お姉さんを信じなかった、私の後味の悪い「エピローグ」

IMG_1462398742606.jpg

本来はこうなることが目的でいろいろちょっかい出しているわけなのですが、念願が叶って特定のお姉さんと懇意にしていると、自分はただのATMなのではないだろうか?と感じてしまう出来事が早かれ遅かれ、また多かれ少なかれあるものです。
食事だの、買い物だの、旅行だの、或いは田舎の親族への仕送りだのと言った形でジャブのように効いてきます。
特に経験上“田舎の○○が~”シリーズは彼女らの常套手段で、個人的に「ほぼウソ」と断定しています。
その“フレーズ”を聞かされ、一旦そう思い始めると“その流れ”を断ち切ることは難しく、徐々に彼女を敬遠するようになり『エピローグ』が近づくんですよねぇ。

IMG_1482169881739.jpg

別れた後も“一人のほうが気楽でいいや♪”と思えるのも一時的な感情で、いつしか人肌求めてウロウロし始めるものの、「よりを戻そう」とは考えないのが私のパターン。
でも鈍感な私でも稀に反省する『エピローグ』もあり、今思えば、“もう少し信じてあげてもよかったかな”というお話です。






彼女と付き合い始めて1年が過ぎようとしていた頃の話ですが、“マンネリ化”し始め新鮮味が薄れてきた私。
一方で彼女の要求は会うたびにエスカレートするばかりで、毎回会っている途中でATMへ立ち寄ることが増えてきた頃に、私にとって禁句である『田舎のお父さんが入院したんで、お金が必要なの』というフレーズが彼女の口から呟かれたのでした。

IMG_1488087914219.jpg

さんざん疑った挙句に手渡す彼女にお金を手渡した私ですが、「これでお金を渡すのも、会うのもの最後ね」と使加え彼女の前から立ち去りました。
今思えば、田舎に帰るバスの中からなのでしょうが、頻繁にメッセージを受信し内容は確認するも返信することのなかった私なのでした。

数通届いた彼女からのメッセージの内容は、“ありがとう”とか、“直ぐに戻るから”など心が覚めてしまった私には到底響かないもの。
“どうせ、田舎に帰ってるんだかどうだかも怪しい”程度にしか思っていませんでしたし、彼女に愛想を尽かしていたのは確か。

DSC_1842.jpg

私からの返信が来ないと悟ってか、その後しばらく彼女からメッセージを受信することはありませんでした。
しかし、翌日に再び彼女からメッセージが届いたのです。
頭に血が上っていましたが、一晩明けて少し冷静になり内容を確認する私、送られてきたのは画像のみで意味不明でしたが、どうやら田舎に帰ったのは本当の様子。

IMG_1498139706308.jpg

しばらくすると2枚目が送られてきたのですが、やはり画像のみ。

“えっ!これって、もしかして。。。?”

IMG_1498139699772.jpg

2枚目を見て、写っていたのが棺桶で一枚目が葬式の風景だったことに気づきました。
慌てて、返信をしようにも言葉が見つからない私。

返信する言葉が見つからず気が動転している私に続けざまに次のメッセージを受信。
やはり一連の画像はお葬式の模様だったようでした。

“彼女が言ってたコトは、本当だったのか。。。”

田舎のお父さんが他界したことを私に知らせるには十分な画像に反省するも、時すでに遅し。
彼女は、田舎に帰る道中に父親の安否を心配する中で私に一言礼を言いたかったんだろうと思うと、自分が彼女を信じてやれなかったことを悔やむしかありませんでした。

IMG_1498139711449.jpg

そして、彼女から最後の画像。
タイの葬式の習慣などはわからない私にも、それが火葬している風景であることを知るには十分なもの。
最後の画像に続きメッセージが飛び込んできたので開いてみると、そこにはこんな文面が。

『いろいろ助けてくれてありがとう、お葬式には間に合いました。』

FB_IMG_1498139716188.jpg

居ても経ってもいられず彼女に電話するも電話を取る気配はなく呼び出し音が流れるばかり。
メッセージを送ってみましたが、彼女から返信がくることはありませんでした。

結局は私が送ったメッセージを最後に交信が途絶え、再び私のスマホが彼女からのメッセージや着信を知らせることはありませんでした。

「終わりは突然やってくる」とはよく耳にするフレーズですが、自分の方に非があるだけに何とも後味の悪い『エピローグ』。
その後バンコクなどでお姉さんらに出身地を聞き、「ウボンラチャタニ」という地名が出てくるたびに彼女を思い出してしまうことから、私の傷はまだ癒えていないのでしょうねぇ。






(お姉さんの実態を垣間見る記事)
『こんなモノを入れるのか。。。』、送られてきた“中身な画像”に感心した話
【期間限定?】“もう1箇所隠したほうがいいかも”なお姉さん(3)
「アナタよりむしろ背景が気になるんですが♪」な画像
私の身に舞い降りた“ぷちラッキー”な出来事の画像
【期間限定?】“もう1箇所隠したほうがいいかも”なお姉さん
ツルペタ相手では難しい?お姉さんとの『チューチュー』遊び
【タイ】『お姉さん、日本上陸』とみみっちい私の反応
お姉さんが画像を送ってくれるキッカケを無意識に作ってた話
なんでだろう、「トイレ内撮影」が好きなタイのお姉さん達
マレーシアとは何か事情が違うの?タイのモスリム娘たち






【バンコク夜遊び】“収穫なし”だった私を神は見捨てなかった話
【タイ】お姉さんは“バスタブ”がお好き
『“トッケイ”を手掴みするお姉さん』から想うコト
【海外食生活】男なんだから、「屋台選び」の基準もそうなっちゃう話
【タイの夜遊び】狙った“獲物”はこれで落とせ!『ラオ ブン プック ビア』
【バンコク夜遊び】そこのお姉さん、おふざけが過ぎると痛い目に会いますよ。
安心してください、履いて出ますよ♪
「ワイルドだろう?」な、お姉さんの画像たち
『私のパジャマを見せてあげる♪』な、お姉さんたちの心境って何なんでしょうね






(人気シリーズ記事)
【タイ】“出会い”のチャンスがあるシチュエーション
【バンコク夜遊び】お姉さんが部屋に来るとありがちな出来事
【タイ】「ボクの夏休み」は、“ワタシの実生活”なお姉さん
【バンコク夜遊び】お姉さんの部屋で「現実」が見えてしまう件
【タイ】お姉さんと日本食レストランに行った私が許せないコト





この記事へのコメント

  • ポンコツ係長

    おじさんさんのブログでは女の子達の生活感や田舎の話についつの回が大好きですが、今回は、ちょっと違った感じで響きました。
    タイの女の子との経験は終わった時はどうであれ、今では全てがプラスの財産家だと思います。

    特に今回のブログのラスト3行は心打たれました。
    2017年07月23日 21:43
  • かる

    ポンコツ係長 様
    いつも応援ありがとうございます。
    そうですよねぇ、彼女たちにはいつも貴重な体験をさせてもらっていると思っています。
    そう考えると、すべてが「授業料」なんですよねぇ。
    生活パターン上、夜のお姉さんとの交流が多いのですが、時々こういう性格の良い娘に当たってしまうとメロメロになっちゃうんですよ。。。
    2017年07月24日 13:27

この記事へのトラックバック
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥

👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

タイ・ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!