私が“夜遊びを諦めモード”時に使う“ナントラ ホテル(NANTRA HOTEL)”

DSC_1823.jpg

私が素泊まり感覚で使うちょっと手狭な“ナントラホテル(NANTRA HOTEL)”。
バンコクではスクンビット39、55と63に展開するお手頃な禁煙ホテル。
3000円前後で泊まれるので、私はもっぱらバンコクに午前に到着し、その日の夜行便で飛び立つような“夜遊び諦めモード”の時の休憩場所として使うことが多いです。






比較的新しくジョイナーフィー(JF)も無料なので、お姉さんと一緒でも問題はないのですが、冒頭のように少し手狭で旅行カバンを広げるのに苦労します。
おそらくバンコクで一番古いのは、8年くらい前にできたスクンビット55(Sukhumvit soi55)のトンロー通り(soi ThongLor)の中ほどあるエキゾティカ(Exotica Club)の隣のやつですね。

DSC_1973.jpg

その後、BTSのプロンポン(Phrom Phong)駅やエカマイ(Ekkamai)駅の近くにオープンしていきました。
各方面のアクセスを考慮すると、やはりBTSの駅近くのほうが便利だと思います。

DSC_1619.jpg

このお手軽ホテル“ナントラホテル(NANTRA)3兄弟”ですが、特徴は「安い・狭い」に加え近所にあまり目立つ夜遊び場所がないことですかねぇ。
誘惑に弱い私にとっては、“夜行便で出発しないといけない日に近所に楽しい所”が沢山あると後ろ髪が抜け落ちるほど引かれてしまうのですが、この“ナントラ(NANTRA)”辺りに泊まっていると“諦めモード”になるのです。

DSC_1709.jpg

仮にお姉さんと仲良くなっても連れて入ろうとは思わない狭い部屋ですし、強いて“夜遊び”と結びつけるとすると、マッサージパーラー(MP)や按摩屋など“外で発散する時には使える”といったところでしょうか。
以前は、デポジットをチェックイン時に取られてましたが、最近は取らなくなったとも聞いています。

DSC_2027.jpg

最近、タニヤ(Thaniya)・パッポン(PhatPhong)方面“ナントラ シーロム(NANTRA SILOM)”が出来ていますが、“夜遊び諦めモード”になれないので私は未経験です。
また、トンローに同じく系列の“NANTRA RESORT&SPA”というのがありますが、こちらの部屋は少し広いです。






(プラカノン周辺を話題にした記事)
立地は便利で眺めもまぁまぁ。でもホテルとしては不便な「スカイウォークコンド(SKY WALK CONDO.)」
BTS派にオススメ、プラカノン駅に直結な「ジャスミン リソート ホテル」
郊外移動に便利な、プラカノンの「ホープランド サービスアパート」
パタヤ方面バス利用時に便利な「バーボン セイント ブティック(Bourbon St. Boutique)」
私が“夜遊びを諦めモード”時に使う“ナントラ ホテル(NANTRA HOTEL)”
「“渋滞”と“混雑”覚悟」で行ってみよう、人気レストラン「SABAIJAI(サバイチャイ)」
初対面の先輩が連れて行ってくれたオンヌットの焼肉レストラン「BEST BEEF」
BTSプラカノン駅近くの“庶民派”な韓国焼肉「MAPO GALBI(マッポ カルビ)」
ルーフトップバーだけじゃない、多国籍屋台が楽しめるプラカノンのW.DISTRICT
単身赴任者の胃袋を鷲掴み?プラカノン周辺の“うま食堂”包囲網






(バンコクのホテル突撃レポート)
タイのホテル選び指南の記事一覧

(タイにまつわる記事)
タイの記事たち
タイの夜遊び♪の記事たち
タイのレストラン紹介の記事たち
タイ料理の記事たち





(人気カテゴリたち)
お姉さんの部屋シリーズ
お姉さんが来たシリーズ
お姉さんの実態シリーズ
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ
【タイ】“出会い”のチャンスがあるシチュエーション





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥

👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

タイ・ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!