生簀の伊勢海老の料理を注文する時には「合鍵」を使う

DSC_5878.jpg

海鮮料理の王様といえば、やはり伊勢海老ですよねぇ。
特に生簀や水槽にいるヤツを自分で選んで料理してもらい、鮮度抜群の伊勢海老の味はまた最高です。
まぁ、さすがに海鮮料理の王様だけあって値段のほうも王様なのですが。。。
しかし伊勢海老に限った話ではないのですが、この生簀や水槽から選ぶタイプのレストランには時として注意が必要になります。
せっかく大枚を叩う覚悟で注文する伊勢海老料理ですし、しょうもないことでお店ともめたくありませんもんね。
今回はそんな悪徳海鮮レストランの手口とその対処法についてのお話です。






全ての海鮮レストランがこの手の手口を使うわけではありませんし、ほとんどのレストランではこのようなことはないとは思うのですが、ごく一部の悪徳レストランがはびこっているおかげでこんな記事を紹介するのは少し残念です。
そんな悪徳海鮮レストランが使う手口とは、

「食材の入れ替え」

です。
伊勢海老に限らず魚を生簀に入れて客に選ばせて、それを料理して提供するレストランって何処にでもありますが、選んだ食材の重さを量って値段が決まるケースも多いかと思います。
客と一緒に重さを量って食材を厨房へ運ぶのですが、厨房で小さなものとすり替えられるのです。

DSC_1275.jpg

魚料理の場合は調理すると形が変わってしまうので、これをやられるとお手上げ状態。テーブルに来た料理を見てもほとんど見抜くことはできません。
が、伊勢海老やカニと言ったいわゆる”甲殻類”の料理は、殻は調理によって変形しないので注文する料理によっては対処法があります。

DSC_6029.jpg

その対処法とは重さを量り終えて食材が厨房へ運ばれるときに、

”触角の1つを根本からポッキリ追ってしまい料理が出てくるまでキープ”

することです。
これが調理されて出てきた料理の「合鍵」になるんですねぇ。。。セコイ。。。
まぁ、誰も触角までは食べないでしょうし、カニ料理の場合は一番小さい食べない足を一本ほど拝借し「合鍵」にします。
生きてるのでちょっと残酷な気分になってしまいます、また料理によっては触角を切り落としてしまうこともあるので、なるだけ根本から思い切って折ってしまうほうが効果的です。

店側もあまりいい気分ではないのではないかとは思います。
触角を折られることで、仮に小さいのと入れ替えてまた生簀に戻しても商品価値は下がるでしょうし。
海鮮レストランへ行って時々意味もなく生簀へ食材を入れている光景を見かけると、そのレストランは怪しいです。
私も何度か、

「あれ頼んだヤツって、こんなに小さかったっけ??」

という印象を持ったレストランも何件かありますし、こう感じてしまうとせっかくのおいしい料理も台無しですよね。
この「触角を使った”合鍵”」対処法ですが、日本人には馴染みが薄いかもしれませんが外国では結構一般的に使われてます(特に中華系になりますが)。
店によっては調理前に自ら一本触角を折ってくれて「合鍵」として客に持たせてくれることもあるくらいです。

今回はちょっとセコイ話になってしまったかもしれませんねぇ。
「伊勢海老ごときで何をそんなセコイことを。。。」なんてコメントが寄せられそうな気配。
日本人のオーラが消えかけてる私ですが、「世界の常識」が「日本の非常識」みたいな部分が、外国を徘徊していて感じることがあります。
そんな記事も随時紹介していければ、このブログも少しは品格のあるものになるのでしょうか。






(海外の料理にまつわる記事たち)
タイ料理の記事一覧
マレーシア料理の記事一覧
インド料理の記事一覧
海外の食生活の記事一覧
ポンペイ島、日本のテレビで紹介されたウワサの回転寿司へ行ってみた
”ビール個人消費量世界1位”のチェコのビールたち

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
<❤ちょっとエッチな人気カテゴリ❤>
お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘
「Chau Docという国境の町」物語


❤❤ちょっとエッチな別館はこちら❤❤
海外を徘徊するおじさんのブログ(別館)
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

ブログ王ランキングに参加中!