「ズルい女」~腐れ縁のカラオケ嬢とのあるある編

ご存知、シャ乱Q さんの1995年に発売されたの7作目のシングル。 不幸な事故に見舞われボーカルのつんく♂さんの歌声を生で聴けるようになるにはもうしばらく掛かりそうですが、私は復活される日を心待ちにしている一人です。 代表曲「ズルい女」、これもカラオケでよく歌ってましたねぇ~(今もレパートリーの1つです)。 今回は「タイのカラオケ嬢あるある」のフレーズに載せてお送りしたいと思います。 …

続きを読む

勝手にしやがれ~部屋に招いてはみたものの編

カッコつけながらもみみっちい男の心境を実によく表現できている歌詞にマッチしたメロディ、加えてジュリーの張りのある魅了的な歌声の相乗効果。 今聴いても飽きの来ない曲の1つで1977年にタイトルを総なめした曲。知らない人はいないですよねぇ~。 同じような男の心境を別のシチュエーションで表現すると、きっとこんな感じなるのだと思います。 毎度毎度のゲスな記事を久々にアップしてみました、…

続きを読む

夏祭り~ナナプラザ編

ヤクルトスワローズや高校野球の応援ミュージックとして有名な曲ですね。 1990年にJITTERIN'JINNが飛ばしたヒット曲でパチンコ台のBGMにもなりましたよねぇ。 何と言ってもこの曲を有名にしたのは、2000年にカバーしたガールズバンドWhiteberryではないでしょうか。 加えて家庭用ゲームやゲームセンターで一世を風靡した「太鼓の達人」なんかでもお馴染みな曲。 老何…

続きを読む

ドラえもんのうた~バンコク夜遊び編

最近は、いろんなアーティストの方が主題歌(というかテーマ曲なのでしょうか?)を提供している映画「ドラえもん」シリーズ。 でも、私らの年代ではどうもこれがとっつきにくく、いくら流行ってもカラオケなんかで歌おうと思うにはいたりませんよねぇ。 やっぱり、私らのおじさん世代にとって『ドラえもんのうた』として永遠に君臨するのは、大杉久美子さんの聴きなれた優しい歌声ですよねぇ。 …

続きを読む

『ホテル』~世の中の薄毛に悩む男性に捧ぐ編

もうすぐ父の日ですねぇ。 私も一応“父”と呼ばれる立場の男ですが、なんか母の日と比べて盛り上がりませんよねぇ。母の日に贈る花と言えば「カーネーション」と誰もが答えるんでしょうが、父の日にも同じように定番の花がると言うのは知りませんでした。何でも、「黄色い薔薇」らしいですよ、知ってましたぁ? 会社では上司に叱られ、家に帰れば家族から虐げられ、飼い犬には吠えられ、そり…

続きを読む

ダイヤモンド❤~タイ夜遊びでのあるある話編

解散後、奥田香さんも岸谷五朗さんと結婚し苗字が変わり、ちょっぴり寂しい思いをしたことを思い出しました。 1989年にオリコンチャートを賑わせ同年の有線大賞にも選ばれた彼女らを代表する楽曲ですね。 それでは、毎度ながらですが私の自己満足な記事にしばしお付き合いくださいませ。 (1番) 冷たいSINGHAにナムケンぶち込み 見上げるガラスの床 ミニのフリル…

続きを読む

エアアジアの純真

1996年の作品ですね。 何かしらこの辺りの年代を選択する私の年齢はお察しの通り、ご想像にお任せします(笑)。 陽水さんと民生さんのコラボボレーションでパヒィーさんのデビュー曲として世に送り出され、いきなりのオリコンカラオケ部門12週連続トップという名曲。 私も何度も何度もカラオケで歌ってきましたが、歌詞の意味がわからいまま、現在に至っている私です。 (1番)…

続きを読む

ルージュの伝言~ペイバーの翌日編

いつも気まぐれな記事にお使いいただきありがとうございます。 特に付け加える必要はない程の名曲。 オリジナルは1975年モノですが某アニメ映画の主題歌にも使われ、いまだにカラオケで老若男女に愛されている衰えの知らない数少ない歌だと思います。 (1番) あの店のママに会うために 今ひとりシーロム着いたわ 黄昏迫る街並みと姉ちゃんの群れ お店も開く時間 …

続きを読む

ホテル~ゴーゴー嬢編

この歌をご存知の方って、きっと私と近い世代の方々だと思います。 私の場合は、当時の大学の先輩がカラオケで歌っていたくらいの記憶しかなかったのですが、私は勝負時に『久保田利伸の“Missing”の演歌版』として呑み相手に応じて使い分けている曲です。 ちょっとマニアックな楽曲かもしれませんが、1985年の有線大賞にも選ばれている名曲なんですねぇ。。。 それでは毎度ながらのお目汚しですが…

続きを読む

天城越え~怪しいマッサージ編

皆さんご存知、1986年の日本レコード大賞金賞を受賞した“演歌の女王”石川さゆりさんの楽曲ですね。 もはや講釈が必要ない程有名で、「津軽海峡冬景色」と共に彼女を代表するNHK紅白歌合戦の定番曲。 イチローの打席登場曲だったり、中森明菜やmisonoがカバーしたり未だに現役な雰囲気のある曲なのですが、歌詞は元から少々いかがわしいですよねぇ。 当時タイトルを取り名曲扱いされていなかったら、…

続きを読む

”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥

👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇


にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

タイ・ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!