“WeChat”があれば寂しくない?プノンペンの夜

図1.jpg

1年前の訪問ではそうでもなかったのですが、カンボジアもスマホ普及率が上がってきたのでしょう。
SNSで近くのユーザーが検索できるご存知WeChat、その手の“お誘い♥”が盛んに飛び込んできますねぇ。
最近のWeChat記録から、相場や年齢層を紹介しておきますね。
ただし、年齢は申告されただけなので実際はどうなのかは保証の限りではありませんが(笑)。






カンボジアの首都であるプノンペンのホテルに入り一息ついていると、普段は使っていないSNSアプリのWeChatがメッセージの着信を知らせてくれます。
この時は一挙に7件以上の友人申請が。。。約一年前の訪問では全くこのようなことはなかったので、少しワクワクしながら全ての申請を承認し「お友達」になりメッセージを待つのでした。

図2.png

しばらくすると、メッセージが飛び込み始めます。
内容はやはり私の期待通りで盛んにお誘いがかかります、近くに縄張りを持つフリーエージェントのお姉さんなのでしょう。

図3.png

気になる価格を聞いてみると、なんと強気の70ドル提示からのスタート。
スタートがこれでは、“落札価格”は期待できずなかなかお得感がわきませんよねぇ。。。その後のやりとりで値切ってはみるものの、最終的には交渉決裂。

図4.png

続いて入ってきたのは、「21歳で60ドル」という条件を提示してきたお姉さん。
『キープ♪』とばかりに、以降の交渉を有利に進めるために返信をすぐにせずに、次なるメッセージ主とやりとりを始める私なのでした。

図5.png

いくつかメッセージのやりとりをする中で、出てきたのが「50ドル」という条件。
年齢を問い合わせるも、なかなか聞き出せず、「ホテル教えろ」の一点張り攻撃なお姉さん。
ま、価格もイイ感じなのでこれも「キープ♪」。

図6.png

で、今回最安値は「22歳で40ドル」スタートというオファー、当然「キープ♪」。
最終的にどの「キープ♪」からも、更に安い条件を引き出し、そんなに強くない私(笑)はうち1名にお願いすることにしたのでした。

図7.png

プロではないようでサービスはあまり期待してはいけないようです。
素人っぽくて良いのですが何か事務的な印象、これは相性やお相手次第なのでしょうねぇ。

部屋には、このような看板を掲げているホテルもありますのでご利用の際にはちょっと注意であることを最後に残しておきますね。
安宿に多い看板ですしあまり気にしなくても良いとは思いますが、ホテルを手配するときには予習しておいたほうが無難でしょう。
それでは、ご武運をお祈りいたします!






(スマホ関連の記事)
これは便利♪現地SIM購入はもう不要?SIM2FLYを使ってみた
12Callから浮気してDtacのプリペイドSIMを日本のau携帯で使ってみた
タイのAIS プリペイドSIMカードで海外ローミングしてみた話
“WeChat”があれば寂しくない?ホーチミンの夜
アジアは全てが親日国ではないと再認識させられるラインの会話記録
意外と便利です!海外のお姉さんとの距離を縮めるLINEスタンプはいかが?
土地勘のない場所で私が重宝している2つのスマホアプリ
「マレーシア純国産」な、ビアガールのお姉さん達
庶民の憩いの場「ベトナム版ネットカフェ」はこんな処
空港で買える「お手軽インドSIM」と他国とは違うインターネット接続法
私が連れて歩いている旅のお供な機器たち
タイのAIS プリペイドSIMカードで海外ローミングしてみた話
【拡散希望】『Jamal Bin Ghalaita詐欺』、まだまだ横行している話
【拡散希望】FACEBOOK LOTTERYに気をつけよう!
この半年以上悩まされているコト
現地語のできない私がローカルレストランに出入りできている方法の話
『1年無料キャンペーン』に釣られて「楽天モバイル」買ってみた
楽天モバイルのパートナー回線エリア、データ量超過後にも使ってみた感想
愛機「XperiaZ5 Dual」を救ってくれた、復活の呪文『Xperia Companion』
待ってましたSONYさん♪SIMフリー国内版「Xperia5 Dual」を買ってみた

(カンボジア関連の記事)
見た目の価格も日本仕様、でも私の定宿にはなれないプノンペンの「東横イン」
プノンペンの空港ラウンジ、私のオススメ料理はこちら
タイのAIS プリペイドSIMカードで海外ローミングしてみた話
【カンボジア】只今道路工事中。プノンペンからバッタンバンへは意外と遠かった話
『昭和のラブホ』な雰囲気漂う?バッタンバンの「KING FY HOTEL」
敢えて『ムフフ❤』なエリアを外したプノンペンの安宿「ホテル カーラ(HOTEL CARA)」
プノンペンで再会。スバル『トライベッカ(TRIBECA)』
プノンペンで日本食が恋しくなったら私が駆け込む「SAKURA」
フライト時間は70分、バンコク→プノンペン便の機内でやるコト
プノンペンの路地裏で見つけた不思議な看板の正体から思うこと
私のおすすめカンボジア料理「マチャ ラック クルン(Macha Rak Khleun)」
バッタンバンのホテルはここで決まり!コスパ最高な「STUNG SANGKE HOTEL(スタン サンケ ホテル)」





この記事へのコメント

<❤ちょっとエッチな人気カテゴリ❤>
お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘
「Chau Docという国境の町」物語


❤❤ちょっとエッチな別館はこちら❤❤
海外を徘徊するおじさんのブログ(別館)
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

ブログ王ランキングに参加中!