GPXに続け!タイで私のイチ押しバイクメーカー「スタリオン(Stallions)」

図1.png

2019年から日本に輸入が始まったタイのオートバイメーカーである「GPX」。
タイではホンダ、ヤマハに次ぐ第3のメーカーで最近になって東南アジア諸国で見かけ始めていたのですが、遂に日本に上陸を果たしましたよねぇ。
『GPX』って、私のイメージではカワサキのバイクなんですけど。。。実際、始めてタイで見かけた時もカワサキのバイクだと思っていました(笑)。
ただ、個人的にタイから日本に輸入してほしいバイクは私の場合は「GPX」よりも「スタリオン(Stallions)」なのですが。






ただ、あまりタイ国内でもメジャーなないんですよねぇ、そのぶん見かけるとやたら目立つのですけど。
個人で輸入してもお釣りがくるくらいの価格帯で魅力なのですが、パーツ供給の容易性などを考えると躊躇っちゃいますよねぇ。

図2.jpg

どうです?このフォルム。。。セクシーではないですかぁ!
若い頃にはレーサーレプリカでフルカウルなバイクを好んで乗っていた私ですが、年齢のせいもあってか近年はこういうバイクに魅かれてしまうのですねぇ。

図4.jpg

私の知る限りラインナップは125~400ccの単気筒モデルしかないのですが、魅力的なのは始めっからトップブリッジ下にセパレートハンドル(セパハン)がついていたり、マフラーがリバースコーン形状だったり、フロントフォークも倒立サスペンションだったりと、結構バイク好きにはたまらない純正装備のモデルがあるのですねぇ。

図3.jpg

もしかして、こんなマニアックな装備を標準にしているが故にタイでの一部フリークにしか受け入れられていないのかもしれませんが、町中に溢れかえるほど走っていると魅力も半減ですし、「スタリオン(Stallions)」には是非ともこの路線でいてほしいと思うのは私だけではないと思います。

図5.jpg

ただ、タイで目立つバイクということになると、この「スタリオン(Stallions)」以外にもう1つあるんですよねぇ。こちらも最近見かけ始めた「インフィニティ(Infinity)」というバイク。
てっきりタイの「インフィニティ(Infinity)」というバイクメーカーの商品だと思っていて、気に入っていたのですがよく見ると。。。。

図6.jpg

「RYUKA」って入っているではないですか!
そうなのです、「インフィニティ(Infinity)」って中国のメーカー「RYUKA」製だったんですねぇ。
どうりで中国人の大好きな「8」があしらっているのかなぁ(笑)。

図7.jpg

申し訳ないですが、個人的にこの時点で私の視界にははいらなくなってしまいましたねぇ。

図8.png

そんな「スタリオン(Stallions)」、ウェブサイトのリンクを貼っておきますので時間が許せば覗いてみてやってください。
日本で輸入代理店とか始めたら結構儲かるかもしれませんねぇ、タイ旅行も打ち合わせと称して経費で行けるんでしょうし(笑)。
ちょっと、真面目に考えようかなぁ。。。






(バイクの記事たち)
仮面ライダーにはこっちを乗って欲しかった「ベネリ(Benelli)」
世界最古のオートバイメーカー「ロイヤルエンフィールド」
軒下で見つけた2台の“懐かしいスクーター”
情報求む、チャイナットで見かけた謎のバイク
スズキと離婚しBMWと再婚。インドのバイクメーカー「TVSモーター」
発想は面白いと思うのですが、チョッピリ残念なトゥクトゥク
トゥクトゥクの原型と言われるダイハツ「ミゼット」、実はインドは違う話
路地裏が妙に似合うトライアンフ「ボンネビルT120」





(関連カテゴリ)
ちょっと珍しい世界の車たちの記事一覧

(スタリオン(Stallions)のウェブサイト)
Stallions Motor Cycleのホームページ





この記事へのコメント

<<人気カテゴリたち>>

お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘

”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

タイ・ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!