マレーシア女性と仲良くなる際の備忘録

DSC_4206.JPG

マレーシアの夜遊び記事をいくつか紹介してきましたが、内容はマレーシア女性ではなくベトナム、中国、ミャンマー、フィリピンやインドネシアなど出稼ぎ組ばかりですね。
「で、本家本元のマレーシア女性ってどうなのよ?」
とよく問い合わせをいただきますので、今回はマレーシア女性についての記事を紹介したいと思います。
マレーシア女性と一言にいっても、マレー系、中華系とインド系に分類されます。
多人種のDNAを混ぜると抜群の美形を産出すると言われるインド系の血統ですが、やはり”遊ぶ”という目的ではマレーシアでもインド系の人気はイマイチでインド人男性ですら敬遠しているようですね。
インド系に関しては、私も”インド童貞”ですので今回はマレー系と中華系についてのお話ということでよろしくお願いいたします。






マレーシアと言えば、ご存じイスラム教の国。イスラム教といえば「一夫多妻制」という資金的に余裕のある男性にはありがたいルールが存在することが知られていますよね。
マレー系の人のほとんど全てがこのイスラム教、最近はそうでもありませんが一夫多妻制を容認している影響からか女性はあまり表に出てこず家に引きこもる風習が強いようです。
家に引きこもることが多い女性がどうなる傾向にあるかというと、”肥満”になりやすくポッチャリした女性がマレー系には多いですね。特に既婚と思われるくらいの年齢になるとその体型は顕著になり、あまり痩せている中年マレー系女性はお目にかかれません。。。その手が趣味の方には感動的な話かもしれませんが、
私には生憎その手の趣向はないもので、どちらかと言うと”パス”なんですが。
服装に至っても、肌の露出は極力抑え頭には被り物という伝統的なスタイル。見ていてもあまり魅力を感じませんよねぇ。

DSC_2382_n.jpg

被り物は親や家長などが許可をすれば被らなくてもよいようで、最近若者を中心に被っていない女性を見かけるようになりましたが、人によっては裸で外出するより恥ずかしいとか言うことですし全撤廃にはまだまだ時間がかかるのでしょう。
飲酒も制限しているイスラム教で女性もこんな感じ、でもちゃんとパブなど飲み屋で働いているマレー系の女性はいるのです。
キリスト教やサバやクーチンなど東マレー出身のマレー系の女性は、服装もオープンで夜の商売についている女性が多いですね。
同じマレー系といっても、この手の仕事に就いている女性はハードルも低く仲良くなれれば一緒に遊んだりすることが比較的簡単にできるようになります。
ただ宗教上の理由で結婚はイスラム教の相手としかできないらしく、彼女らと恋に落ちて国際結婚となる場合はイスラム教に改宗することが必要。

DSC_2520_n.jpg

一方で中華系の女性のほうですが、圧倒的なオープンさを発揮していて町を歩いていても「右を見ると被り物をして大きな布きれみたなものをまとったイスラム教の女性、左を見ればタンクトップにホットパンツの中華系女性」ととても同じ国の女性とは思えない対照的な服装で表を歩いています。
彼女らは仏教徒がほとんどですから、自由気ままなファッションを楽しみ酒も飲みますし豚肉を食べます。
夜の仕事をしている女性は圧倒的に中華系女性が多いですし、”抜き抜き”マッサージもマレーシアでは中華系女性(インドネシアあたりでは普通にイスラム教の女性が相手してくれるのに少し不思議ですが)。

DSC_5222_n.jpg

パブやバーでも客として酒を楽しんでいることも多く、仲良くなるチャンスは圧倒的に中華系女性ですし食べる物に制限もありませんしお付き合いしやすいです。
一人暮らしの女性などの場合だと、ルームシェアなどもわりと気軽に受け入れてくれたり、一緒に飲み歩いたりと仲良くなると楽しい時間が過ごせることになるでしょう。
ただ、嫉妬深いのは中華系女性です。イスラム教では一夫多妻が認められてるので浮気行為には比較的甘いのですが、中華系女性はオープンなわりにはここは厳しく、コンドームの精子量を確認し「どこかで遊んできたでしょ!!」なんて包丁を持ち出したりすることもあったりしますのでご注意を。

DSC_2503.JPG

マレーシアで風俗遊びとなると、出稼ぎ組の外国人がメインとなりますが、彼女らはいずれは帰国してしまいますし関係が長続きする可能性は低いですが、現地女性と仲良くなれればそれなりに長いお付き合いができるこになります。
そうなると、マレーシア渡航の楽しみも1つ増えますし、貴重な思い出も増えます。
バンコクでも同じだと思いますが、ロシア人やラオ人よりもはやりタイ人と仲良くなりたいですもんね。






(関連記事たち)
「マレーシアの夜遊びって面白いの?」って最近聞かれ始めたんですが
【業務連絡】徐々に活気を取り戻してきたジョホールの夜遊び
【マレーシア夜遊び】ミスコンに出くわすと臨時出費がバカにならないパブ遊び
ジョホール夜遊び活性化の影の立役者は“エアアジア(Air Asia)”かも
自給率の低さからか、勢いを感じなかったマレーシアの夜






(クアラルンプール界隈の夜遊び記事)
【クアラルンプール】ブキビンタンの夜は長い
【クアラルンプールの夜遊び】ブキビンタンのソレイユホテルのスパは健在
【クアラルンプールの夜遊び】ブキビンタンの“セミフリーエージェント”を狙え
クアラルンプール中華街の路地裏、按摩屋に注意!
夜のブキビンタン界隈の検問と回避方法
【悲報】ブキビンタンのアルファ ジェネシス ホテル併設のスパ閉店
【吉報】祝再開!アルファ ジェネシス ホテル併設の『A1スパ』
【クアラルンプールの夜遊び】“若さ”と“テク”の二者択一、『ボンド スパ(Bond SPA)』
【クアラルンプールの夜遊び】私がビーチクラブから遠のいた理由を整理してみた
【クアラルンプールの夜遊び】アロー通りのマッサージには“相性の悪い(?)”私
「マレーシア純国産」な、ビアガールのお姉さん達






(ジョホールバル界隈の夜遊び記事)
マレーシアで遊ぶジョホールバールのフィリピンパブ
あわや酒池肉林?マレーシアのローカルカラオケに突入
【マレーシアの夜遊び】ジョホールバールのタイパブ『プーケット』
【マレーシアの夜遊び】友人が転籍したジョホールバールの"Queen Pub"へ行ってみたが
【マレーシアの夜遊び】しけしけのジョホールジャヤ”Be Loved”
【マレーシアの夜遊び】行く価値なくなったパブ”Baby Face”
タイパブ「プーケット」よ、オマエもか。。。
【悲報】アマンサリ レジデンス リゾートのスパ(SPA)閉店
【マレーシア夜遊び】「パッケージ」で遊ぼう、タマンモレックの按摩屋“越舒服”
復活の兆し!タイパブ”プーケット(Phuket)”
【マレーシア夜遊び】新年快楽、パブ”女皇(Queen Pub)”
【ジョホール夜遊び】オールマレーお姉さんの新店パブ『KAMPAI』
【ジョホール夜遊び】オースティンのオーソドックスなパブ『MEMORY(メモリー)』
【ジョホール夜遊び】ここにもガサ入れ。パブ『Be Loved』
【ジョホール夜遊び】ウワサ通りタイ人が多数在籍、パブ「Wynn Two」





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥

👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

タイ・ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!