金持ちはやることが違う?フェラーリオーナーの駐車法

DSC_4160.jpg

近道しようと公園の中を横切ろうとした時にコイツに遭遇。
ご存知“フェラーリ F430(Farrari F430)”ですね。さすがピニンファリーナのデザイン、公園の緑の中にひときわ映えるイタリアン・レッドのセクシーさに魅かれ画像に収めようと近づいた私。
すると、スマホを取り出し近づこうとする私を制止する大声が公園に響いたのでした。






声に驚き振り返るとそこに立っていたのは、トウモロコシを焼いている屋台のオヤジ。

“まさか、このフェラーリのオーナーが屋台のオヤジ?”

足を止めた私にオヤジは何やら言っているが、マレー語でよくわからない。
こっちは日本人だと説明すると、少し態度を和らげ英語で話し始めてくれたのでした。

「どうだい、フェラーリかっこいいだろう?」

自慢げにトウモロコシを焼く団扇を扇ぎながら話しかけてくるオヤジ。煙のせいで何気に煙たそうなフェラーリにはお構いなし。
確かにかっこいいのだが、こちらの関心は専らこのフェラーリが屋台のオヤジの所有物なのかどうかということ。

「うん、かっこいいねぇ。これお前さんの車?」

そんなわけはないと思いながらも屋台のオヤジに聞いてみた私、そもそもフェラーリじゃ屋台道具なんて運べるわけがない。

「ははは。オレの車に見えるかい?実はオレのじゃないんだ」

そう答えるオヤジに“当然だろ!”と突っ込みたい気持ちを噛み殺し更に私の質問は続くのでした。

「お前のじゃないんなら、近寄ろうが写真撮ろうが関係ないじゃんよ!」
「で、誰のフェラーリなの?どうしてお前がオレを制止したの?」

質問が通じていなかったのか、オヤジは私の言葉を無視してフェラーリの説明を始めたのでした。

「このフェラーリはF430と言って、V8-4.3Lでエンジンを掛けるとすごくいい音がするんだ・・・・」

いやいや、そんなことは聞いていないよ。
自分のモノでもないフェラーリを説明できるヤツもそうそういるものではない。自分のものではないにしても何かしら関係がありそうだ。

DSC_0858.jpg

結局のところは、お金持ちのオーナーの駐車の見張り番をしているとのこと。
大きな幅広のフェラーリは駐車スペースを探すのにも苦労をするため、自分がお小遣いをもらって見張り番をすることでオーナーと合意しているようで、どうしても金額は明かしてくれなかったが正直“屋台収入”よりもよいとのこと。
で、いつしか屋台のオヤジはこのフェラーリが公園に駐車したい日だけ連絡をもらい場所を転々としながら屋台を出すようになったとか。
最終的には屋台のオヤジと仲良くなり無事画像を収めることに成功したのでしたが、金持ちに群がろうとする典型的な“ハイエナ”パターンなオチだったのでした。






(関連記事のカテゴリです)
ちょっと珍しい世界の車たちの記事一覧

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
<❤ちょっとエッチな人気カテゴリ❤>
お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘
「Chau Docという国境の町」物語


❤❤ちょっとエッチな別館はこちら❤❤
海外を徘徊するおじさんのブログ(別館)
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

ブログ王ランキングに参加中!