味はパタヤでお墨付き?コラートのイタ飯レストラン「Coffee Pitini」

パタヤにあるイタリア人の経営するレストラン「Café Pitini」。 場所は、ビーチロードから少し奥まった場所にありますが、大きなアイスクリームのオブジェ(?)が目印のファランがよく食事をしているイタ飯レストランですね。 ここのイタリア親父、嫁さんはタイ人と聞いたことがあるのですが、おそらくコラート出身なのでしょう。 コラートの郊外に系列店「Coffee Pitini」があり…

続きを読む

【クアラルンプールの夜遊び】チャイナタウンで「もしかして“逆ナンパ”」(25)

しばらくの間は酔い覚ましも兼ね2人で夜景を眺めていたのが、 “で、これからオレらどこ行くの?” という私が気になっているコトをまとわりついている彼女に聞く雰囲気にならない。 彼女にとっては、ここシンガポールは地元と言うこともあってか何気に落ち着いて見える彼女を見ていると、 “彼女の中では、行先は決まっているのだろうか・・・それともここで解散?” …

続きを読む

フライト時間は70分、バンコク→プノンペン便の機内でやるコト

タイのバンコクからカンボジアのプノンペンへのフライト。 スターアライアンスということもありタイ国際航空(TG)を使うのですが、朝晩2往復していてフライト時間も1時間10分と国際線にしては比較的短いフライト時間で行き来できます。 使用機材も(通常は)エアバスA330で快適な空の旅が満喫できるハズなのですが、機内では全く落ち着けずいつもドタバタしている私。 おそらく私だけでなく皆さ…

続きを読む

「歌謡アルバム♪」カテゴリ新設のお知らせとようやく安定した『別館』ブログ

これまで自己満足に歌詞を綴って来ていましたが、いつの間にか数えること16記事に(驚)。 ここまで増えると「日記」カテゴリにも置いておくわけにもいきませんし、これからもこの手の記事が増えそうな気配があると判断し、新たに「歌謡アルバム♪」を作って記事を移行させました。 と言いますのも、この「日記」カテゴリって私の呟きに混じって時々お役立ち情報も載せているのでこの歌詞の記事が混じってし…

続きを読む

2個イチ単語料理?タイのファーストフード「カオニャオ ムー(Khawheniyw Hmu)」

未だに「ムー」なのか「ムゥ」なのか表現に迷うのですが、“豚肉”の意味ですね。 アルファベットでも「Hmu」となっていたり「Muu」となっていたり、タイ語って難しいですよねぇ。 レストランで「カウパッド ムー」と言うと、豚肉の焼き飯が出てくるのですが、「カウ=米」、「パッド=炒める」と「ムー=豚肉」というルール通りと言うか、他の料理にも応用が効いて分かりやすいですよね。 …

続きを読む

「ボクの夏休み」は、“ワタシの実生活”なお姉さん(24)

ペットボトルをつぎはぎした手作り感満載なシロモノ、これ何かわかる方いらっしゃいますかねぇ? 何かを捕まえる仕掛けというか罠だということは、何となく想像できますよね。 実は、これは小エビを捕まえる罠なのですが、私はタイの池や川の淡水でこんなエビが獲れるとは知りませんでした。 タイでエビと言えば、想像するのはやっぱりお馴染のオニテナガエビ、淡水最大のエビのほうですよ…

続きを読む

特価に騙され滞在したエカマイのSOMERSETがアカンかった話

トンローにあるやつは何度か滞在したことがあるのですが、まぁ10,000円/泊クラスの価格ですから広さも装備も申し分ないサービスアパートです。 そんな「SOMERSET(サマーセット)」サービスアパート、エカマイのほうは時々バーゲンというかプロモーションで5,000円/泊程度で出ていたので、調査がてら滞在してみたのですが全然アカンかったというお話です。 徐々に増えて…

続きを読む

ダイヤモンド❤~タイ夜遊びでのあるある話編

解散後、奥田香さんも岸谷五朗さんと結婚し苗字が変わり、ちょっぴり寂しい思いをしたことを思い出しました。 1989年にオリコンチャートを賑わせ同年の有線大賞にも選ばれた彼女らを代表する楽曲ですね。 それでは、毎度ながらですが私の自己満足な記事にしばしお付き合いくださいませ。 (1番) 冷たいSINGHAにナムケンぶち込み 見上げるガラスの床 ミニのフリル…

続きを読む

”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥

👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇


にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

タイ・ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!