【バンコク夜遊び】ペイバーしたお姉さんの部屋にチェックインしてみよう

DSC_4609.JPG

カラオケ、ゴーゴーバーやビアバーなどバンコクの夜遊びに慣れてくると、馴染のお店ができたり仲良くなったお姉さんができたりと、更に夜遊びが楽しくなるステージに進みますよね。
ここで働くお姉さんたちを“ペイバー(バーファイン)”と言う格好で、お店から連れ出すことができるのは皆さんよくご存知だと思いますが、毎回自分の宿を最終目的地にするのもちょっと味気ない気がしませんか。
今回は、最終目的地を“自分の宿”から“お姉さんの部屋”へ変更するのに少し役に立つ(かもしれない)記事を紹介したいと思います。
うまく使えれば、深夜便での帰国や滞在最終日の過ごし方がちょっぴり変わるかもしれませんね。






最近タニヤ(Thaniya)やパッポン(Patpong)界隈には出没しないのでそちら方面では定かではないですが、スクンビット(Sukhumvit)界隈のカラオケやゴーゴーバーで働いているお姉さんたちはだいたい住んでいる地域が決まっている傾向があります。
これはあくまでも私個人の情報網での傾向ですので、その結果を保証するものではありませんが、

「ゴーゴーバーのお姉さんは、ラチャダセピーク(Rachadaphisek)あたりに分布し、カラオケのお姉さんは、エカマイ(Ekkamai)やプラカノン(Phra Khanong)に多く分布している」

といった感じです。
タニヤ(Thaniya)やパッポン(Patpong)あたりで働いているお姉さん方は、チャオプラヤ川(Chao Phraya rv.)向うのトンブリ(Thon Buri)やクローンサーン(Khlong San)あたりに住居を構えているケースが多いのではないかと想像しますが。。。

DSC_4601.JPG

まずは、ある程度仲がいい顔見知りのお姉さんがいないと実現は難しいと思います。いくら人懐っこいタイのお姉さんでも、さすがに初対面の人を部屋に招くなんてことはしないでしょうし。
ペイバー(バーファイン)したりお店が終わった後に一緒に何度か遊びに行ったりしていると自然と仲良くなりメッセージなども頻繁にやりとりできる仲になれるのがタイのお姉さんの特徴の1つでもありますんで、そういう関係になるにはそうも時間はかからないと思います。

DSC_4556.JPG

一緒にお店を出る前に、まずはどこかで食事や飲みなおすことをお姉さんに了解してもらいます。
彼女と仲が良ければこの交渉はそれほど難しいことではありませんし、だいたいの場合はお姉さんも腹ペコってことが多いですよねぇ。。
行先はもちろん「お姉さんの部屋のある地域」を指定し、ローカル色の濃い場所を案内してもらいます。
お姉さんとしても家の近くまで帰ってきてますし、ゴーゴーバーでありがちな「またお店に戻ろう」って気にもならなくなります。

そんなお姉さんの部屋の近くの地域で遊んでいると、「じゃぁ、そろそろアナタの部屋へ行きましょう」と、わざわざ私の宿のあるスクンビット(Sukhumvit)あたりの街中まで時間をかけて戻ろうって話にはまずなりません。

“ごちそうさま、今日は楽しかったわ。私の家はこの近くだから”とそこでバイバイとなるか、“そうは言っても、まだ「お小遣い」もらってないし。。。“
彼女らにとって、お客からもらえる所謂「お小遣い」は大事な収入源です。ほぼこれで生活を賄っているといっても過言ではないでしょうし、月末の家賃を支払う時期あたりになると多くのお姉さんは金欠病に陥っていることが多いのです。
タイ人の気質か、あまり計画立ててお金を使うのは苦手のようですね。。。私もですが。。。

1人相手にできれば、1か月の家賃くらいのお小遣いが転がり込んでくるわけですから、一緒にお店を出て、「ご飯をおごってもらうだけで“そのままバイバイ”」というのは、彼女らにとって明らかに“稼ぎっぱぐれ”なんですよねぇ。

DSC_9375.jpg

こんな“心理戦”に勝った者が、晴れてお姉さんの部屋の扉をくぐることができるのです。
また、このゴールにたどり着くまでのやり取りがまたお面白いのですが。
得てして、部屋は下着など散乱し結構散らかってたり、ゴミ箱が一杯であふれてたりしてることがありますが、そこは平然と過ごしてくださいね。場合によっては、日本人として引いてします光景を目にすることもありますので。

1回部屋を訪問してからは、わりと次回以降は敷居を低くして部屋に迎えてくれることになります。
例えば、深夜便で帰国する際でもそのお姉さんの部屋で時間を潰すってことも可能になります。
彼女からしても、出勤前(もしくはペイバー代先払いでお店を休む)もしくは、ちょっと遅刻知ればお店には出れるわけで、特段拒否する理由もありません。
労せずして「お小遣い」がゲットできる機会が部屋を提供するだけで転がり込んでくるのです。

私のケースで言いますと、重たい旅行カバンを持ってウロウロしたくないので、先に空港へ出向いて荷物預かり所かチェックイン(スターアライアンスのゴールドメンバーのカウンターは常時開いてますんで)してから、身軽になり再度バンコク市内へ舞い戻ったりして「最後の1日」をお姉さんの部屋で過ごしたりすることもあります(連れがいたりすると使えないですし、、一人旅の金銭的にも余裕のある場合のごく稀なケースに限りますが)。
これも双方が納得すれば、ある意味で「WIN – WIN 」な関係と言えるかもしれませんね。
ただし、ここまで来ると「タイに溺れるおっさん」の一歩手前まで来ているんだと思います。出発時刻の30分前には搭乗手続きが始まりますので、くれぐれも乗り遅れないように気を付けてください。

さすがにチャオプラヤ川(Chao Phraya rv.)を渡ってしまうと空港からもかなり遠くなりますんで、帰国便までの時間調整とかにはちょっと使いにくいですね。
その他、お姉さんは一人暮らしをしている場合と集団で部屋をシェアしてくらしている場合がありますので事前に確認は必要ですが、結構な割合で部屋を複数人でシェアしているお姉さんでも快く訪問を許してくれます。
その際は、かなりの確率でルームメイトさんを巻き込んでの宴会となるので覚悟が必要ですが。






(少し関連してる記事)
【バンコク夜遊び】ペイバーしたお姉さんの部屋にチェックインしてみよう
【バンコク夜遊び】お姉さんの部屋にチェックインしてありがちな出来事
【バンコク夜遊び】私がゴーゴーバーに持参するアイテム
バンコクの夜遊び:バーやカラオケで大ウケ間違いなし!「コボリ」を名乗ろう!!

(人気シリーズ記事)
【タイ】「ボクの夏休み」は、“ワタシの実生活”なお姉さん
【バンコク夜遊び】お姉さんの部屋で「現実」が見えてしまう件






(お姉さんの実態を垣間見る記事)
『私のパジャマを見せてあげる♪』な、お姉さんたちの心境って何なんでしょうね
「ワイルドだろう?」な、お姉さんの画像たち
安心してください、履いて出ますよ♪
【バンコク夜遊び】そこのお姉さん、おふざけが過ぎると痛い目に会いますよ。
【タイの夜遊び】狙った“獲物”はこれで落とせ!『ラオ ブン プック ビア』
【海外食生活】男なんだから、「屋台選び」の基準もそうなっちゃう話
『“トッケイ”を手掴みするお姉さん』から想うコト
【タイ】お姉さんは“バスタブ”がお好き
【バンコク夜遊び】“収穫なし”だった私を神は見捨てなかった話
マレーシアとは何か事情が違うの?タイのモスリム娘たち
【タイ】お姉さんと日本食レストランに行った私が許せないコト
なんでだろう、「トイレ内撮影」が好きなタイのお姉さん達
お姉さんが画像を送ってくれるキッカケを無意識に作ってた話
【タイ】『お姉さん、日本上陸』とみみっちい私の反応
ツルペタ相手では難しい?お姉さんとの『チューチュー』遊び
【タイ】お姉さんと海鮮レストランに行った私が許せないコト
【タイ】お姉さんにドーナッツを買った私が許せないコト
私の身に舞い降りた“ぷちラッキー”な出来事の画像
「アナタよりむしろ背景が気になるんですが♪」な画像
『こんなモノを入れるのか。。。』、送られてきた“中身な画像”に感心した話





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
<❤ちょっとエッチな人気カテゴリ❤>
お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘
「Chau Docという国境の町」物語


❤❤ちょっとエッチな別館はこちら❤❤
海外を徘徊するおじさんのブログ(別館)
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇

PVアクセスランキング にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

ブログ王ランキングに参加中!