「SUSHI KING」について私が勘違いしていた2つのコト

DSC_4308.JPG

マレーシアの回転寿司チェーンの王様“SUSHI KING”。
このブログでも何回か紹介させてもらってますし、私もマレーシア滞在時にはお世話になっています。
チェーン店でありながら品質管理などが行き届いているのでしょう、どのお店に言っても安定した味が楽しめます。
実はこの“SUSHI KING”について私は2つ勘違いしていたので、この場を借りて皆さんに訂正させてください。






1つめは「名前」なんですが、英語で書くとご存知“SUSHI KING”。
しかし日本語では“すし金”と表現するのが正解で、以前の記事の“寿司キング”は間違いでした。
たまたま前回に立ち寄った際、看板やメニューにこの“すし金”の文字を発見し判明したのですが、今まで気づかなかった私って一体何なんでしょうねぇ。。。深く反省しております。

DSC_3290.jpg

“寿司キング”や“すしキング”と表現すると、マレーシア以外の日本などにある実在する寿司チェーンになってしまい混同してしまいそうですよね。
また“すし金”と表現した場合でも、日本には“寿司金”や“鮨金”など勘違いしそうな寿司屋が結構あります。
ということで、このブログでは“SUSHI KING(すし金)”と以降表現して行こうと思います。
今後どれくらい“SUSHI KING(すし金)”記事をお届けできるかは不明なのですが。。。

そして2つめ。
こちらは以前お伝えしたことがあるかどうか覚えていないのですが、このマレーシア全土に店舗を構える“SUSHI KING(すし金)”は“ハラル(HALAL)”ではないのです。
ご存知“ハラル(HALAL)”とは、イスラム法に則った材料や加工法により生産された食べ物に与えられる認証で、イスラム教徒は基本的に“ハラル料理”であるマレー料理を口にします。

DSC_4306_1.jpg

マレー料理以外の中華料理や日本料理は、材料や製法がイスラム法に準じていないので“ノンハラル(NON HALAL)”でマレー系に人々は宗教上口にしないのです。
しかし“SUSHI KING(すし金)”に至っては、店員も寿司職人(?)もイスラム系が多く、訪れる客もイスラム系で賑わっているのです。
この光景をいつも眺めていて、私はてっきり「“SUHI KING”は、“ハラル(HALAL)”」だと思い込んでしまっていたようです。
ということは、

「SUSHI KINGはマレーシアで、“ノンハラル(NON HALAL)”料理で一番イスラム教徒に人気のある料理」

と言えるのかもしれませんねぇ。

DSC_4097.jpg

現状“ノンハラル(NON HALAL)”なこの“SUSHI KING”ですが、晴れて今年(2016年)にはハラル認証を取得するようで、ハラル認証取得の暁には、その人気に拍車がかかることは間違いなさそうですね。
日本食がこうやって海外で人気が出るのは嬉しいことです、ただ人気が出てくると必ずそれに乗じて「偽物」が横行してしまうのが問題なんですよねぇ。
食中毒などを起こして、日本食の評判を落とすような偽物は勘弁願いたいものです。






(海外の「寿司」にまつわる記事たち)
回転寿司の覇権争いに異変?クアラルンプールの「寿司三昧vs寿司キング」
【タイ料理】バンコクのエンポリアムで見つけた”ピザ寿司”
タイにもあります、”屋台な寿司屋”。そこで芽生えた「日泰"WIN-WIN"な関係
これで600円?インドで見つけた屋台の寿司屋
ポンペイ島、日本のテレビで紹介されたウワサの回転寿司へ行ってみた
マレーシア回転寿司の定番”SUSHI KING(寿司キング)”
【インド】コルカタ郊外の日本料理が出てくるレストラン"WASABEE(ワサビ)"
【チェコ】2度と行かない、韓国人経営の日本食レストラン
【マレーシア】スバン空港内の寿司のない寿司屋"SUSHI2GO"
ジョホールバールで食べる日本料理“居酒屋 HACHIKO”
寿司キング(SUSHI KING)で私のイチ押しメニューは寿司ではない件
タマンモレックの日本料理”林(HAYASHI)”




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥

👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

タイ・ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!