【バンコク夜遊び】テルメ(THERMAE)での再会(12)

DSC_7964.jpg

深夜便でバンコクを離れることが殆どの私の行動は、だいたいパターン化されていて、

①レイトチェックアウトで午後6時まで部屋を確保する
②午前中は部屋でのんびり過ごす
③昼食がてら外出し(スペシャルの可能)マッサージやマッサージパーラー(MP)を徘徊
④夕方にシャワーを浴びて午後6時ギリギリまで部屋で過ごす
⑤チェックアウト後、荷物をフロントに預け外出
⑥(真面目な)マッサージとビアバーで時間調整
⑦スワンナプーム空港へ

と、こんな感じなので、最終日前夜に“ロング”でお姉さんと過ごすことはまずない。靴を失くしてしまった私に非があるものの、今回は彼女の買い物に時間を割かれることでいつもとは違う最終日になるころは必至なのでした。






彼女が“ショート”だったら、どうしてたんだろう?深夜に靴なんてコンビニのビーチサンダルくらいしか売ってないだろうに。。。

とりあえず履物は既にゲットしている彼女なので、リクエスト通りに全てのデパートを巡る必要もないはず。
私が買ってきたサンダルが気に入らないようなら、もう1足ほど買ってやれば済むだろう。。。

DSC_4405.jpg

まず私たちが向かった先はMBK、個人的に私はあまりそこは好きでない。
理由は単純で、BTSを乗り換えるのが面倒なわりにたいした物が置いていないからなのだが、ここで買い物が済めば安くあげることができるし早く彼女と別れて自由になれる。

平日のわりには混んでいる店内をいろいろ二人でねり歩く。
しかしなぜか彼女は靴売り場には足を止めないのです。
おそらく私が買ってやったサンダルで事足りたので別のものを物色している様子でした。そんな彼女が足を止めたショップはジーンズ屋。
いろいろ店員と話をしながら、どうやら購入を決めたようだった。といっても支払いをするのは私のほうなのだが。。。ニコニコしながら少し離れた私に駆け寄ってきて、

「2800THBね♥」

と私から3000THBむしり取ると、そそくさとレジへ消えて行ったのですが、しばらくすると手ぶらで戻ってきたのでした。当然お釣りの200THBが戻ってくる気配はありません。

“3000THB”あればマッサージパーラーあたりで十分楽しめるのに。。。“

とは思いましたが、どうして彼女は手ぶらで戻って来たのか・・・どうやら、股下の丈を直すのに少し時間がかかるとのこと。

しばらくはMBK内で時間つぶしを余儀なくすることになった2人。すると、彼女は靴屋の前で足を止めたのでした。

“ここで靴屋と来たか。。。”

彼女の計算通りにコトは運んでいることは今更言うまでもなく、始めからジーンズも(2足目の)履物もゲットするつもりだったのですね。
何かをねだるような“目つき”というか、

“犬を散歩させている時に道端で座り込んでクソをし始め上目使いで主人を見るような目つき”

で私を見る彼女。

“そんな目でみつめないでくれぇぇ”

私が微笑み返したのが速いか、彼女の足が動き始めるのが速かったか、彼女は私の手を引き“犬が飼い主を引っ張る”ような形で売り場へなだれ込んだのでした。
こういう時の女性(特にアジア女性)は、さして気に入ったものが見つからなくても必ず一品は何かを見繕い「おねだりモード」になるものです。
この店で彼女がゲットしたのは、この日2足目のサンダル“お値段1200THB”。

DSC_2943.jpg

と言うことは、1足目のサンダル代を含めると、既に4800THBを使わされているではないか・・・・これ以上、このまま彼女と一緒にいるとこの先いくらの出費になるのだろうか。

“こりゃ今回のマッサージパーラー遊びはパスしないと、もうお金ないなぁ。。。”

上機嫌な彼女をしり目に、逃げるキッカケを窺っている私。

「じゃ、もう出来てるはずだからジーンズ屋にそろそろ戻りましょう」

そう言う彼女に手を引かれ、再びジーンズ屋に足を向ける私。

DSC_9838.jpg

ジーンズとサンダルの袋を持たされ彼女に連行されるようにBTSに向かう私でしたが、

“もうエンポリアムに行かなくてもいいじゃんよ”

この言葉をどこで切り出そうかと思案していると、彼女が私のぶんのBTSのチケットを手渡しながら、

“やっぱり、アソークで降りることにするわね❤”

と告げてきたのでした。
行先はエンポリアムではなくターミナル21のほうでまだ何かを物色しようとしているんだな・・・まぁ、そっちのほうがブティック系店舗も少ないしきっと安上がりだ。
しかし問題は、行動の主導権を彼女に握られていること・・・このままではマズイと思いながらも彼女に手を引かれBTSに乗り込んだのでした。

少し向こうにやはりお姉さんに拿捕されたのであろう、日本人らしき初老の男性が大きな荷物を抱えこんでお姉さんとイチャついている姿が目に止まります。

“幸せそうだなぁ。。。自分も周囲の人たちにはあんな風に見えているのかな?”

確かにこんな若い娘とショッピングを楽しむなんて、なかなかできる経験ではない。
もし、私がバンコクにあまり詳しくなく右も左も分からなければ、これほどありがたい存在はいないでしょう。
少々の出費を「案内代」とか「通訳代」として割り切れば、向こうの初老の男性みたいに心底楽しめるのでしょうか。

私の彼女も向こうのカップルに気づき意識したのか、妙にまとわりついてくる。
その仕草が私には「この先の出費」を予感させるものにしか感じなかったのですが、少々重い私の心中とは裏腹にBTSは軽快に走り始めるのでした。






(関連記事たちです)
【バンコク夜遊び】テルメ(THERMAE)での再会(1)
【バンコク夜遊び】テルメ(THERMAE)での再会(2)
【バンコク夜遊び】テルメ(THERMAE)での再会(3)
【バンコク夜遊び】テルメ(THERMAE)での再会(4)
【バンコク夜遊び】テルメ(THERMAE)での再会(5)
【バンコク夜遊び】テルメ(THERMAE)での再会(6)
【バンコク夜遊び】テルメ(THERMAE)での再会(7)
【バンコク夜遊び】テルメ(THERMAE)での再会(8)
【バンコク夜遊び】テルメ(THERMAE)での再会(9)
【バンコク夜遊び】テルメ(THERMAE)での再会(10)
【バンコク夜遊び】テルメ(THERMAE)での再会(11)
【バンコク夜遊び】テルメ(THERMAE)での再会(13)
【バンコク夜遊び】テルメ(THERMAE)での再会(14)
【バンコク夜遊び】テルメ(THERMAE)での再会(15)
【バンコク夜遊び】テルメ(THERMAE)での再会(16)
【バンコク夜遊び】テルメ(THERMAE)での再会(17)
【バンコク夜遊び】テルメ(THERMAE)での再会(18)
『テルメ(THERMAE)での再会』シリーズでお問い合わせいただいている件





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
<<人気カテゴリたち>>

お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

ブログ王ランキングに参加中!