社会復帰のはずが、“思わぬどんでん返し”を食らい意気消沈した話

図1.png

「体調不良を良いことにブログ更新をサボっていますね」なんて言われたりしたが、実は前回の話には続きができてしまったので、ようやく退院したリハビリがてら記事に残しておきたいと思います。
最終的に私に下された診断は、「大腸癌のステージⅢ」。
人間のできていない私は現実が受け入れられず頭の中は真っ白に。。。。CTの検査結果を受け、即入院+即手術という事態に陥っていったのでした。






と、こういう表現をすると、アメブロに参加されている芸能人さんにありがちな「闘病ブログ」みたいな印象を与えてしまいそうですが、所詮のゲスな記事の集めたこのブログですので、その旨読み進めていただければ幸いです(笑)。

図2.png

どうも前回の記事更新以降も調子が戻らず通院や検査を繰り返していた私でしたが、胃カメラを飲んでも原因が特定できずCTスキャンで体を輪切りにしてみることになりました。
どちらかと言うと健康診断でも検査中に怪しい箇所のサンプル採取が容易な胃カメラを従来から活用していた私。

図3.png

今回の症状の発端が胃痛からですし、医者も私が潰瘍経験のあるピロリ菌保有ということで胃袋を中心に調べていたのは順当なアプローチだったのだと思います。
よく考えると胃カメラって、食道や胃あるいは十二指腸などを検査したりサンプル採取には向いていますが、
それ以外の部位の検査には無力。
今回の私のケースがまさにそれだったようでして、私が胃(正確には胃付近)に痛みを与えていたのは、横行直腸で胃袋に隠れるような格好で癌が進行していたのでした。

“これじゃ、胃カメラ飲んでもわからないわけだわ!”

原因がわかり妙に納得した私でしたが、医者の真剣な顔で私にこう告げたのでした。

「この癌が胃の付近に痛みを与えていたようだが、問題はこの癌の影響で腸閉塞を誘発し大腸が破裂寸前です。今からすぐ切除手術の段取りをします。」






本来であれば、手術痕が極力残らないようにカテーテルを使用する(腹腔鏡手術)らしいのですが、癌の部位と一緒に破裂寸前の大腸と小腸の一部を除去しつなぎ直す必要があるため開腹手術を選択せざるをえず、胃袋あたりからへその下付近までメスを入れることになったのでした。

図4.jpg

ICU(集中治療室)へ連行され、おむつを装着され、チンコに管を通され全身麻酔を打ったまでは覚えているのですが、4時間後に目覚めたときには手術は無事終わっていて腹には大きなガーゼが張られていたという結末。
幸いにも癌事態は約70mmという巨大なわりには他への転移は認められず経過を観察することに。こうして私の入院生活が始まったわけですね。

図5.jpg

術後の経過も良好なこともあり入院中の持て余す時間を利用して仕事やブログ更新のためにPCを持ち込んでもよかったのですが、どうもその気になれず結局は入院中にPCを開くことはありませんでした。
ブログもこのまま止めてしまおうかと何度も考えましたが、スマホを通してSNSなどを確認していると皆様の温かいメッセージやお見舞いの言葉を眺めているうちに、継続させることにしました。

図6.jpg

体重も手術前の65kgから10kgほどスリムになってしまいましたし体力はまだまだ戻っていないと思っていましたが、この3月3日になんとか無事退院。
これから抗がん剤を使用した治療を半年ほど継続させることになります。
記事のネタには心配はないのですが、今後は抗がん剤の副作用もでてくるでしょうし体力面や気力面から更新が定期的にできるかどうか心配しているところです。

図7.png

このブログを贔屓にしていただいている方の多くは海外旅行に興味があったり、海外に長期間滞在されることが多い方が多いと思います。
なんといっても健康第一です。
私の場合も早期に発見できていれば、ここまで大事には至らなかったと思いますし、時間がないことで自分を納得させたツケが回ってきてしまったんだと反省している次第です。
定期的に自分の体の状態を詳細に確認されることを強くオススメいたします。






(関連記事)
すみません、「始めて以来級」と言えるほどの未更新でした、実はこんなコトになっていたのです。
今年こそは桜を満喫できるはずだったのに、こんなコトになるとは(泣)
ホームグランドと信じていたバンコクで食あたり
私の窮地を救ってくれたコンビニ調達可能な食材たち
海外傷害保険を事後申請してみて感じた覚えておきたいコト





(海外トラブル関連の記事)
強制送還者が続出するインドネシアで就労ビザを取得して思ったこと
ゴーゴーバーで店内を撮影した友人の話
「完全前払い制」のペイバーシステムには注意が必要な話
【バンコク】2度も被害に会えばそのホテルを敬遠しますよねぇ
夜のブキビンタン界隈の検問と回避方法
海外でのATMトラブルと私の予防法
マレーシアで珍しい野鳥に街で遭遇【完結編】
気をつけよう、バンコクのトゥクトゥク
気をつけよう、グアム
クアラルンプール中華街の路地裏、按摩屋に注意!
【バンコク】日本人は狙われやすい?スクンビットのタバコのポイ捨て規制
タイの田舎生活は危険です、対策は万全に
マレーシア郊外で車上荒らしに遭遇した話
ソンクラン、“交通事故シーズンの開幕”だけじゃなく“別の事故”にも注意しよう
【タイ】検問に気をつけよう、警官を餌付けてしまってた私
油断禁物!タイの山焼きに注意
【タイ】これも日頃の行いのせいか、“タオ島”上陸失敗
出張者は注意が必要かも。タイの入国/滞在管理がまた厳しくなる気配
インドで旧紙幣が使えなくなって私が困った2つのコト
タイのコインランドリーには注意が必要な話
何と言っても、海外渡航中の私が身の危険を感じたコトはコレですかねぇ
最近こういうシステムなの?スクンビットで飛び込んだカラオケにヤラれた話






(人気カテゴリたち)
お姉さんの部屋シリーズ
お姉さんが来たシリーズ
お姉さんの実態シリーズ
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ
【タイ】“出会い”のチャンスがあるシチュエーション




この記事へのコメント

  • JIJI

    かるさん こんにちは。まずはお見舞い申し上げます。開腹手術で快復されるまで更新が無かったという訳ですね。海外での仕事もあり、定期健診を受けておられなかったとのことですが、血便などの初期症状の自覚はおありでしたか?定期健診では検便で潜血反応を診ていますので、一応は安心できますよね。今後は経過観察されるわけで、無理はせずに健康な生活第一で、あとたまでいいですからブログ更新も期待してます。
    2019年03月05日 17:03
  • かる

    JIJIさま

    コメントありがとうございます。
    定期健診時に確かに血便反応はあったのです。が、追加検診を受けないまま数年経過すると、その反応もなくなり痔か何かだったと思い込んでいたのです。
    海外で不規則な生活が長引いたり体調を崩し時々血便も出ていたので気にもしていませんでした。
    経過観察中ではありますが、転移もなく一安心しているところです。
    今回の一連の騒動で何が一番辛かったかと申しますと、やはりチンコに管を入れる時の痛いこと痛いこと、これだけは二度と経験したくないです(笑)。
    体調を見ながらブログも継続させていきますので、これからもよろしくお願いいたします。

    かる
    2019年03月05日 20:04
  • toripapa

    私は心臓疾患で13時間の開腹手術を3ケ月の間に2回と甲状腺癌のステ-ジ3でその半年後に摘出手術をしました。41歳の時でそれから社会復帰に1年を要し、気力と体力を回復するのに2年を要しました。

    病気で衰えた体力の回復は、驚く程に時間を要するもので精神的にも参ります。それを覚悟で治療に専念することを進めます。まずは気長にやることです。
    2019年03月05日 21:16
  • alfa

    大事にしてください。
    悪い事って続きますが、これを乗り切れば良い事尽くめですよ。
    昔と違い医療技術はすさまじく発展してますからね。
    家は胃癌家系です。お袋だけが乳がん他は分かっている範囲ではすべて胃癌です。私も若い頃に医者から太鼓判押されてます。その割にはしぶとく胃潰瘍止まりで済んでますが・・・
    両おじいちゃんは30代で亡くなっていますが昭和初期ですから恐らくは胃癌だったんでしょう。
    隔世遺伝で私も人生50年と思って生きてきましたので既に余禄が長いです。もう余禄ですから病が発覚しても何の対処もしないつもりです。日本の家族にはタイで死ぬことを伝えています。娘に迷惑がかからない様に早く伴侶を見つけないといけないと思っています。と言いつつ遊びたい病もむくむくもたげます。
    100歳まで女遊びを精神でお互い頑張りましょう。
    2019年03月06日 00:05
  • かる

    toripapaさま

    心強いコメントありがとうございます、非常に参考になります。
    私もほんの数時間の手術と数十センチの内臓摘出程度でここまで体力と気力が失われるものかと驚いているところです。
    おっしゃる通り、すべてが以前のように戻るには長い時間がかかりそうですが、これも長年連れ添ってきた私の身体で取り換えるわけにもいきませんし気長に付き合ってやる所存です。
    しかし、toripapaさんもおおきな手術を経験されていたのですねぇ、その後はお変わりなく元気で過ごされていることと思いますが、お互い体調には十分注意しておきたいものです。
    これからも応援よろしくお願いいたします。

    かる
    2019年03月06日 06:55
  • かる

    alfaさま

    私の家計も癌家計で男は長生きできない星の元に育っております。
    父が63歳で他界した時も親戚からは大往生と言われたのを思い出しました。
    私も胃潰瘍も患ったことがありますが、進行すると大きな病気になる懸念もありますし、十分注意なさってください。
    やはり何といっても早期発見が治療の第一歩だと担当医師からも何度も聞かされてました。
    医療技術も日進月歩ですので、昔よりずいぶん治療方法も進化しているのだと思います。
    お互いいつまでも元気でヤンチャできる身体を維持していきたいものですね。
    貴重なコメントありがとうございました、これからも宜しくお願いいたします。

    かる
    2019年03月06日 07:03
  • JIJI

    かるさん 今晩わ。チンコへの管挿入の件ですが、大変でしたねえ。吾輩も二十代でサッカーで相手GKと衝突して外傷性気胸となり、入院したおり、若い看護婦さんに管を入れられそうになり(長時間オシッコしてなかった)ベットの上で必死の思いで小便を出したことを思い出しました。ああ管を入れられなくて良かったです。御自愛下さい。
    2019年03月06日 21:38
  • かる

    JIJIさま

    そうですねぇ、あの違和感と挿入時の痛さだけは2度と味わいたくないです。
    若い看護婦さんが事務的に私のモノを掴むのも何だか寂しかったですし。。。(苦笑)
    JIJIさんのように20代の出来事ですと、握られた時に結構反応(⤴)したかもしれませんが、この歳になると。。。

    かる
    2019年03月07日 02:40
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥

👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇


にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

タイ・ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!