大漁は当たり前、ポンペイ島でちょっと割高なフィッシング

図1.jpg

少しご無沙汰しているポンペイ島、最近はポナペ島って呼ぶ方が一般的なようですねぇ。
日本からの直行便が廃止され辿り着くにはグアムかハワイを経由する必要があり、日本人観光客は少なくなっているのですが、日本が統治していた時代の面影を今も濃く残していることでも知られているミクロネシア連邦の首都のある島です。

図3.png

そんなポンペイ島、車で2時間くらい走れば一周できる有名なわりには小さな島で特に(私の好む♥)娯楽も少なく時間を持て余し気味。
ということで、かねてから試してみようかと思案していたマリンスポーツ、と言ってもフィッシング(魚釣り)に挑戦してみることにしたのでした。






このポンペイ島って、ダイビング、サーフィンあるいはフィッシングを目的に日本人観光客が多く訪れていて有名だったようですが、島は全周サンゴ礁に覆われている地形。
このサンゴ礁の中にあるために波も穏やかで潮の通りが悪く島周辺の水質は決して透き通っているとは言えない透明度。

図5.jpg

しかも雨が多いので濁りがちで、外海に面している日本の海岸の方がよっぽどきれいに見えると言っても過言ではないでしょうか。
ですので、透き通るコバルトブルーの海でマリンスポーツを楽しむには、このサンゴ礁の外側に出るのが一般的なようですねぇ。

図4.jpg

と言うことは、マリンスポーツを楽しむためにはボート等を段取りする必要があるということでして、結構割高な話になってしまうのです。

図6.jpg

私が挑戦した魚釣り(おそらくレジャーフィッシングと呼ばれている)も例外ではなく、船を出してくれるエージェントはいくつかありますが、どれも300USD(米ドル)を超えるというお値段設定。
例えばマーリン(カジキ)やツナ(マグロ)等、ターゲットとする魚種によっては倍近くの出費を強いられることもあります。






貧乏人の私は、そんな高級な遊びはできませんので一番お安いエコノミーなコースを選択。
近場の外海に面したサンゴ礁の近くで五目釣りをするやつですね。
何回か行くと徐々に値段が下がってくるので、やはり最初は吹っ掛けられていたのだと思います。
通ううちに最終的には、3名で800ドル(米ドル)くらいに落ち着いたかなぁ。

図7.png

五目釣りというだけあって様々なトロピカルな色合いの魚が釣れて結構楽しいのですが、極端に派手な色の魚は美味しくなさそうに見えてしまうのは私が日本人だからでしょうか。
まぁ、食べれば味なんて同じなのでしょうが、嬢も魚も見た目は大事ですよねぇ(苦笑)。

図8.png

サイズもやはりエコノミーコースな釣りですので、大きくて5~60cmくらい、竿や仕掛けやエサなどを準備する必要はなく料金に含まれていますが、ルアーなどの疑似餌は根掛かりなどを頻発させていると叱られたりするんで注意が必要。
私は追加料金を要求された経験があったので、ルアー類の疑似餌類は日本から持ち込んでいました。

図9.jpg

釣れた魚たちは、建前上私たちのモノとなります。
が、調理する手段もホテル暮らしであるわけないし馴染みの日本料理屋へ差し入れても大量には必要とされません。

図2.jpg

結局、ほとんどは船主さんへ献上することになると思っておいた方が良いようです。根掛かりで紛失したルアーなどと差し引きしてくれれば嬉しいのですが、そこまで良心的ではないようです。






(ポンペイ島の記事たち)
ポンペイ島に残された大戦中の旧日本軍の戦車たち
ポンペイ島にもあります、ダイアモンドヘッド
ポンペイ島、日本のテレビで紹介されたウワサの回転寿司へ行ってみた
マニアによって復元されたポンペイの旧日本軍の戦車
南の楽園、ポンペイ島のエイズ事情





(魚釣りの記事たち)
”睾丸が大好物?”のパクーがタイにもいます、殿方はご注意を
タイの野池で釣れた魚、これ新種?
【海外の食生活】驚異の“エンガワ率”60%以上!エイのバーベキュー
タイの野池、これがホントの五目釣り
ペーターの助言を信じて大物を取り逃がした(?)日曜日
大物“パクー”を軽々持ち上げたタイの「意地悪ばあさん」にやられた話





この記事へのコメント

<❤ちょっとエッチな人気カテゴリ❤>
お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘
「Chau Docという国境の町」物語


❤❤ちょっとエッチな別館はこちら❤❤
海外を徘徊するおじさんのブログ(別館)
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

ブログ王ランキングに参加中!