【バンコク夜遊び】お姉さんの部屋で「現実」が見えてしまう件(38)

図1.jpg

どうして私がバンコクに潜伏していると察するのでしょう。。。毎度ながら彼女らの嗅覚というか、第六感というか、感心させられてしまいます。
ある日のこと部屋に転がっている私、しばらく音信不通だった懇意にしているお姉さんからメッセージが届くのでした。






どうやら、彼女は部屋で空腹にしている様子。
ヒマを持て余していた私はすかさず返信を返すのでした。
これはこれで暗くなるまでの良い時間つぶしになるものです。

図2.png

ただ、昼間っからヒマにしているとわかると、部屋に押し掛けられたり“夜の行動♥”に制約が出てしまう懸念があるので、ここはカマをかけて『仕事中で忙しい』と装うのが私のパターン。
一通りメッセージのやり取りは終えるものの、どうも時間がつぶせない私は“あるコト”を思いついたのでした。

『サプライズで食べ物でも持って、こちらから押し掛けてやろう!』

幸い彼女の住所も合鍵も持っている私は、そそくさと作戦を実行に移すのでした。
目的は当然お察しの通り、「海老で鯛を釣る」とまでは言いませんが、「食べ物を与えた見返りに、彼女を食べさせてもらう♥」と言うもの。

図4.png

途中で適当な食べ物を見繕い、意気揚々と彼女の部屋へ向かう私。
どうせ、夜までは部屋でダラダラしてるんだろうし、彼女にとっては食い物にあり付けるし、ある意味で「give and take」、「win - win」な取引。彼女から拒絶される理由は、舞い上がっている私には見当たらないのでした。

図3.png

しかし、部屋に着き音を立てないよう鍵を開け部屋に忍び込んだ私の目には想定外の光景が飛び込んできたのでした。
以前は、散らかり放題だった部屋なのに生活感が全くないほど片付けられている、正確に言うと“部屋に何もない”状態。
家に居ると言っていたのに。。。。驚いた私は当然ながら彼女にメッセージを送るのでした。

図5.png

「仕事切り上げてアンタの部屋に来てるけど、もしかして引越ししたの?」

彼女からすかさず「Yes」と返信が来たのですが、同時に送られてきた彼女の画像は、どう考えても今から食べ物を届けることなんて不可能そうな背景。

「で、アンタいったい今どこにいるんだ?」

調達してきた食べ物画像とともに彼女に問い合わせる私でしたが、予想通りの答えが返ってくるのでした。

図6.png

「今、もうバンコクにいないの、ブリラムへ帰って来てるの?アナタバンコクにいたのね、どうして連絡くれないのよ!」

ブリラムと言えば、バンコクから6~7時間の東北地方(イサーン地方)ではないか。。。
彼女はバンコクに舞い戻る予定もないので、アパートも引き払っていたのでした。

図7.png

調達した食べ物を持って帰るのも面倒に思った私は、生活感のない空き部屋で一人寂しく食べることになったのでした。

別に知らない間にお姉さんが引っ越していなくなってしまうのは、(特にタイ界隈では)珍しいことではないと思うのですが、持っていた合鍵がそのまま使えるとは。

図8.png

もし、既に住人がいたらどうなっていたのでしょう。お姉さんならラッキーですが、おっさんとか出てきたらイヤだなぁ。。。というか、この時点で私は住居不法侵入だったんだと思います、捕まらなくてよかった。。。






(関連カテゴリ)
お姉さんの部屋シリーズ
お姉さんの実態シリーズ






(タイにまつわる記事)
タイの記事たち
タイの夜遊び♪の記事たち
タイのホテル突撃レポートの記事一覧
タイ料理の記事たち
タイのレストラン紹介の記事たち
タイの田舎生活奮闘記💛の記事一覧





この記事へのコメント

<❤ちょっとエッチな人気カテゴリ❤>
お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘
「Chau Docという国境の町」物語


❤❤ちょっとエッチな別館はこちら❤❤
海外を徘徊するおじさんのブログ(別館)
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

ブログ王ランキングに参加中!