バングラデシュへ陸路で国境越え、こんな感じでした

DSC_0768.JPG

先日のブログでバングラデシュ入りを報告させていただいて以来、皆様かツイッターやインスタグラム等を通して沢山の反応や応援メッセージをいただき、ありがとうございました。
その後の報告の通り無事インド・タイ・カンボジアを経て現在は無事帰国し、次なる旅の準備を整えている私です。

DSC_0738.JPG

今回のバングラデシュ滞在は2泊だったのですが、目的地がインド国境付近のジョスール(Jossore)という町だったこともあり、インドのコルカタ(Kolkata)から陸路で国境を越えるルートで入国しました。

DSC_0741.JPG

2016年の7月に首都ダッカで起きた日本人が犠牲になった悲しい事件の影響もあり、私の会社もダッカ経由の現地入りに難色を示していたのも理由の1つ(←じゃぁ、行かせるなヨ)なのですが、今回選択した“陸路でのバングラデシュ入り”はお勧めできるルートとは言えそうになかったので、その様子を画像を交えて紹介したいと思います。






今回辿ったルートはこんな感じです。
総走行距離が約110kmに対し要した時間は約6時間と、このあたりでだいたい察しがつきますよねぇ(苦笑)。
インド側もバングラデシュ側も道路事情は良くなく、終始悪路と渋滞に悩まされることになりました。

図1.png

コルカタ郊外に取った宿から車で走ることおおよそ2時間、インド側の出国審査のある建物に到着。
ここでこれまで乗っていたインド側で手配した車とはお別れ。実際車でも国境超えは可能ですが、物資輸送のトラックが多くここで半日以上を費やすことになるらしく、今回はそれぞれの国で車を手配することにしました。

DSC_0893.JPG

インド出国側で待ち構えていたのは、『人・人・人。。。』。
イミグレを待っている人たちとは明らかに風貌が違う日本人は、非常に目立ち注目の的です。
しかし話しかけてくる人たちは、揃って「オマエ、中国人カ?」と聞いてきてましたねぇ(笑)。

DSC_0891.JPG

小汚い建物から溢れ屋外まで長蛇の列が形成されます、ここを自分のカバンを転がしながら順番を待つことに。
当日の気温は35℃で炎天下の中での順番待ちはツライっす、思えば雨が降らなかっただけ運が良かったのかもしれませんが。

DSC_0894.JPG

なんとか順番がやってきて出国審査。
しかし日本人は珍しいらしく、検査官から「渡航目的は?」、「どこへ行く?」とか「何日滞在するんだ?」とか質問攻めに合います。出国すんだから細かいコトをインド出国で聞かれる所以はないのですが。。。

DSC_0781.JPG

ようやくぐったインドの出国。
重いカバンを転がしながら次の関門へ。。。そうです、バングラデシュ側の入国手続きが待っているのでした。

DSC_0788.JPG

インドを出国した建物から歩くこと数分で、バングラデシュ側の入国手続きの建物が表れます。
なぜか、こちらのほうがインド側より立派な建物。。。“インドさんよ、アジア最貧国に負けてるじゃんよ”と思いながら足を進めます。

DSC_0783.JPG

インド側ですでに大勢の人が溢れていたので予想はしていましたが、こちらも同じ状態。。。しかし外国人が出入りすることは多くないのか、外人用はさほど混雑はしていませんでした(インド人でそれなりには混んでいましたが)。

DSC_0889.JPG

なんとか入国審査を済ませ、晴れてバングラデシュへ入国完了。
この入出国手続きに要した時間は合計で約2時間、ここから目的地の町ジョスール(Jossore)までは2時間という移動時間になったわけですね。

DSC_0890.JPG

バングラデシュでの様子はまた次回の機会に紹介したいと思いますが、バングラデシュ入国に際して注意しておいたほうが良いこの1つは、なんと言っても『この国にはお酒がない』ということですよねぇ。

DSC_0888.JPG

外国人は1本まで持ち込むことができるのですが、ここの建物では入国審査前後の免税店でウィスキーなどを調達することが可能でした。
私の場合は、例の「紙パック焼酎」作戦が功を奏し多めに持ち込むことができました。

DSC_1042.JPG

バングラデシュって、きっと殆どの人は渡航予定もないと思います。
今回の渡航を終えて感じたことは、『インドが天国に思えた』ということでしょうか(笑)。






(入出国関係記事たち)
時々話題になる私の渡航履歴、こんな感じです
「紙パック」だけじゃない、お酒が税関で見つかっても安全度が上がる話
強制送還者が続出するインドネシアで就労ビザを取得して思ったこと
税関も怖くない私のお酒を持ち込む方法
出張者は注意が必要かも。タイの入国/滞在管理がまた厳しくなる気配
シンガポールからジョホールバールへはタクシーが便利
準備が整いましたんで行ってきます、スリランカ






(関連記事)
手抜き感満載な2018年度版バングラデシュのビザから思うコト
手違いで滞在したダッカのFAR PAVILION GUEST HOUSE がアカンかった話
ダッカの空港ラウンジ、酒にありつけます♪。でも・・・
俺ぁ日本さ帰るだぁ『バングラDEATH編』
準備が整ったのでちょっと変わった国へ行ってきます(泣)
リベンジのバングラデシュ。“今度こそ!”な、3つの個人目標
タイのAIS プリペイドSIMカードで海外ローミングしてみた話





(入出国や滞在に関する記事)
渋滞は皆無♪スワンナプーム空港のABTCで出国できる優先レーン
「紙パック」だけじゃない、お酒が税関で見つかっても安全度が上がる話
税関も怖くない私のお酒を持ち込む方法
強制送還者が続出するインドネシアで就労ビザを取得して思ったこと
インドの空港、チェックインまでの『2つの関門』は覚えておこう
ABTCでタイ入国時に気をつけたい滞在期間とオーバーステイ
タイのイミグレをスムースにくぐろう。ABTCとその他の方法
ABTCでスワンナプーム空港の入出国をスムーズに抜ける道順
ABTCでタイ入国時に“滞在期間90日”をスムースにもらうには
出張者は注意が必要かも。タイの入国/滞在管理がまた厳しくなる気配
ヒドいことになってるABTC発給事情と無効後でも意外と使える話
ABTCでタイ入国時に“滞在期間90日”をスムースにもらうには(2)
シンガポールからジョホールバールへはタクシーが便利






(このブログであまり出てこない地域の記事たち)
実はちょっとベトナムのホーチミンに行ってきました
韓国太田(デジュン)市の2002年ワールドカップサッカー会場
南の楽園、ポンペイ島のエイズ事情
フィリピンのファーストフードNo.1 “ジョリビー(JOLLIBEE)”
当時の北京から感じる「2020年東京オリンピック」について私の思うこと
気をつけよう、グアム
”ビール個人消費量世界1位”のチェコのビールたち
いざ!東マレーへ





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
<❤ちょっとエッチな人気カテゴリ❤>
お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘
「Chau Docという国境の町」物語


❤❤ちょっとエッチな別館はこちら❤❤
海外を徘徊するおじさんのブログ(別館)
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

ブログ王ランキングに参加中!