皮製品を安く調達するならココ!デリー郊外の「YASHWANT PLACE」

DSC_1796.JPG

こんな真夏に記事にするようなネタではないかもしれません(笑)。
まぁ、ジャンパーだけでなく財布やベルトなど様々な皮製品がお買い得価格で調達できるデリー郊外のショッピングモール「YASHWANT PLACE」。

DSC_0213.JPG

雰囲気は少し中国北京の在りし日の“秀水市場”や、タイバンコクの“MBKデパート”に近い感じですが、「H」型した2階建てのちょいと薄暗い平べったいビル。

図1.png

デリー滞在時の私は皮製品を求めて一度は足を運ぶこの「YASHWANT PLACE」。
それでは、中に入っていつものように皮ジャンを物色してみましょう♪






店内はこんな感じで、薄暗く狭い廊下の両側に店がひしめき合っています。
なぜかインドのショッピングモールって、私ら日本人にとって薄暗く狭苦しい印象を与えるのですが、ここも例に漏れず典型的な“インドの商業施設”といったところでしょうか。
初めてだとちょっと躊躇するかもしれませんが、ここは勇気を振り絞って中へ進んでくださいね(笑)。

DSC_1792.JPG

店によってカバンを多く扱っている場合や、財布など小物を多く扱っている場合があるので、ショーケースや中を覗いてみて入店してみるかどうか決めてください。
まぁ、似たようなものを扱っている事には変わりないのですが、こういうお店ですから安く買おうとすれば『価格交渉』は必須ですね。

DSC_1797.JPG

店に入るとすぐ店員が寄って来て、あれやこれや取り出して商品説明をしてくれます。
ちなみに、トミーやらアルマーニあるいはキャメルと言ったブランド品が揃っているのですが、彼ら曰く“アウトレット”。

DSC_1801.JPG

私も数着持っていますが、造りもシッカリしていて偽物にありがちな「ファスナー系のトラブル」もないので、本当に“アウトレット品”なのかもしれませんねぇ。
真偽のほどは分かりませんが、

『インドで皮を生産し、トルコで鞣す、最後はイタリアで製品にして“イタリア製の皮製品”になる』

と聞いたこともあります。
じゃ、“インドで買うブランド皮製品は逆輸入なのか?”ということになるのですがね。。。

DSC_1800.JPG

さて気になるお値段は、当然モノにもよりますが、だいたい皮ジャンで100USDくらいが相場。
初めは高いコトを言ってくるのですが、値切っていいくうちに経験上これくらいに落ち着きます。

DSC_1793.JPG

最後に価格交渉の秘訣を1つお伝えしておきますと、USDで交渉するほうが有利なようです。
理由は、彼らがUSDにあまり精通していなく、USDとIR(インドルピー)の換算が得意でないのです。
と言うことは、1USD値切るとだいたい112JPYくらい価格が下がるのですが、1IR値切っても80JPYくらいにしかならないのですねぇ。。。当然、その際はUSDで支払うことになるのですが。






(デリーの記事たち)
デリー空港へのアクセス良好。“もう1つのCITY PARK”「シティ パーク 富士 ホテル」
割高感の否めないデリー空港近くの「レモン ツリー プレミア ホテル(Lemon Tree Premier Hotel)」
『オモテナシ精神』を感じるデリーの日系「クラウンプラザホテル(Crowne Plaza Hotel)」
新ルールによって割引を強いられるインド高級ホテルの『憂鬱』
時期によっては敬遠したい、デリーの「シティ パーク ホテル(CITY PARK HOTEL)」
ちょっとガッカリ?デリーの5★ホテル「ラディソン ブルー(Radisson BLU)」
今がチャンスかも、デリー空港の隠れ家的なラウンジを楽しもう
紅茶だけじゃない、土産にお勧め「MITTAL STORES」のお茶たち
空港で買える「お手軽インドSIM」と他国とは違うインターネット接続法
ニューデリー空港内のオブジェ
インドで旧紙幣が使えなくなって私が困った2つのコト






(インド関連カテゴリ)
インドの記事一覧
インド料理の記事一覧

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥

👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

タイ・ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!