様変わりしていたドンコイ通りで“ホンダガール”を探して散策したが

DSC_4807.JPG

10年以上ぶりに再訪問したベトナムのホーチミン市。
用事も早く済んだので、昔よく徘徊していた夜のドンコイ通り(Dong Khoi Street)を散策してみました。
私が知っている当時のドンコイ通りと言えば、昼間はベトナム戦争でアメリカ軍残していった双眼鏡やヘルメットなど軍のグッズを売っている店が軒を連ね、夜になると“ホンダガール(HONDA GIRL)”と呼ばれるバイクに乗った露出度の高い服装で客引きのお姉さんが大量に出没し見るだけでも楽しませてくれる通りだったのです。
今回の散策の目的は、ずばり“ホンダガール”。
お手合わせ願わないまでも、「ホンダガール ウォッチング」でも楽しもうと意気揚々と夜のホーチミン市へ繰り出したのでした。
が、現在のドンコイ通り(Dong Khoi Street)は、私の記憶に残っているものとはずいぶん変わっていたのでした。






まず驚いたのは、標識を確認しないと目的地に到着したとは気づかないくらい明るい通りになっていたのです。
当時は、薄暗い街灯がポツンポツンとある程度で、街灯の下には“ホンダガール”が待機しているといった風景だったのですが、現在はレストランやバーが立ち並ぶ洒落た雰囲気の通りに変わっていました。

DSC_4810.JPG

“ホンダガール”についてですが、当然彼女らはバイクに乗りながら客引きをするようなアクロバティックな狩りはしませんので、だいたいは街灯や物陰で獲物を待つのです。
“ホンダガール”には大きく2つの種類がありました(今もきっとそうだと思いますが)。
1つめは、(私たちの期待を裏切らない)いわゆる接客業を目的としている“立ちんぼ”タイプ。
もう1つは、通りすがりの男性の手を引いたり抱きついてきては、金品を巧みに抜き取りバイクで去っていくという“引ったくり”まがいのタイプ。
どちらも露出度の高い服装で男性を狙っているので見分けることは困難、当時から注意するよう言われていましたが、バイク王国のベトナムですしこの手の被害は現在でも非常に多いのではないでしょうか。
そのあたりを肝に銘じ今回の目的である「ホンダガール ウォッチング」に出かけてきたのですが、通りを徘徊するもそれらしきものは結局発見できず。

DSC_4806.JPG

。。。こんなはずでは。。。このまま引き下がるわけにはいかない。。。
一旦レタントン通り(Le Thanh Ton Street)へ戻り、“ホーチミン人民委員会庁舎”前の広場へ移動。
この広場や通りには何人か立ちんぼらしきお姉さんを確認できましたが、服装もごく普通でしたし目的の“ホンダガール”にはお目にかかれず。

DSC_4836.JPG

不本意ながら収穫なしで宿に引き返したのですが、翌日の日中に再度出向いてみましたが、すっかり高級ブティック通りというか“ハイソなお店の並ぶオシャレな通り”に変身しているドンコイ通りが現れ意気消沈。

DSC_4834.JPG

また道行くバイクを何気なしに眺めていて、私の知っている“以前のホーチミン”とは違う光景に気づきました。

DSC_4843.JPG

驚異的なバイクの数は以前と変わらないものの、皆がヘルメットをかぶっているではないですか。
後から聞いた話では、国の指導でヘルメット着用を推奨していて近年は取り締まりが厳しくなっているのだとか。。。

_20160120_162152.JPG

確かに私の記憶に残っている“ホンダガール”は、タンクトップにホットパンツで長い髪をなびかせバイクでドンコイ通りを疾走していたのですが、どうやら時代が変わっていたんですねぇ。
もしかすると、化粧も落ちるし髪型も崩れてしまうしヘルメットをかぶるのが面倒になり“ホンダガール”人口は減ってしまったのかな(←これはあくまでも私の想像ですが)。。。
まぁ、スマホが普及した現在ではわざわざ表で立っていなくても、WeChat、BadooやMicoなどでビジネスするほうが効率的なのかもしれませんねぇ。。。もしそうなら、少し寂しい現実ですね。






(関連記事です)
ベトナムでの“ホンダガール”散策は断念した私

(その他ベトナムの記事たち
実はちょっとベトナムのホーチミンに行ってきました
久々のホーチミン、まずは「物価感覚を身につけよう」ということで
“WeChat”があれば寂しくない?ホーチミンの夜
今回のホーチミン滞在、宿は“A&EM”にしてみました
【ベトナム】ホーチミン空港でのABTCの威力と有料で使える空港ラウンジ
ホーチミンで一番美味しく感じたフォーは即席麺だった件
【ホーチミン】コスパの高い“クィーン アン ホテル(Queen Ann Hotel)”
【ベトナム】カンボジア国境の“チャウ ドック(Chau Doc)”という町
ホーチミン空港の有料ラウンジは、お得なのでしょうか
20USDで宿泊した“ビエン ドン ホテル(VIEN DONG HOTEL)”はアカンかった話
庶民の憩いの場「ベトナム版ネットカフェ」はこんな処
【ベトナム】ホーチミンで私が贔屓にしている日本料理屋『膳サイゴン』
揺れて、誘われ・・そして“抜かれた”ベトナムの昼下がり
タンソンニャット空港でROSE CIP LOUNGEの代わりに用意されていた空港ラウンジ
祝改装!ホーチミン滞在時に私が定宿としている「クィーン アン ホテル(Queen Ann Hotel)」







(お得なホーチミン宿探しはこちら)


この記事へのコメント

  • ひろ

    かるさん
    こんにちは!ぼくも7年振りに、この1月、ホーチミンへ行きましたが、そうですか?!わかりませんでした。ドンコイ通りの入り口付近の雑貨店も変わっていなかったし・・・。ま、もっとも、かるさんのような「観察眼」はありませんので、変わっていたのかもしれません。戦争証跡博物館の変容には驚きましたが。
    2016年03月16日 12:06
  • かる

    ひろさんも7年ぶりだったんですかぁ。
    当時はスマホなどもなかったので、画像に収めるなんて考えてもいませんでした。今思えば残念です。。。10数年前に私がブログ書くようになるとは思ってもいませんでしたし f^^;
    実は10数年前に一緒にいた友人がホンダガールに腕時計をひったくられたんですよ、結構高い時計だったんですが。。。。警察に届けて被害に会ったという書類は作ったのですが、友人はかなりショックを受けてたのを思い出しました。
    お互い暗い夜道は気を付けましょうね!
    2016年03月16日 19:10
  • ひろ

    かるさん
    やっと貴兄に、会えました。タイのカテにもインドのカテにもいないから、ま、ご多忙とは思っていましたが。旧正月前のヤワラート地区は金ピカと金赤の正月飾りを売る店で盛ってました。
    2016年03月16日 19:31
  • ひろ

    かるさん
    「物価」ですが、2010年9月に行ったとき、バングラデシュのダッカで350mlのハイネケンが500円でした。もっとも、ムスリム国家ですから、ベンガル人の飲酒は禁止ということです、公には。タバコは英国製が主流でした。高価だった・・・ような。タバコは高いですね、どこでも。シンガポールとか。で、ぼくはタバコをやめました^^!

    いまでは、空港で喫煙室を探したり、搭乗間際までそこにいることもなくなりました。あの、免税店で売っているタバコのパッケージを見て、日本国内では買っていましたが、免税店では買うのを止めました。かるさんは、堂々としていて、エライ。因みにぼくは一日に、40本から、麻雀をやる日は70本位吸っていました。麻雀は週に3~5日打っていました。
    2016年03月16日 20:07

この記事へのトラックバック
<❤ちょっとエッチな人気カテゴリ❤>
お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘
「Chau Docという国境の町」物語


❤❤ちょっとエッチな別館はこちら❤❤
海外を徘徊するおじさんのブログ(別館)
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

ブログ王ランキングに参加中!