上旬に無事退院し自宅療養を開始し、3月27日から抗がん剤治療であるゼローダ(Xeloda)治療を開始。

図3.jpg

ゼローダ(Xeloda)治療は、大腸がんの術後の治療として『2週間の(朝晩の)薬服用と1週間の経過観察』を1クールとして、全8クールのプログラム。
このプログラムをこなしながら4月5日から会社に復帰を果たし、3週間に1度通院し検査を受け経過観察中で現在に至っています。

図2.jpg

薬が体に回りはじめたのでしょうか、現在4クール目に突入しているのですが、徐々に副作用の症状が現れ始めていますねぇ。
まぁ、きつい薬なのでしょうから副作用は覚悟していたのですが、服用当初は出なかったので安心していましたが、ここにきて手足のシビレが顕著に現れ始めました。
症状が酷いときには、パソコンのキーボードを叩くのに痛みを覚えたり、キーを押した感覚がなかったり。

図8.jpg

その他、自覚症状のない副作用としては、2クール目に血液中の白血球が極端にさがってしまい症状を改善させる薬を追加で処方されたりしましたねぇ。
現在の白血球は正常値に戻ったのでこの薬は服用していませんが、コイツを服用すると倦怠感というか怠さが倍増し結構辛かったです。
この薬を飲んでいる期間には抵抗力がおちるのでしょう、発熱には気を付けるよう厳しく担当医から指導をうけました、血液検査時の出血も止まりにくかったですしね。






一方で摘出手術時に開いたお腹のほうは快調そのもので、縫合痕は痛むことはありません。
ただ、腹筋力が皆無なことと大腸を盲腸から胃袋付近まで切除したせいでしょうか、便が緩く排泄回数も増えましたねぇ。

図5.png

日常生活には支障はないのですが、長距離移動することになると少々心配ですねぇ。
ずいぶんパスポート使っていないですし、このまま症状が落ち着けば抗がん剤を服用しながらの海外渡航を目論んでいるところですが、なんせ私の渡航する国(特に地方)のトイレ事情は、劣悪な所が多いですし海外復帰した際の一番の懸念事項ですねぇ(苦笑)。

図6.png

阪神タイガースの原口選手のくだりから半ば強引に記事にしてみましたが、世の中の同じ症状に悩まされる方々と“痛み”を共有出来たら嬉しいですねぇ。
阪神タイガースと言えば、岩田投手も病気と付き合いながら奮闘していて勇気を与えてくれてますよねぇ。
岩田投手の場合、「1勝ごとに同様の病をサポートしているNPO団体に10万円寄付する」という男気の持ち主。

図7.png

この2選手が頑張ってくれている今年の阪神タイガース、調子良さそうだしそろそろ優勝してくれないかなぁ。。。
と、阪神タイガーズファンのつぶやきで、今回の記事を締めさせていただきますね。
実は、この画像をシェアしたかっただけの記事なんて言わないでくださいね(笑)。






(関連記事)
2年連続の癌発症。肝臓に転移してました、とほほ
【近況報告】肝臓の癌摘出手術を無事終えました

肛門をほじられる決意をした帰国後の夜(1)
肛門をほじられる決意をした帰国後の夜(2)
肛門をほじられる決意をした帰国後の夜(3)
肛門をほじられる決意をした帰国後の夜(4)
抗がん剤治療、最終クール目前で足踏み(涙)
長かった闘病生活を乗り切り海外復帰が決まりました♪
問い合わせをいただいている術後の経過と服用している抗がん剤治療について
社会復帰のはずが、“思わぬどんでん返し”を食らい意気消沈した話
すみません、「始めて以来級」と言えるほどの未更新でした、実はこんなコトになっていたのです。
今年こそは桜を満喫できるはずだったのに、こんなコトになるとは(泣)
ホームグランドと信じていたバンコクで食あたり
私の窮地を救ってくれたコンビニ調達可能な食材たち
海外傷害保険を事後申請してみて感じた覚えておきたいコト





(ちょっと関連するトイレな記事たち)
なんでだろう、「トイレ内撮影」が好きなタイのお姉さん達(3)
なんでだろう、「トイレ内撮影」が好きなタイのお姉さん達(2)
なんでだろう、「トイレ内撮影」が好きなタイのお姉さん達
お姉さんも欲しがる?電気工事不要の廉価版ウォシュレット
【全手動ウォシュレット】頭も洗えるアジアのトイレ事情
【バンコク夜遊び】お姉さんの部屋で「現実」が見えてしまう件(30)
「アナタよりむしろ背景が気になるんですが♪」な画像(2)
「アナタよりむしろ背景が気になるんですが♪」な画像
「W・ウォシュレット」標準装備、サクラ スカイ レジデンス(Sakura Sky Residence)
【ほんの少し閲覧注意】タイの田舎のトイレ事情
海外旅行:ポケットティッシュは必需品
「東京スッキリ(TOKYO SUKKIRI)」なる廉価版ウォシュレット
インドネシアで見かけた便器から最近プロ野球で流行っているモノを連想し思うコト






(人気カテゴリたち)
お姉さんの部屋シリーズ
お姉さんが来たシリーズ
お姉さんの実態シリーズ
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ
【タイ】“出会い”のチャンスがあるシチュエーション




この記事へのコメント

  • タイブログを書いているYと申します。

    以前から、かるさんの替え歌や、お姉さんシリーズ
    とても楽しく拝見しています。

    今回、コメントさせてもらったのは病気のことです。

    現在私は、Nという女性について書いていますが、
    内容がガンのこととなっています。

    かるさんがガンを患い、治療中とは気づきませんでした。
    まさにこのコメントを書いている今、気づいたところです(汗

    私のブログの内容は、悲しい方向に進んでいきます。
    もしかして、カルさんの目に留まっていたら、良い気分
    ではないと思います。申し訳ありません。

    手術が成功され転移ないとのことで安心しました。
    また現在は、抗がん剤治療をされているとのことで副作用、
    大変とは思いますが、またタイの地で活躍されることを
    願っています。
    2019年06月06日 22:36
  • かる

    Yさま

    応援ありがとうございます。
    私の場合、治療中の本人(私)よりも気を使ってくれる周囲の方々のほうが心配してくれている印象を持っています。
    癌なんて、珍しい病気ではありませんし医療の発達した現代ではそんなに悲観するものではないのではないかと感じています。
    快方に向かっているから残せるコメントかもしれません。Yさんの場合と事情が違うのでしょうし、気分を悪くされたら申し訳ありません。
    来月にはタイへ戻るようにしていますが、これも経過次第ですね。
    まだ、Yさんのブログ拝見していませんが、楽しみに読まさせていただきますね。
    これからも宜しくお願いいたします。

    かる
    2019年06月07日 05:45
<<人気カテゴリたち>>

お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

ブログ王ランキングに参加中!