アナタは「つぶす派」?、それとも「つぶさない派」?

図1.png

ゴーゴーバーやカラオケでペイバーを決めた彼女。アナタは、その嬢にドリンクを振る舞いますか?

『釣った魚にはエサをやらない』

という方も多いかと思います。
私も一緒に店を出た後にいろいろ遊び回るのに夢中だった以前はそうだったのですが、最近は年齢のせいか“部屋でまったりし、ヤッた後はさっさとお帰り願いたい”みたいな感覚に陥ることが多くなりました。
そんな場合に、彼女を「どういう状態で持ち帰るか」。。。ベロベロに酔わせフラフラな状態で部屋に持ち込むことに何か充実感を覚えるようになっているのでした。






以前は、現地人しか行かないようなローカル色が濃いバーやディスコなどの店に連れて行ってもらうことに喜びを感じていたのですがねぇ。。。
これもパートナーとなる嬢が元気でハイテンションでないと、こういう展開にはなりませんよねぇ。
ですので、ペイバーを決めた嬢にはドリンクは振る舞わないのが「オレ流」だったのです。

図2.png

そんな夜遊びに体力的についていけなくなった私は、「嬢をベロベロにさせるコト」にはまっていったのです。
ベロベロ状態なお姉さんを店にいるときから介抱し、「この人、良い人だわ」と周囲にそれとなくアピール。
タクシーの中や自分の部屋で不幸に見舞われないよう一通り店内でリバースさせ、いざペイバー。

図3.png

タクシーを降りて部屋までの移動は、半ば担ぎながらとなることもあり少し苦労を強いられることもありますが、部屋まで辿りつけば準備完了。
重たく無反応な個体をベッドに横たえさせ一服しながら、“どう料理するか”に血流を巡らせるのでした。

図4.png

基本無反応な「ドール」状態ですから、何をしても拒まれることはありません。
揉もうが、剥こうが、しゃぶろうが、横たわる個体を自分の思うままに操れるのです。
近年の私はこれに最高の満足感を覚えるようになっているのでした。

図5.png

と言うことで、私の場合は「つぶさない派」を卒業し、現在はコテコテの「つぶす派」ということですね(苦笑)。
こういう遊び方をし始め「恋人モード」の対象候補として物色していた嬢を単に「自分を満足させる対象」としか見なくなり、長いつきあいの出来る相手との出会いは減少の一途をたどっているのでした。

まぁ、自分が満足できればそれでよいわけですし、「恋人モード」の充実に興味が薄れた私には“程よい遊び方”なのかもしれませんねぇ。

図6.png

この手の「つぶす派」の遊び方にも注意点はあるのです。
最も後からモメるのは、なんと言っても『“ショート”が“ロング”になる』では、ないでしょうか。
だいたいのケースでは、朝まで(場合によっては昼頃まで)起きてきませんので、拘束時間の原則から言うと“ロング”に相当しますよね。






でも、店では“ショート”で交渉が成立していたりすると、

「オマエが勝手に居座り帰らなかったじゃないか」

みたいな、身勝手な主張を口にするケースも。
ま、最終的には値引いてくれたり、改めて朝から交戦♥し“ロング”で折をつけたりすることになるのですが(笑)。

図8.png

その他、この「つぶす派」作戦は、くれぐれもペイバーを決意しお姉さんが着替え席に戻って来てから実行するよう気を付ける必要がありますねぇ。
コスチューム状態の時に実行してしまうと、店から連れ出すこと自体が困難になることも多々あります。
嬢が裏手に入り込んで戻って来なかったり、店側から断られたり。

図7.png

今回もゲスな記事にお付き合いいただき、ありがとうございました。
それでは良い週末をお過ごしくださいませ。






(タイにまつわる記事)
タイの記事たち
タイの夜遊び♪の記事たち
タイのレストラン紹介の記事たち
タイの田舎生活奮闘記💛の記事一覧
タイのホテル突撃レポート記事一覧





この記事へのコメント

<❤ちょっとエッチな人気カテゴリ❤>
お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘
「Chau Docという国境の町」物語


❤❤ちょっとエッチな別館はこちら❤❤
海外を徘徊するおじさんのブログ(別館)
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

ブログ王ランキングに参加中!