車好きなお姉さんの誕生日パーティが楽しくなかった話

図1.png

タイの人も車好きの方が多いようで、バンコクでもナショナル コンベンション センター(Queen Sirikit National Convention Centre)やバイテック(Bitec)あたりでよくモーターショウとかやってますよね。
知り合いのお姉さんも私が車好きというのを知っていて、このようなイベントがある際にはお誘いのメッセージが届いたりします。
私も嫌いなほうではないですし、タイ語字幕の英語の映画なんて観に行くよりはよっぽどマシなので時間が許せばデートがてら足を運びます。






一般的には“お姉さんはあまり車に詳しくない”というのが通説ですが、時々やたら車に精通しているお姉さんが存在します。
まぁ、趣味が一致しているということで、そんなお姉さんとモーターショウなんかに行っても話も弾み、楽しい時間が過ごせるのです。

図2.png

とある日、そんな車好きのお姉さんから実家で開く誕生パーティの誘いが来たのでした。

“いやいや、今バンコクにいるし、残念だけど実家にまでは行けないよぉ”

と、返信したのですが、彼女の実家はバンコク郊外とのこと。
一人暮らししている彼女をてっきり田舎出身の出稼ぎ組だと思い込んでいたのですが、そうなると断る理由も見当たらず適当な安いプレゼントを調達し誕生パーティに足を運ぶことにした私。

パーティは実家ではなく近所のレストランで行われるとのことで、彼女の指定した場所へ少し遅れ到着。
奥のほうから聞こえる楽しそうな声から、既にパーティが始まっていることはすぐにわかりました。
が、車を駐車しようとした私は何かしら違和感を覚えるのでした。






“何か雰囲気が違うなぁ・・・なぜだろう??”

そんなことを思いながらも空いている場所を見つけ車を停め、調達した安いちんけなプレゼントを片手にレストランへ足を進めます。
しかし、さっきから感じていた違和感は増すばかり。。。なんなんだ?この感覚は。。。
足を進めるにつれて強くなる違和感でしたが、ようやくその原因に気づいたのでした。

図3.png

それは、既に停車されていた車たち。
しかし見事に高級車のオンパレード、ここって本当に誕生パーティの会場?何かの間違えでは??
スマホを取り出し彼女に連絡を取ろうとするも、応答なし。

“さて、どうしたものか。。。”

中に入るに入れず、というかズラリ並ぶ高級車たちに時間を忘れ見っていた私でしたが、「一応連絡しようとしたけど音信不通だった」という理由で撤収を決意。

図4.png

最後にもう一度ということで、彼女に連絡を入れる私。
すると、運が良いのか悪いのか電話に出る彼女。

「あなた、どこにいるの?もう始まっているのよ!!」

半分は酒の勢いであろうテンションの高い声が受話器の向こうから聞こえたのですが、背後で流れている音楽が私のスマホを当てている反対側の耳から聞こえてくる音楽と完全一致。

“やはり、場所はここで間違いないようだ・・・しかし、この車たちって・・・。”

結局、彼女に誘わるままパーティへ合流。
レストランは貸し切り状態だったということは、このパーティの参加者があの高級車のオーナーたちと言うことになる。

“こんな若造たちが、なぜあんな車を乗り回せるのだ???”






幸い、先に到着している若造たちは私の車は知らない。
彼女の日本人の友人と言うことで皆に紹介されたのですが、みんな英語は堪能だし中には日本語を巧みに操る若造たち。
結構、停車されていた車もそうだが、高い教育を受けていて金持ちの家に育っていることは容易に想像できたのでした。

図5.png

“しかし、こんな金持ち達のパーティが、なぜムーガタなんだぁ?”

とは感じたものの、彼女へのプレゼントであろう隅に並べられたモノが“パーティ参加者がそれなりの家庭の一員”であることを教えてくれていたのでした。
車談議に花を咲かせてもよかったのですが、何とも居心地が悪く皆の輪の中になかなか入れない私。

IMG_1484849972883.jpg

“これは、私の車がバレないようパーティが終わる前に撤収したほうが良さそうだ。”

直感的にそう感じた私は、架空の用事をでっち上げ何とかパーティから抜け出すことに成功。
パーティが終わるまで居てもよかったのですが、

“帰りにあの高級車たちに交じってしまうのは、ちょっとバツが悪い。これで私の車は皆にはバレずに済んだ。”

という、妙な見栄っ張りな思いが私をそうさせたのでした。
しかし、翌朝に出かけようとした私の車にある異変を発見。

図6.png

いやぁ、確かにしばらく洗車していなく泥んこな車だったのは認めますがねぇ。
流石にこれはないだろ!
この落書きを昨晩の高級車を乗り付けていた金持ち連中の誰かが描いたかと思うと、普段は笑える冗談も素直に笑うこともできない私なのでした。
描いたヤツからすると小さなイタヅラだったんでしょうがねぇ。

“君がマクラーレンとかポルシェとか乗っていなかったら、きっと許していると思うけど・・・”

そう思いながら洗車し落書きを消そうともしたのですが、よく眺めてみるとなかなか上手に描かれているではないですか。
思い直した私は洗車を止め、しばらくドラえもんを背負ったまま数週間を過ごすのでした。

で、あの車好きの彼女は一体何者なのでしょう???
もしかして、これって人生逆転の大チャンスの到来かぁぁぁ!!






(関連記事たち)
香港で見かけた「ミゼットⅡ」、そこにもキミがおるんかい
日本ではなかなか見れない”ドラえもん”カー
懐かしの2代目カローラ、そこにも君がおるんかい
いざバンコクへ、思わぬところで「ドラえもん」に遭遇





(関連カテゴリ)
お姉さんの実態シリーズ
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ
タイの田舎生活奮闘記💛の記事一覧
ちょっと珍しい世界の車たちの記事一覧





(タイの田舎生活の夜遊び関連記事)
20分1発勝負、600THBで遊べるタイの田舎での夜遊び
田舎生活の送別会、「当時の悪事」はやっぱりバレていた話
【タイ】地方カラオケのちょっと変わったVIPルーム
私の備蓄を貪るべく進化する現地人の手口が実は“ハッピー”な話
地方でも根強く生息中の「コバンザメ女」とお姉さんの『女神対応』
「カオ ラム(Khao Lam)パーティ」に誘われたが仲間外れな夜






(タイにまつわる記事)
タイの記事たち
タイ料理の記事一覧
タイの夜遊び♪の記事たち
タイのレストラン紹介の記事たち
タイの田舎生活奮闘記💛の記事一覧
タイのホテル突撃レポート記事一覧

この記事へのコメント

  • alfa

    凄い家庭のお嬢ちゃんかな?
    こりゃ逆玉かな!!
    普通まず出会えるチャンスがないですよ。
    マクラーレンと恐れ入りました。日本で買う3倍か?
    隣の古いベンツなら何とかなりそうだが・・・
    私の場合、先日のカフェオーナーと3度目のデートでホテルに時化こんだのはよかったが、独身、子なしと言っていたが、なんと妊娠線がくっきりと残っていた。別に子供がいても、再婚であっても構わないが、嘘をつかれたことにガッカリしてしまった。
    事の前にそれが発覚したが、悲しいかな男の性で合体しちゃいました。空腹のライオンの前に肉を置いたようなものでお預けは出来ないですよね。
    2018年07月30日 01:04
  • かる

    alfaさま

    そうなんですよぉ。
    以前から身なりが洒落ていたり金に拘っていなかったり等々と思い当たる節はあるのですが、ちょっとレンタカーのVIOSでは太刀打ちできませんよねぇ(泣)。
    「目指せ逆玉」、マクラーレンもらえるなら家族捨てますよ(笑)。
    3回目で初合体とは、alfaさんにしては遅い方ではないでしょうか(笑)?
    確かにウをつかれると気落ちしますよねぇ、気を取り直してヤルことはしっかりミッション完了されるあたりはさすがです!
    彼女からしても、alfaさんの気を引こうとした結果としてウソを選択したのでしょうし、よいお付き合いが続くことを応援しておりますよ♪
    2018年07月30日 08:07
<❤ちょっとエッチな人気カテゴリ❤>
お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘
「Chau Docという国境の町」物語


❤❤ちょっとエッチな別館はこちら❤❤
海外を徘徊するおじさんのブログ(別館)
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

ブログ王ランキングに参加中!