手抜き感満載な2018年度版バングラデシュのビザから思うコト

図1.png

いつの間にか切れていたバングレデシュのビザ。
あれだけ親日な国なのでビザ無し渡航を認めてくれてもよそうなものなのですが、いろいろな事情が双方の国にあるのでしょう未だにバングラデシュの渡航にはビザが必要なんですよねぇ。
ということで、今年も貴重なパスポートの残りページを費やして取得手続きを行いました。
パスポートが手元に戻ってきてビザ欄を確認したのですが、2018年度ぶんは何か明らかにこれまでのとは違うのですけど、これって偽物?あるいは手抜き??






冒頭に使っている画像が2017年度のバングラデシュビザです。
もう期限切れなのでビザ番号を隠さずに載せているのですが、これは後の文章を読んでいただければ意図がお分かり頂けると思います。
で、こちらが2018年度版のビザですが、何かスタンプ押して手書きでゴチャゴチャっと記入されているだけ。

図3.png

パスポートの1ページを占有している事には変わりないのですが、ビザ取得の際に提出した顔写真もない仕様ですね。
今回で2017年に続き2回目のバングラデシュのビザ取得となる私、もしかすると2年目以降は簡易版でビザ発行なのでしょうか。

なんてことを思いながらもビザの内容を確認していると、嬉しい誤算を発見したのでした。
それは滞在日数、2018年度版では最大滞在日数が30日に変更されているのです。
あれっ?と思い、改めて2017年のものを確認してみると、滞在日数は60日。

図2.png

“ふふふ、これで連続で滞在しても30日で国外逃亡が可能だ♪”

しかし、更に内容を確認していると、子2018年度版のショボい格好のビザになったことの悪影響があることに気づいたのでした。
それは、ビザ番号。
これまでは、きちんと印刷され誰にでも読める字体というか書体で分かりやすかったのですが、2018年度版のビザでは誰が書いたのかわかりませんが、手書きの外国人特有の分かりにくい字体。
個人的にはこのような字体を『MSアジア人ゴシック体』と呼んでいるのですが、解読不可能(泣)。

図4.png

国によってはビザ番号を入国カードに記入したくてもよい場合もあるのですが、バングラデシュの入国カードは運悪く「ビザ番号」の欄があり記入が必要とされているのです。

図5.png

お酒飲むのにも苦労するし、虫よけ系グッズは勿論ですが雨期の時期にはホテルのベッドはダニの宝庫で、対策部品も嵩張るし、私にとって決して行きたい国ではないバングラデシュ。

DSC_0594.JPG

人間って、気の進まないコトにはなんだかんだとイチャモン付けて、やらない理由を正当化してしまいがちですよねぇ。
例えば、これがフィリピンのビザなどだったら、何の文句も言わず“行ってきまぁ~す♪”なんでしょうがねぇ。
なんて往生際の悪い男なのでしょう、私って。






(バングラデシュ関連記事)
準備が整ったのでちょっと変わった国へ行ってきます(泣)
ダッカの空港ラウンジ、酒にありつけます♪。でも・・・
俺ぁ日本さ帰るだぁ『バングラDEATH編』
バングラデシュへ陸路で国境越え、こんな感じでした
リベンジのバングラデシュ。“今度こそ!”な、3つの個人目標
手違いで滞在したダッカのFAR PAVILION GUEST HOUSE がアカンかった話






(関連記事たち)
税関も怖くない私のお酒を持ち込む方法
「紙パック」だけじゃない、お酒が税関で見つかっても安全度が上がる話




この記事へのコメント

<❤ちょっとエッチな人気カテゴリ❤>
お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘
「Chau Docという国境の町」物語


❤❤ちょっとエッチな別館はこちら❤❤
海外を徘徊するおじさんのブログ(別館)
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

ブログ王ランキングに参加中!