お姉さんと日本食レストランに行った私が許せないコト

DSC_8363.jpg

日本を離れてしばらく経つと、やはり日本食が恋しくなるもので無性に行きたくなりますよね。
寿司や刺身など日本食を眺めているだけで、落ち着くというか、心が洗われるというか、何とも表現しにくいのですが、日本食って何か“絵”になりますよねぇ。
私に至っては、PCも携帯電話もタブレットも全て壁紙は寿司にしているほど「日本食ファン」なのです。
そんな日本食好きな私ですが、やはり一人の食事は無性に寂しく感じる時もあり、そんな時は知り合いのお姉さんとレストランへ出向きます。
まぁ、このパターンは日本でもそうですが典型的な“同伴出勤”の流れですので、ある程度の出費は覚悟しておく必要があるのですが(笑)。






幸いタイでは日本食ブームの恩恵で比較的日本食を提供するレストランを探すことは難しくありませんよね(味と価格は別として)、ことバンコク辺りだと何処へ行こうか迷うくらい日本料理屋や居酒屋があって、嬉しい限り。
誘い出したお姉さんも刺身や寿司で生魚など食べれないことも時々ありますが、たいてい日本料理は大好物で、誘うと喜んで出てきます。

DSC_0612.jpg

しかし、そんなお姉さんと日本食レストランで食事をした時、お姉さんに対して私がどうしても“受け入れられないコト”にしばしば遭遇するのです。
日本食慣れしていないお姉さんですので、ある程度は大目に見てあげないのですが、これも私の“日本人のDNA”のせいなのかもしれませんねぇ。

DSC_6440.jpg

そんな私が“受け入れられない”コトって、こんなことなんです。
おそらく大半の方は「アホか、おまえ」というような些細なことなんですが、いくつか紹介したいと思います。

DSC_1838.jpg

1つめは、寿司とタコ焼きを交互に食べること。

DSC_2450.jpg

更には、“中華わかめ”という日本食ではないモノまでをローテーションに組み入れ口に運ぶお姉さん。

DSC_3222.jpg

続いては、日本食が大好物なのは良いのですが、寿司、カレー、ラーメンを相次いで注文。
しかもそれぞれの料理を食い残すお姉さん。
個人的には、寿司、カレーとラーメンが同じテーブル上にあることだけでも気に食わない私、速攻でサヨナラしましたね。

DSC_2894.jpg

そして、これも速攻でサヨナラしたパターン。
人形を取り出し記念撮影をするお姉さん。あげくには人形に料理を食べさせる仕草までし始め、興ざめというか気味が悪くなりました。

DSC_4655.jpg

ここからは番外編で、私が二度と行かなくなった日本料理レストランの盛り合わせを少し紹介しておきましょう。
別記事として紹介してもよいのですが、そうなるとお店の名前まで明かすことになりそうなんで、ここで“おまけ”として挙げておきます。

DSC_6628.jpg

寿司と同じ更にアイスクリームの盛り付け。

DSC_9845.jpg

で、味噌汁の器が明らかに不自然で、しかもレンゲ(蓮華)まで添えて出てくるレストラン。
これらは、おそらく日本人ではない方々だけ関わってお店をやっているのでしょう。。。ご愁傷様です。

日本を離れることが多くなり日本食の有難さを痛感する一方で、過剰に日本食を美化したりして、この“思い込み”みたいなものが災って、お姉さんとの関係が崩れてしまった経験もあるのですが、どうしても譲れなんですよねぇ。

DSC_3078.jpg

海外に居ることが多いからこそ、「これぞ日本」というものを欲してしまうのでしょうか。。。改めて記事を読みなおすと、自分がいかに“ちっぽけな”男なのか再認識させられる私なのでした・・・こんな私ですが皆さんこれからもお付き合いお願いします。






(お姉さんの食事マナーの記事)
久々に送ってきてくれても冷めてしまうお姉さんの画像
お姉さんと海鮮レストランに行った私が許せないコト
お姉さんにドーナッツを買った私が許せないコト
お姉さんが作った即席麺に私が許せないコト
お姉さんと買い物に行った私が許せないコト






(ちょっと関連する「海外の寿司」記事)
【タイ料理】バンコクのエンポリアムで見つけた”ピザ寿司”
タイにもあります、”屋台な寿司屋”。そこで芽生えた「日泰"WIN-WIN"な関係
これで600円?インドで見つけた屋台の寿司屋
ポンペイ島、日本のテレビで紹介されたウワサの回転寿司へ行ってみた
マレーシア回転寿司の定番”SUSHI KING(寿司キング)”
【インド】コルカタ郊外の日本料理が出てくるレストラン"WASABEE(ワサビ)"
【チェコ】2度と行かない、韓国人経営の日本食レストラン
【マレーシア】スバン空港内の寿司のない寿司屋"SUSHI2GO"
寿司キング(SUSHI KING)で私のイチ押しメニューは寿司ではない件
「SUSHI KING」について私が勘違いしていた2つのコト
回転寿司の覇権争いに異変?クアラルンプールの「寿司三昧vs寿司キング」






(人気カテゴリたち)
タイの夜遊び♪の記事たち
お姉さんの部屋シリーズ
お姉さんが来たシリーズ
お姉さんの実態シリーズ
【タイ】“出会い”のチャンスがあるシチュエーション
【タイ】「ボクの夏休み」は、“ワタシの実生活”なお姉さん




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥

👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇