タイ版ユッケ?「ラープ ヌア ディップ」

DSC_4901.jpg

イサーン料理の1つに生肉料理があるのをご存知の方も多いかと思いますが、危険な食べ物として当局からも指定を受けている“ラープ ヌア ディップ(Laap Neua Dip)”ですね。
“タイのユッケ”と言えば聞こえは良いのかもしれませんが、現物を目の当たりにするとやはりひるんでしまう料理、これなら虫を食べたほうがマシかも。
仕上げに火を通すことが多い“ラープ(Laap)”を生のまま食べるという意味を持ったこの料理、“ヌア(Neua)”は“牛肉”、“ディップ(Dip)”は“生”と言う意味で、本場イサーンではパーティやお祝い事などの特別(?)な場で振る舞われることが多い料理ですね。
別に牛肉でなくてもよいみたいですが私は牛肉しか経験ありません、地方によってはセンマイも混ぜ込むこともあるようです。






日本ではユッケやレバ刺しを客に出すことに規制が入りましたが、タイでは無規制なのでバンコクあたりの日本焼肉屋などでは楽しむことができます。
バンコクの日本料理屋で注文できるユッケやレバ刺しでも食べる時にはちょっと勇気が必要ですが、“イサーン料理の生肉“ってどうなんでしょう。
“熱帯の国”タイでもオリジナル生肉料理があるなんて。。。なんと恐ろしいんでしょう。

DSC_8869.jpg

味はピリ辛でビールが進むし個人的には好みなのですが、速攻で蕁麻疹が出て嘔吐と下痢に見舞われ病院で点滴を夜通し受けたことがあります。
点滴の最中でも何度トイレに足を運んだことか。。。結局下痢が収まり体調が戻るまでには1週間くらいかかったんじゃないでしょうか。
その時に医者からは、ギョウ虫が体内に入っているかもしれないとのことで虫下しまで処方された記憶があります。
さすがにそれ以来は口にしていませんが、美味しい料理には違いないと思います。

DSC_6475.jpg

名前は有名な料理ですので、バンコクなど都会でもイサーン料理のレストランなどへ行けば注文できると思いますが、くれぐれも自己責任で試してくださいね。
試される際には、万が一を想定し駆け込む病院の場所を確認しておいたほうがよいかもしれません。
貴重な時間を病院で過ごすことになったり旅行の予定を変更せざるを得なくなったりする可能性のありますが、逆に帰国したくない方にはオススメな一品となるかもしれませんね。
治療費や入院費なんてクレジットカードの海外保険で払えますし。

(その他『タイ』の関連記事たちです)
タイの記事一覧
タイ料理の記事一覧
タイの夜の記事一覧
海外の食生活の記事一覧





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
<❤ちょっとエッチな人気カテゴリ❤>
お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘
「Chau Docという国境の町」物語


❤❤ちょっとエッチな別館はこちら❤❤
海外を徘徊するおじさんのブログ(別館)
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

ブログ王ランキングに参加中!