【バンコク夜遊び】”ゴーゴーバー難民な夜”に私が取る行動

DSCN0028.JPG

最近、ゴーゴーバー記事をアップしていない私ですが、決して行っていないわけではなく、それなりに足を運んではいるのですけど・・・正直、あまり“ビンゴ”にならないのです。
だいたいの場合は1人で繰り出し、『一杯呑んでは数杯おごり、会話を楽しんでチェックビン。さて次の店へ』という、考え方によっては効率の悪い過ごし方。
オキニでもいれば特定の店に入り浸るのでしょうが、幸か不幸か最近のバンコクのゴーゴーバー界隈にそういう関係が今はないので、何処に行っても落ち着かないというか居場所がない“ゴーゴーバー難民”になりがちな最近の私。

DSC_4604.JPG

そんな“今晩も空振りかなぁ”なんて雰囲気を醸し出し始めた夜、無理せず部屋に戻ればよいものをそうもいかないのがバンコクの夜遊びですよねぇ(笑)。
ただ、店のハシゴも重ねているとそれなりに出費も伴いますし、財布に優しいとはお世辞にも言えませんよねぇ。
そう感じ始めた私が“空振りで終わらない”ために、無意識のうちに取っている行動に最近気づいたのでした。






それは、「“出戻り”を途中で捕獲する」という狩猟法。
例えて言えば、

『川から海に旅立った鮭が、川に戻って来た時に定置網で捕獲する』

といった感じでしょうか(笑)。

DSC_1065.JPG

この晩も“ゴーゴーバー難民”の様子を呈してきたアソークの夜。
私が網を仕掛けたのはスクンビット23のセブンイレブンと屋台が数件並んでいるエリア。
ここで向かいのセブンイレブンでビールを買い、屋台で串を頬張りながらチャンスを待ちます。

このエリア、一仕事終えた鮭♀たちが再び“柳の下のドジョウ”を手に掛けるべく遡上し元の店に戻るときにタクシーから降りる場所。

DSC_1074.JPG

当然、そのまま屋台などに見向きもせずに通り過ぎていく鮭♀も多く見かけるのですが、そこは敢えて深追いはしないのが私のモットー。
狙う鮭♀は、一仕事終えてはいるものの食事にはありつけなかったのか、空腹を満たすために屋台に立ち寄る比較的活性の高い個体。

DSC_1077.JPG

屋台に立ち寄った鮭♀がいろいろ物色した串を焼き網に乗せた(もしくはオバちゃんに焼いてもらい始めた)時を見計らい後ろから同じ串を私も注文し焼いてもらい始めます。
“おやっ?”と思った鮭♀は、十中八九の確率で振り返り微笑んでくれます、どうせ焼き上がるまでは待たなくては仕方ない2人はしばしのトークタイムに入るわけですね。

DSC_1072.JPG

もっと美味しいものを食べに行く話(例えば近場で言うと目と鼻の先にあるタイレストラン「LOVE SCENSE」辺りとか)の話をしてみたり・・・目的地は、あまり遠くでないほうが確率は高いように思えます。
いずれにしても、この時点で鮭♀の活性を探り「可能性」を模索するというわけです。
鮭♀のほうも皆が全員遡上したいわけではありませんので、反応をよく見極める必要があります。
せっかくエサまで与えたのに、結局は遡上してしまったとなると本末転倒ですもんね。

DSC_1076.JPG

時には、「食事はいいから直行しよう」と言うオファーを鮭♀から繰り出させることもありますが、それはそれで手っ取り早い話ですが、なかなかそういうケースに遭遇するのは難しいかと。
そのまま屋台でダラダラ串を数本一緒に頬張る、もしくは近くのレストランにシケ込み食事を一緒に取る等、のステップを踏むのが常套手段。

DSC_1073.JPG

しかし、「一緒に遡上しましょ♪」と言われても、応じてはいけません。
自分がさっきまで居た店に舞い戻ってしまう懸念もありますし、再度ペイバー代金などが発生してしまうリスクがあるからです。
ご存知の通り、あくまでも鮭♀の遡上前に捕獲することが重要なのですねぇ。

DSC_1080.JPG

ただし、遡上先のシステムが「ペイバーとショート代が完全前払い」だと、捕獲確立は下がります。
おそらく、一仕事終えて遡上し戻ったことを店が確認する必要があるのでしょう。

“鮭♀が遡上先の店が完全前払いシステムだったら、早々に連絡先を交換する程度でリリースし、次の網を仕掛けるほうが賢明”

というのが、私がこれまで得た教訓の1つですかね。

DSC_1079.JPG

成功確率ですが、目下3割に満たない程度。。。個人的にはその確率は“高い”ほうだと感じているのですけど、もし私がもっと若くてイケメンだったらもう少し成功率は高いかもしれませんねぇ。
自分ではまだまだ若い気でいるのですが、こればっかりは鮭♀が判断することですのでねぇ(苦笑)。






(関連記事たち)
【バンコク夜遊び】ペイバー後に連れて行かれる戦意喪失な場所
「完全前払い制」のペイバーシステムには注意が必要な話
バンコクの夜遊び:バーやカラオケで大ウケ間違いなし!「コボリ」を名乗ろう!!
異邦人~ゴーゴーバー編
【バンコク夜遊び】ソイカウボーイで「自分が日本人で良かったぁ」と感じた話
ゴーゴーバーで店内を撮影した友人の話
【バンコク夜遊び】私がゴーゴーバーに持参するアイテム
バンコクの夜遊び:”短期滞在”である私のゴーゴーバーの過ごし方
スクープ!?ナナプラザから坊さんが出てくる
バンコクの夜遊び:短期滞在には短期滞在の戦い方がある
ソイカウボーイのテラスから思うこと。
バンコクの夜遊び:ソイカウボーイ(SoiCowboy)の昼と夜
バンコクの夜遊び:深夜便で帰国時の時間のつぶし方
「揉んだぁ~ら♪(オブセッション編)」
【バンコク夜遊び】ドーム化後のナナプラザに通りかかって感じたコト





(数少ないラッキーな記事たち)
ローカル系クラブやディスコでの催し物は外せない話
【バンコク夜遊び】”ゴーゴーバー難民な夜”に私が取る行動
【バンコク夜遊び】“収穫なし”だった私を神は見捨てなかった話
私の備蓄を貪るべく進化する現地人の手口が実は“ハッピー”な話
リベンジ成功、コラートの『立ちんぼクエスト』
地方でも根強く生息中の「コバンザメ女」とお姉さんの『女神対応』
私の身に舞い降りた“ぷちラッキー”な出来事の画像
「アナタよりむしろ背景が気になるんですが♪」な画像(4)
「アナタよりむしろ背景が気になるんですが♪」な画像
「アナタよりむしろ背景が気になるんですが♪」な画像(2)
「アナタよりむしろ背景が気になるんですが♪」な画像(3)
「アナタよりむしろ背景が気になるんですが♪」な画像(4)
「アナタよりむしろ背景が気になるんですが♪」な画像(5)
「アナタよりむしろ背景が気になるんですが♪」な画像(6)
タイ語の読めない私に最近頻繁に送られるメッセージが何気に楽しみな件





(タイに関するカテゴリ)
タイの記事たち
タイの夜遊び♪の記事たち
タイのホテル選び指南の記事一覧
タイのレストラン紹介の記事たち
タイ料理の記事たち

この記事へのコメント

  • kj.tsd

    インスタからこんにちは。
    今日まさに、ゴーゴーバーからの帰りにとっても可愛いタイプの鮭をみかけて
    悔しい想いしました。
    ゴーゴーバーはある意味いい経験の嬢でした(笑)
    2017年11月23日 07:55
  • かる

    kj.tsdさま
    コメントありがとうございます。
    そうなんですよねぇ、鮭なかなか捕まらなくて。。。こちらの好みもありますし、毎回全店を徘徊すると軍資金が底をつきますし悩ましい所です。
    だいたい人気な上玉な鮭は、一度海に出ても次の獲物を捕獲するためにだいたい戻ってきますし、眺めていても楽しいですよねぇ。最近専らそちらに赴きを置くようになってきましたよ(笑)。
    これからも宜しくお願いいたしますぅ。
    2017年11月23日 08:18
  • alfa

    アソーク界隈で遊ぶことはここ3年全くなくなりました。
    実の娘と出っくわす可能性大ですから、いや娘は夜は出歩かないでしょうが娘婿が、接待でしょっちゅういますからやばいですね。
    じいじと孫に声かけられたら恥ずかしいです。
    バンコクで遊ぶのは基本駐在員が行かないローカルですね。
    2017年11月24日 00:47
  • かる

    alfaさま

    いつも応援ありがとうございます。
    私も足が遠のいていっていますねぇ、誰かに「行こう!」と誘われても半々くらいでしょうか、最近は。
    基本一人遊びに慣れているのと、1つの店にそうかわいい子が沢山余っているとも思えないこと、あとはやっぱり歳のせいでしょうか。。。
    確かに、知り合い(特に身内関係)に出くわすとバツが悪いですよねぇ~。
    おっしゃる通り、ローカル系のほうが何かと楽しいですよね❤
    2017年11月24日 12:58
<❤ちょっとエッチな人気カテゴリ❤>
お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘
「Chau Docという国境の町」物語


❤❤ちょっとエッチな別館はこちら❤❤
海外を徘徊するおじさんのブログ(別館)
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

ブログ王ランキングに参加中!