自給率の低さからか、勢いを感じなかったマレーシアの夜

IMG_1474741553165.jpg

国がイスラム教を“国の宗教”として認めているマレーシア。
おおよそ3,000万人の人口のうち約6割がイスラム教を信仰する所謂“モスリム”で、その他人口比で1割足らずのインド系の中にも若干のモスリムの方が暮らしているようです。
引き算してもお分かりの通り残りの3割が中華系と言うことになるんですが、夜遊びを含めマレーシア経済を牽引しているのは、この中華系の方々であることは以前お伝えした通りですね。。。。ラマダンという断食期間の習慣も中華系には関係ありませんし。

DSC_4188.JPG

夜遊びに関しても同じでして、原則飲酒や女性の肌の露出を規制するイスラム教に対して中華系にはそんなルールはありません。
ですので、カラオケやパブあるいはバーと言った施設は中華系の男の遊ぶ処。しかし按摩やスパなどは時折マレー系の男を見かけることがあります(少数派のキリスト教かな)。






そんなコトを思いながらつい最近クアラルンプールに立ち寄ってみましたが、一時期の活気を感じることはできませんでした。
滞在は平日だったし、短期滞在だったし、総括的な話はできないかもしれませんが、“雰囲気”や“臭い”は少なくとも私の「アンテナ」をビンビンにすることはなかったのですねぇ。。。
もともと雰囲気に流されて遊ぶタイプな私なのですが、ブキビンタン界隈も閑古鳥とは言わないまでも、何か物足りず弾けるような遊びまでには至りませんでした(泣)。

DSC_4342.JPG

弾けることができなかったのは歳を拾ったせいもあるかもしれませんが、他の都市では朝方まで遊んでますし。。。
実は個人的な分析では“その理由”は明確でして、「以前と比較してお姉さんが少なくなっている」という結論に達したのでした。

DSC_4116.JPG

冒頭でお伝えした通り、マレーシアはイスラム教の国。
この手の職業に従事するマレーシア女性は十中八九が中華系、以前に東マレーのモスリム娘が働いているのを見かけたことがありますが、すごくレアだと思います。
マレーシアでこの手の職種って慢性的な“労働力不足”、食料事情と同様に「夜の仕事の自給率」が低いのです。

DSC_4480.JPG

このため、不足する労働力をベトナム、インドネシア、タイ、韓国や中国、あるいはミャンマーやロシア等の外国からの出稼ぎで穴埋めしているのですが、昨今のリンギット安で思うように斡旋業者も人数を揃えられない様子。

DSC_4533.JPG

しかも数ある斡旋業者も「観光ビザ」扱いで調達しているらしく、警察などに目を付けられ出入りを食らえば一網打尽にされちゃうと言う構図。
確かに、どういう名目で「就労ビザ」を取得できるのかと言われると難しいとは思いますが。

図1.png

一時期はLCC航空会社の普及により外国からの調達コストが削減され、景気が悪いながらも復活の光が見え隠れしていたマレーシアの夜遊び事情なのですが、あまり頻繁に一網打尽にされると斡旋業者やお店もそうですが、当のお姉さんが寄り付かなくなり「負のスパイラル」状態。
ちょうど、今ここにあるようです。。。

DSC_5507.JPG

と、ブキビンタンで一人寂しく飲んでいて仲良くなったバーテンダーの兄ちゃんから聞いた情報を交えてお伝えしました。

DSC_4003.JPG

初めて来られた方が拍子抜けされたケースもあるのではないかと思わせるクアラルンプールのブキビンタン界隈、いつになったら復活するのだろう。






(関連記事たち)
「マレーシアの夜遊びって面白いの?」って最近聞かれ始めたんですが
【業務連絡】徐々に活気を取り戻してきたジョホールの夜遊び
マレーシア女性と仲良くなる際の備忘録
【マレーシア夜遊び】ミスコンに出くわすと臨時出費がバカにならないパブ遊び
ジョホール夜遊び活性化の影の立役者は“エアアジア(Air Asia)”かも






(クアラルンプール界隈の夜遊び記事)
【クアラルンプール】ブキビンタンの夜は長い
【クアラルンプールの夜遊び】ブキビンタンのソレイユホテルのスパは健在
【クアラルンプールの夜遊び】ブキビンタンの“セミフリーエージェント”を狙え
クアラルンプール中華街の路地裏、按摩屋に注意!
夜のブキビンタン界隈の検問と回避方法
【悲報】ブキビンタンのアルファ ジェネシス ホテル併設のスパ閉店
【吉報】祝再開!アルファ ジェネシス ホテル併設の『A1スパ』
【クアラルンプールの夜遊び】“若さ”と“テク”の二者択一、『ボンド スパ(Bond SPA)』
【クアラルンプールの夜遊び】私がビーチクラブから遠のいた理由を整理してみた
【クアラルンプールの夜遊び】アロー通りのマッサージには“相性の悪い(?)”私
「マレーシア純国産」な、ビアガールのお姉さん達
「衣食住&遊」が揃っているクアラルンプール郊外の「スコット ガーデン(The Scott Garden)」






(ジョホールバル界隈の夜遊び記事)
マレーシアで遊ぶジョホールバールのフィリピンパブ
あわや酒池肉林?マレーシアのローカルカラオケに突入
【マレーシアの夜遊び】ジョホールバールのタイパブ『プーケット』
【マレーシアの夜遊び】友人が転籍したジョホールバールの"Queen Pub"へ行ってみたが
【マレーシアの夜遊び】しけしけのジョホールジャヤ”Be Loved”
【マレーシアの夜遊び】行く価値なくなったパブ”Baby Face”
タイパブ「プーケット」よ、オマエもか。。。
【悲報】アマンサリ レジデンス リゾートのスパ(SPA)閉店
【マレーシア夜遊び】「パッケージ」で遊ぼう、タマンモレックの按摩屋“越舒服”
復活の兆し!タイパブ”プーケット(Phuket)”
【マレーシア夜遊び】新年快楽、パブ”女皇(Queen Pub)”
【ジョホール夜遊び】オールマレーお姉さんの新店パブ『KAMPAI』
【ジョホール夜遊び】オースティンのオーソドックスなパブ『MEMORY(メモリー)』
【ジョホール夜遊び】ここにもガサ入れ。パブ『Be Loved』
【ジョホール夜遊び】ウワサ通りタイ人が多数在籍、パブ「Wynn Two」





この記事へのコメント

  • ホタテ

    ひとつ疑問なんですが、じゃあ、なぜ、同じイスラム国なのに、インドネシアの、インドネシア女性の風俗自給率は、あんなに高いんですかね? ローカルのレストランに行けば、イスラムらしく、ほとんど酒も置いていない(コンビニでも)のに、風俗に関しては、まるで宗教を持ち込んでいないと感じます。出身を聞くと決して外国人ではなく、生粋のインドネシア女性が大半です。
    2017年04月27日 01:46
  • ホタテ

    ひとつ疑問なんですが、じゃあ、なぜ、同じイスラム国なのに、インドネシアの、インドネシア女性の風俗自給率は、あんなに高いんですかね? ローカルのレストランに行けば、イスラムらしく、ほとんど酒も置いていない(コンビニでも)のに、風俗に関しては、まるで宗教を持ち込んでいないと感じます。出身を聞くと決して外国人ではなく、生粋のインドネシア女性が大半です
    2017年04月27日 01:47
  • かる

    ホタテさま

    そうなんですよぉ。私もマレーシアに出入りする前にはインドネシアをウロウロしていた時期もあり、「モスリムってそうなんだぁ」と思い込んでいたのですが、マレーシアに出入りし始めて印象が変わりました。
    どこかの記事でも紹介しているのですが、タイもモスリム娘は全然そんなことなくて平気でビキニでビーチ歩いてたり、夜もそれなりに自由にやってるんですけどねぇ。
    マレーシアだけ(?)、なんでこんな感じなのでしょう。。。東マレーに渡ると、少しは緩和されてる印象もあるのですが。
    シンガポールとタイに挟まれている国なんですから、マレーシア娘も頑張ってほしいものですが。
    2017年04月28日 07:33

この記事へのトラックバック
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥

👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇


にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

タイ・ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!