ナコンサワンでマレーシア人が宿泊したがっていた「42C Chic Hotel」

図4.png

私のビジネスパートナーの一人にマレーシア人がいまして、時々タイを連れて歩きます。
彼は、非常に優秀な人間なので彼と徘徊するときには、先方とのアポイントメントをはじめ移動や滞在ホテルなどは任せているのですが、ナコンサワン滞在時だけ何故か“私の意図にそぐわないホテル”をいつも予約するのです。

図1.png

そのホテルは、「42C Chic Hotel」。
価格帯的には3,000円/泊という安宿の割には、小ぎれいで設備もよく確かに居心地は良いコスパに優れたホテルというのは認めるのですが、なぜ彼がこのホテルに好んで滞在しようとしていたのかが最近ようやく判明したのでした。






この「42C Chic Hotel」は、おそらくチェーン展開しているホテルの1つでしょう、ナコンサワンでは郊外の少し外れたところにあります。
郊外にあるので遠くからもわかりやすくたどり着くのに道に迷うことはないと思います。

図5.png

が、私にとっての問題は、周囲に夜遊び処がないのです。
ホテル内にはバーがあり酒は飲めるものの、イマイチ。

図7.png

また、スパ(SPA)もありますが、未だに『当たり♥』を引きあてた実績なし(涙)。

図8.png

部屋は広く清潔でスタッフも申し分ないのですが、やはり近所で夜遊びできないとなると寂しいもので、夜な夜なマレーシア人と別れた後には町に繰り出していました。

図2.png

しかし、お姉さんと仲良くなっても『遠いからイヤ』と断られることもあり、私にとっては決して“良いホテル”ではなかったのですねぇ。
街中や川沿いなどには、バーやパブの程近くに値段は少し高くはなるもののホテルなんて山ほどあるのです。

図9.png

“彼は何故ここに好んで滞在するのだろう。。。”

確かに安宿にしては、冷蔵庫や湯沸かし器、アメニティもシャンプーなどは常備されています。
が、これが決定打とはならないはず。

図11.png

もしかして、

“(酒を飲まない)彼の私に対するささやかな嫌がらせ?”

なのでしょうか。

図6.png

ある日、そんな彼が珍しく私を食事に誘ってくれたのですが、そこで彼がなぜ「42C Chic Hotel」を好んでいたかが判明したのでした。
それは、すぐ裏路地にはハラルのイスラム料理のレストランがあったためなのでした。

図3.png

考えてみれば、彼も私も所詮タイでは外国人。
私がバンコクあたりで本能的に日本料理屋にシケ込んでいることを考えると、彼も同じだったんですよねぇ。
タイの北部へ行けば行くほど、ハラルのお店って減ってきますしね。

図10.png

考えてみると、モスリムの人って海外へ出ると食生活って大変なのでしょうなぁ。
宗教上の理由で口にできないとなると、地域によっては断食(ラマダン)状態に陥るって聞いたこともありますし。

図12.png

ただ私に至っては宗教上の理由(?)から、食事の際には酒を欠かすことはできません(笑)。
(外国人にはバレない)紙パックで焼酎を持ち込み彼に付き合うのですが、やはり臭いでバレてしまい出入り禁止を食らったのでした。







【42C Chic Hotelのお値打ち価格は、下記画像をクリック!】



(関連記事)
マレーシアとは何か事情が違うの?タイのモスリム娘たち
「紙パック」だけじゃない、お酒が税関で見つかっても安全度が上がる話
税関も怖くない私のお酒を持ち込む方法

(タイのホテル突撃レポート)
タイのホテル突撃レポートの記事一覧





(タイにまつわる記事)
タイの記事たち
タイの夜遊び♪の記事たち
タイのホテル突撃レポートの記事一覧
タイ料理の記事たち
タイのレストラン紹介の記事たち
タイの田舎生活奮闘記💛の記事一覧





この記事へのコメント

  • 通りすがりのポチ

    こんばんは <(_ _)>
    ナコンサワン、、、行った事は無いのですが、、、
    昔、本当に昔、パッポンのキスバーに通っていた時期がありまして、ナコンサワン出身の女の子のグループに遊んで貰った記憶が思い出されて懐かしくて、つい、コメントしてしまいました (@_@;)
    関係ないコメ、お許しを、、、m(_ _)m
    2018年09月03日 21:50
  • alfa

    そう言う事だったんですね!!
    女性の方もやはり宗教上の理由からですよね。
    そこらに転がってる男と違い、単なるスケベ心からではないんですね。私と一緒だ。
    2018年09月04日 00:07
  • かる

    通りすがりのポチさま

    コメントありがとうございます。
    パッポンにそんなところがあったんですかぁ、知りませんでした!
    通りすがりのポチさんにとって「ナコンサワン」という地名は良い思い出なのですね、私も最近はあまり立ち寄りませんが機会があれば、また記事アップしますね。
    ナコンサワンは、あまり大きな町ではないのですが何故か白人をよく見かけるんですよねぇ。。。まぁ、タイのそこいらじゅうに白人がはびこっているのでしょうが、外見から彼らは目立ちますよねぇ。
    これからもよろしくお願いいたします。
    2018年09月04日 07:50
  • かる

    alfaさま

    alfaさんもモスリムだったのですか(笑)。
    私はこてこての浄土真宗を海外でも貫いており、雑食性を謳歌しております。
    2018年09月04日 07:53
<❤ちょっとエッチな人気カテゴリ❤>
お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘
「Chau Docという国境の町」物語


❤❤ちょっとエッチな別館はこちら❤❤
海外を徘徊するおじさんのブログ(別館)
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

ブログ王ランキングに参加中!