情報求む!また出てきちゃいました正体不明な車

DSC_1845.jpg

また正体不明の車に出会ってしまいました。
場所は同じくタイ南部なのですが、ガソリンスタンドへ立ち寄った際にコイツに遭遇。
明らかに周囲の車たちとは違うオーラで目を引いたので遠目で数枚、近くからも何枚か画像に収めようとしたのですが、車の陰からオーナーらしきおじさんが登場。
おじさんが怖そうだったので、様子を窺っていると去って行ってしまいました。
あれがお姉さんだったら速攻で駆け寄り話を聞くのですが、しかめ面のおじさんでは足が鈍ってしまったのが敗因です。






見た感じでは大きさと言い古い欧州車に見えるのですが、右ハンドルですね。
遠目からみてもきれいに手入れされているのがわかりましたし、変な改造部品などは装着されず極めてオリジナルに近い状態を保っていることがタイヤのデザインなどの古臭さからうかがえます。

DSC_1844.jpg

本来ですと画像から車を割り出して、いろいろ講釈を垂れるのですが、私が調べた限り該当する車が見当たりませんでした。
ということで、この場を借りて誰かこの車をご存知の方がいらっしゃればと思いアップさせていただきました。

前回の“謎の車”もまだ正体がわかっていないんですよねぇ。
下にリンク貼っておきますので、こちらも併せて正体解明にご協力いただければ助かります。
マレーシアあたりではこの手の旧車はだいたいが古い日本車なのですが、タイには時々正体不明なヤツがいるんですよねぇ。
これって、もしかすると日本車なのかなぁ。。。私の暇つぶしみたいな趣味に付き合っていただいて、ありがとうございます。






(前回の謎の車の記事です)
チュンポーンで見かけた謎の車

(その他の車関連のカテゴリ)
ちょっと珍しい世界の車たちの記事一覧





この記事へのコメント

  • モロ爺

    ソ連製の Pobiedy M-20、ポーランド名「ワルシャワ(Warszawa)」をライセンス生産することになったのです。1951年11月、国産第1号車が完成しました。しかし、ほとんどの部品と組み立てはソ連で行われたため、本当の意味で国産と言うまでにはその後数年を要しました。「ワルシャワ」は数度のモデルチェンジを行い、1973年までに25万台を生産しました。東欧諸国や中国などの共産圏にも輸出されたそうです。
    ・・・ではないかと思います。
    2016年04月04日 12:38
  • かる

    モロ爺さま

    ありがとうございます!!!
    これですっきり眠れそうです!
    まだいくつか得体のしれない車がありますので、またお力をお借りできればたすかります。
    これからもよろしくお願いいたします。

    かる
    2016年04月04日 18:52
  • かる

    モロ爺さま

    先日は出先だったため、取り急ぎ返信させていただきましたが、今改めて確認しました。

    コイツですね!!

    しかしソビエト製だったとは、驚きです。
    それにしても希少なくるまですね、大事にPCに保存します。
    本当にありがとうございました。
    2016年04月05日 19:02

この記事へのトラックバック
<<人気カテゴリたち>>

お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘

”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

タイ・ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!