とあるスリランカ航空の機内での出来事

図2.jpg

私はベジタリアンではない(敢えて言うなら“レディタリアン”)ので、機内食は当然ながら「ノンベジ」を選択するのですが、先日搭乗したスリランカ航空のバンコク⇔コロンボ便の往路・復路とも同じ扱いを受けたので、“これはもしかして同じ思いをされた方が結構多いのではないかなぁ?”と思い、ちょいと記事してみる子おtにしました。






私たちに馴染みのある機内食の選択肢は、「チキン」か「ビーフ」だったり、あるいは「和食」か「洋食」と言うのが一般的ですよね。
しかし、タイやシンガポールあたりから西方へのフライトによくある機内食の選択肢は、だいたい「ベジ」か「ノンベジ」なのですが、これは宗教上の理由などからベジタリアン(菜食主義者)の比率が高いためなんだと理解しています。

図5.jpg

往路となるバンコク→コロンボの機内では、たいして気にもしておらず「こんなこともあるか」くらいだったのですが、復路のコロンボ→バンコク便でも同じ。
これはもしや航空会社ぐるみで日本人をいじめているのか、あるいは雑食性の民族の機内食は所謂「調整の範囲内」なのか。

図1.jpg

スターアライアンスのタイ航空(TG)便も就航はしているのですが、発着時間が悪く泣く泣く馴染みのないスリランカ航空を使うハメになり、ただでさえご機嫌ナナメな私。
なんとかスリランカでの案件を終え、いざタイへ戻ろうと登場した往路と同じスリランカ航空。

図7.jpg

(IKKOさんに似た大柄な)キャビンアテンダント(CA)が、機内食メニューを持ってやってきたのでしたが、選択肢は冒頭でお伝えしたように「ベジ」と「ノンベジ」の選択肢。
当然ながら「ノンベジ」を選択した私。

図9.jpg

しばらくすると、IKKOさんが機内食の配膳を始め私の席にも機内食が無事届けられたのでした。
無言のまま去っていくIKKOさんを気に留めることなく、機内食のアルミラップを開く私が見たものはこちら。

図6.jpg

“これって、ベジやん!!。。。思えば、来るときもベジだったではないか。”

「私が頼んだのは“ノンベジ”なんだけど、取り換えてくれないかな?」

別にどちらでもよいのですが、頼んだ品と別のものが出てきた、しかも来るときも同じめに遭ったとなると、気の弱い私も黙っているわけにはいきません。
IKKOさんを呼び止め交換を要求した私に、IKKOさんが私に放った言葉はこうでした。

図3.jpg

『どんだけぇ~!!!』

とは言っていません、悪しからず(苦笑)。
仕切り直すと、彼女は私に何とこう告げてきたのでした。

「アナタ、日本人でしょ。別にどっちでもいいじゃないのよ。」

その言葉に頭にきたので言い返そうとするも、IKKOさんは足早に私の席から去っていったのでした。
そうこうしていると、IKKOさんが別の白人客に呼び止められました。どうやら彼のもとにも頼んでいないベジ料理が届けられた様子。






私の時と同じように短い会話を終えると白人のもとをそそくさと離れたIKKOさん、すぐに手には別の料理を白人に渡しているではないですか。

図10.jpg

私の視線を感じてかコチラをチラっと見たIKKOさんが、私の席に戻ってくることはありませんでしたが、どうでも収まりのつかない私。
料理に手を付ける気にもならず放置したままにしていると、別のCAが片付けにやってきて私にこう言ったのでした。

図11.jpg

「全然食べられていないようですが、食事は口に合わなかったようすね。下げてもよろしいでしょうか?」

食事のトレイと引き換えに手渡されたスリランカ航空の満足度調査のアンケート用紙。
行き場のない怒りと不満をこの用紙に思いっきりぶっ放すことになるのですが、こんな手段でしか抵抗できなかった私が自己嫌悪に陥ったのは言うまでもないのでした。

図4.jpg

話は変わりますが、現地などを訪問しベジタリアン料理に関していつも感じていることが1つあるのです。
それは、

「金持ちにベジタリアンが多く、ベジタリアンには肥満が多い」

ということ。
まぁ、肉食のトラやライオンよりも牛や象の方が大きくと太っていることを考えるとベジタリアンって本当に健康にいいのかなぁ、なんて疑問を抱いてしまうのは私だけではないの思うのですけど。






(スリランカの記事たち)
準備が整いましたんで行ってきます、スリランカ
とりあえずのスリランカ、激安ツーリストSIMを買ってみた
空港アクセスも良好でビーチも楽しめるネゴンボの「Blue Water Boutique Hotel」
搭乗までの3つ(+α)の関門。スリランカのバンダラナイケ国際空港のセキュリティ
ポロンナルワで唯一日本人が滞在できそうなホテル「Royal Nest Hotel Polonnaruwa」

(インド・バングラ・スリランカ関連カテゴリ)
インド・バングラデシュの記事一覧

(飛行機や空港の記事)
【こうやればできる!】”プレミアムエコノミー”に追加料金なしで乗ってみる
こうすれば乗れるかも?ビジネスクラスへアップグレード
個人的にスターアライアンスで一番嫌いなアシアナ航空
「紙パック」だけじゃない、お酒が税関で見つかっても安全度が上がる話
ANAアップグレードポイントは国際線で使うべし
福岡→シンガポールのSQ655を無料アップグレードしてみた
強制送還者が続出するインドネシアで就労ビザを取得して思ったこと
税関も怖くない私のお酒を持ち込む方法
インドの空港、チェックインまでの『2つの関門』は覚えておこう
バングラデシュへ陸路で国境越え、こんな感じでした
シンガポールからジョホールバールへはタクシーが便利
私だけ?つながったことのないタイ航空の機内インターネット
搭乗までの3つ(+α)の関門。スリランカのバンダラナイケ国際空港のセキュリティ
フライト時間は70分、バンコク→プノンペン便の機内でやるコト

(空港ラウンジ記事)
スワンナプームのタイ航空ラウンジに飽きたら私がシケ込むラウンジ
【ベトナム】ホーチミン空港でのABTCの威力と有料で使える空港ラウンジ
ホーチミン空港の有料ラウンジは、お得なのでしょうか
利用メンバーが混在する国際線の「ラウンジ福岡」
安心してください、KLIAのタイ国際航空(TG)のラウンジ
今がチャンスかも、デリー空港の隠れ家的なラウンジを楽しもう
やはりモスリム?ちょっと残念なスラバヤ空港ラウンジ
プノンペンの空港ラウンジ、私のオススメ料理はこちら
ダッカの空港ラウンジ、酒にありつけます♪。でも・・・
自己責任でお願いします、複数のゲストが空港ラウンジで寛げる方法
スワンナプーム空港コンコースDにあるシンガポール航空ラウンジの私の過ごし方
タンソンニャット空港でROSE CIP LOUNGEの代わりに用意されていた空港ラウンジ
何か落ち着かないイスタンブール空港のゴールドメンバー用のラウンジ
プライオリティパスで入れるイスタンブール空港のiGAラウンジはこんなところ
デリーのスターアライアンスの空港ラウンジ、エアインディアはダメダメな件
どうせ入るならこっちがオススメ、デリーのスターアライアンス空港ラウンジ

この記事へのコメント

  • toripapa

    日本人だからどちらでも構いでしょう、なんて言われたらチーフアテンダントを呼びつけて、日本人に対する侮辱で有り到着地の我国の大使館を通じて貴国に抗義する。そして貴社対しても同様に悔辱と差別の有る会社で不利益で被ったと抗義するのと、この事実をネツ卜を通じて世界に配信すると脅します。

    こんな仕打に黙っはいられません。日本人は自己に与えられた権利すら放棄する傾向に有り良くないと思います。こんな場合は怒を表情に出して、「ちがう、ノンべジに変ろ」と簡易に言へばいいだけです。日本人は気弱に見えるので無表情で多少語気を強めるだけで十分です。腹が立ちます。
    2019年02月07日 00:06
  • かる

    toripapaさま

    コメントありがとうございます。
    そうなんですよねぇ、何か日本人ってお人よしに見られてあらゆる場面でナメられてるし、悲しい中それを受け入れることが多いですよねぇ。
    武士道ではないですが、言葉少なく粛々と行動に移すなんてのを美徳と思っている諸外国なんてありませんしね。
    私もだいたいのケースではクレームをつけるのですが、この時はノンベジ料理もまずそうだったこともあり、そのまま流してしていました。
    やっぱり、そこは食べずともノンベジを主張すべきだったとコメントいただき改めて反省しております。
    2019年02月07日 05:50
<❤ちょっとエッチな人気カテゴリ❤>
お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘
「Chau Docという国境の町」物語


❤❤ちょっとエッチな別館はこちら❤❤
海外を徘徊するおじさんのブログ(別館)
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

ブログ王ランキングに参加中!