自己責任でお願いします、複数のゲストが空港ラウンジで寛げる方法

DSC_4659.JPG

このブログをご贔屓にしていただいている方はご存知かと思いますが、私は一応ANA(全日空)系列のスターアライアンスのゴールドメンバー。
ANAなんでここ数年使っていないのですが、なんとか資格をスーパーフライヤーズカードというクレジットカードを所有することで維持している身分。

DSC_4943.JPG

ゴールドメンバーの特典は何と言っても、空港ラウンジが使えることにあることでして、飲み放題・食べ放題を満喫しているのですが、厄介なのはゲストを1人しか帯同し入室できないこと。
連れが複数人いる場合は、そのうち1人しかラウンジへ招けないというルールなんですよねぇ。
今回は、そういう状況を解決するために私が実施している複数の連れの方にもラウンジで寛いでもらえる方法。
責任は持てませんし、くれぐれも実施に当たっては自己責任でお願いいたします。






そんな美味しいハナシがそうそうあるわけもありませんし、実行にあたっては『いくつかの条件』があるので先にお伝えしておきます。

<条件>
① その空港に私が入室できるラウンジが複数存在すること
② ラウンジ入出時にチケットのみのチェックでパスポート提示はないこと
③ ゲストを随時招くだけ時間に余裕があること

くらいでしょうか。
できれば、例えばタイ航空(TG)、全日空(ANA)、シンガポール航空(SQ)など航空会社が違うがゴールドメンバーが入室できるラウンジがあるほうが良いかもしれませんねぇ。

DSC_9841.JPG

では、順を追って手口を明かしますと、こんな感じになります。
ここれは、ラウンジ入室資格のある私と資格のない2名を例に挙げて説明します。これを繰り返すことで2名以上のゲストもラウンジの数だけ招けるということになります。

図1.png

まずは、友人Bは自分のチケットを友人Aへ手渡し、私と一緒にラウンジへ。
私は自分のチケットで、しかし友人Aは友人Bとして入室します。

図7.png

この時注意が必要なのは、まず私がチケットを受け付けのカウンターへ提示しパスポートも提示を求められるかです。
パスポート提示を求められたら作戦失敗、友人Aは自分のチケットとパスポートを提示しラウンジへ入室してください。
以降、友人Aのチケットを使いまわしても良いのですが成功率も低いので、友人Bがラウンジへ入ることは諦めた方が無難ですねぇ。。

図8.png

うまい具合に友人Bとしてラウンジに潜入出来たら、時間をおいて私がその友人Bのチケットと持ち

「タバコ吸ってきます」

とか、

「買い物行ってくるね」

とか言って退出し、友人Bと合流します。

図9.png

ここからはお察しのとおりですね。
私は友人Bを連れて別のラウンジへ入室するわけですね。
ここでも注意事項がありまして、経験上ですが友人Aとラウンジに入室してから時間をおいた方がバレにくいでしょうし、可能であれば別航空会社のラウンジを目指す方が良いような気がします。

DSC_9843.JPG

これで、友人Aと友人Bは別々のラウンジで過ごすことになります、2名をラウンジへ招くことができるわけです。
で、最後の注意点ですが、最初のラウンジを出るときはなるべく手ぶらのような身軽な感じを装い、あくまでも「すぐ戻る」雰囲気を醸し出すこと。
また、2つ目のラウンジではちょっとした荷物を持っていて、あたかも「2人でラウンジを移動してきた」感を出しておくと良いでしょう。

DSC_0147.JPG

今のところ、冒頭に記した条件を満たしていれば問題なく実施できていますが保証はできかねます。
空港側もそれなりに対策を考えてはいるでしょうし、いつまでこの手法が使えるかどうかは定かではありませんのでご容赦くださいね。






(空港ラウンジ記事)
スワンナプームのタイ航空ラウンジに飽きたら私がシケ込むラウンジ
【ベトナム】ホーチミン空港でのABTCの威力と有料で使える空港ラウンジ
ホーチミン空港の有料ラウンジは、お得なのでしょうか
利用メンバーが混在する国際線の「ラウンジ福岡」
安心してください、KLIAのタイ国際航空(TG)のラウンジ
今がチャンスかも、デリー空港の隠れ家的なラウンジを楽しもう
やはりモスリム?ちょっと残念なスラバヤ空港ラウンジ
プノンペンの空港ラウンジ、私のオススメ料理はこちら
ダッカの空港ラウンジ、酒にありつけます♪。でも・・・





(飛行機や空港の記事)
【こうやればできる!】”プレミアムエコノミー”に追加料金なしで乗ってみる
こうすれば乗れるかも?ビジネスクラスへアップグレード
個人的にスターアライアンスで一番嫌いなアシアナ航空
「紙パック」だけじゃない、お酒が税関で見つかっても安全度が上がる話
ANAアップグレードポイントは国際線で使うべし
福岡→シンガポールのSQ655を無料アップグレードしてみた
強制送還者が続出するインドネシアで就労ビザを取得して思ったこと
税関も怖くない私のお酒を持ち込む方法
インドの空港、チェックインまでの『2つの関門』は覚えておこう
バングラデシュへ陸路で国境越え、こんな感じでした
シンガポールからジョホールバールへはタクシーが便利
私だけ?つながったことのないタイ航空の機内インターネット
搭乗までの3つ(+α)の関門。スリランカのバンダラナイケ国際空港のセキュリティ
フライト時間は70分、バンコク→プノンペン便の機内でやるコト






(スワンナプーム空港関連記事)
渋滞は皆無♪スワンナプーム空港のABTCで出国できる優先レーン
ABTCでタイ入国時に気をつけたい滞在期間とオーバーステイ
タイのイミグレをスムースにくぐろう。ABTCとその他の方法
ABTCでスワンナプーム空港の入出国をスムーズに抜ける道順
ABTCでタイ入国時に“滞在期間90日”をスムースにもらうには
スワンナプームのタイ航空ラウンジに飽きたら私がシケ込むラウンジ
出張者は注意が必要かも。タイの入国/滞在管理がまた厳しくなる気配
ヒドいことになってるABTC発給事情と無効後でも意外と使える話
タイ航空の福岡-バンコク便でもらえるビジネスクラスのポーチ
私がタイ航空(TG)のA330ビジネスクラスが好きなワケ
ANAカード所有の私がタイ航空(TG)便をアップグレードしようとする時にとる行動
ABTCでタイ入国時に“滞在期間90日”をスムースにもらうには(2)




この記事へのコメント

  • alfa

    色々と考えますね!!
    残念ながら2年前のチェンマイ・スラータニー便が、私の最終のフライトになりました。気圧変化で耳をやられ3日間病院通いを強いられ恐怖で2度と飛行機は乗れません。帰りはミニバス長距離、夜間は危険なので3時間ぐらい区切りであっちこっち滞在結構楽しい思い出です。
    2018年10月09日 00:13
  • かる

    alfaさま

    その後の経過は大丈夫でしょうか?
    私も以前に軽い似たような症状に見舞われ通院したことがありますが、alfaさんの場合はかなり重症とお見受けしました。
    確かにミニバスの旅も楽しい部分はありますが、スラタニからチェンマイまで乗車されたのでしょうか(怖)。
    私は空港閉鎖の時にプーケットからバンコクまでバス移動しましたが腰をやられ、こちらしばらく病院通いになったことがあります。
    くれぐれもお体には気を付けてくださいね。
    2018年10月09日 09:08
  • param

    いつも楽しく読んでます。
    単純にAさんとANAのラウンジに入り、自分だけ一旦退出してラウンジのハシゴとして、Bさんとタイ航空のラウンジに入るというのではダメ?入るときはチェックありますが、出るときはないですよね。
    2018年10月09日 11:36
  • かる

    paramさま

    コメントありがとうございます。
    航空会社を変えれば大丈夫だと思うのですが、まだ未確認なのです。
    もし、チケットに印刷されているゴールドカードメンバーの番号かチケット番号でヒモつけられていたらバレてしまうかもしれませんよねぇ。
    ちなみに同一航空会社のラウンジでは、別の離れたラウンジでも入室を拒否された経験はあります(苦笑)。
    是非試してみていただいて、コメントに加えていただければ嬉しいです♪・・・私の場合、あまり連れが複数人となることが多くないのです。
    2018年10月09日 15:05
  • thaiふ~らふら

    記事を読みました。
    かなりセコくないですか? スタアラGとしては失格ですよ。
    夏にエアアジア~バンコクに搭乗しましたが、機内でセブンの弁当を食べてるバカ女性。韓国の辛ラーメンをリュックから出してお湯をくれとのバカ青年。
    とても恥ずかしい日本人でした。この行為は同等ですよ。
    申し訳ありませんが、マイルで追加入室等考えを改めてはいかがでしょうか???
    申し訳ありませんが、生まれ育ちが悪いとしかありません。
    日本人としてお考えが変わることを願います。
    2018年10月10日 21:39
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥

👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇


にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

タイ・ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!