“Scratch Dog”極近のお手頃ホテル“THEE Bangkok Hotel”

DSC_2452_n.jpg

バンコクのスクンビット20(Sukhumvit soi20)にある“シィー バンコク ホテル(THEE Bangkok Hotel)”。この名前になってわりと新しく馴染の薄い方もいらっしゃるかもしれません、以前の“プレミア イン(Premier Inn)”ですね。

DSC_9198_n.jpg

経営者が変わったのか名前と内外装が変わっていたので、ちょいと泊まってみました。
なぜこのホテルを私が気にしているかといいますと、斜め向かいの“ウィンザー スィーツ ホテル(Windsor Suites Hotel)”にある夜のお姉さんご用達ディスコとして有名な“スクラッチドッグ(Scratch Dog)”があるからなのです。
「じゃ、始めから“ウィンザー スィーツ ホテル(Windsor Suites Hotel)”に泊まればいいじゃん」と思われる方も多いかもしれませんが、こちらのホテルは価格の割には最近部屋も古びた感がありますし大型バスの観光客が多く何か落ち着けず、私は敬遠しているのです。






このホテルは一番安い部屋は窓がないようですが、窓がある部屋に滞在しても窓が開かない“ただのガラス張り”状態。。。開いてこそ「窓」と呼ぶような気もしますが。
それでも外が拝めるだけでもマシなのですが、窓が開かないためか“全館禁煙”のホテルです。以前紹介したスクンビット31(Sukhumvit soi31)“アモラ ネオラックス ホテル(Amora NeoLuxe Hotel)” も同じく窓は開きませんが、こちらは喫煙可能な部屋が指定できます。
安宿らしく現金でデポジットをチェックイン時に徴収されます。

DSC_7132_n.jpg

窓が開かない以外でマイナスポイントは、鍵がいけませんねぇ。
部屋へ入るカギはカードキーなどではなく一般的なガチャガチャタイプ、しかし部屋内の電源を取る際にはキーホルダーのようにセットとなったカードキーを使います。
しかも、これらが一体となっていていつも持ち歩く必要があるので外出時には少しポケットがかさばりそうです。。。。うぅ~ん、理解しにくい表現ですね、すみません画像に収めておくべきでした。
例えると「普通のカギにクレジットカードがキーホルダーをして取り付けられていて、それが取り外せない」という感じですかね。

DSCN2417.JPG

部屋自体は、改装間もないことと全面禁煙ということもあり清潔な印象を受けますし、広さも価格のわりには十分広く快適です。
ソイカウボーイ(SoiCowboy)へも徒歩圏内ですし、夜遊び重視の方もわりと使いやすい立地だと思いますが、何と言っても記事のタイトルにあるように“スクラッチドッグ(Scratch Dog)”に近いのです。
仕事を終えた夜のお姉さんが集うこのディスコですが、WeChatやBeeTalkといった「ご近所検索機能」を備えたスマホアプリで容易にホテルから検索可能。
ねらい目は、検索して出てくるIDや名前にタイ語ではなく英語や日本語を使っているお姉さんですね。
集まるのがだいたいカラオケやバーを中心とした夜のお姉さんですから、日本語や英語ができたりすることが多いです。こちらからメッセージを送るのもよいですが、わりとメッセージが入ってきます。
こちらからの当日メッセージに反応がなくても後日返信してくれたりと、そのあたりは向こうさんも商売ですので何らかの反応はあると思いますよ。

DSC_3832.JPG

画像はまだ工事中のものですが、最近この“シィー バンコク ホテル(THEE Bangkok Hotel)”の真向いには新しく“ウェル ホテル バンコク(Well Hotel Bangkok)”がオープンしています。
こちらも“シィー バンコク ホテル(THEE Bangkok Hotel)”と比較すると、ちょっとお値段は高めですが機会があれば試してみようと思います。






(バンコク市内のホテル記事)
”バンコク夜遊びの交差点”アソークのターミナル21に泊まってみた
【バンコクの夜遊び拠点】JF無料だけじゃない、泊まるなら新館!!レガシースィーツ
バンコク:さらば、「グランド ミレニアム スクンビット」ホテル
スクンビット31の”アモラ ネオラックス スイーツ”に泊まってみた
「W・ウォシュレット」標準装備、サクラ スカイ レジデンス(Sakura Sky Residence)
【バンコク】2度も被害に会えばそのホテルを敬遠しますよねぇ
“Scratch Dog”極近のお手頃ホテル“THEE Bangkok Hotel”
バンコクの「アドミラル」、私はどちらかと言うと“プレミア”派
【全手動ウォシュレット】頭も洗えるアジアのトイレ事情
【バンコク】レガシースイーツに長期滞在していた時の思い出話






私が“夜遊びを諦めモード”時に使う“ナントラ ホテル(NANTRA HOTEL)”
立地も合格、部屋も広い。でも“惜しい!”『タイパン ホテル(TAI-PAN HOTEL)』
「JF無料+α」なお得感、『ザ キー バンコク ホテル(THE KEY Bangkok Hotel)』
程よい距離感と価格帯『アソーク レジデンス スクンビット(Asoke Residence Sukhumvit)』
BTS派にオススメ、プラカノン駅に直結な「ジャスミン リソート ホテル」
『IDカード提示』もなくなった?「ベスト ウエスタン プラス @20 スクンビット」
『立地のわりに静かには過ごせるけど』な、エカマイの「アリネア スイーツ ホテル」
ちょっとハイソな、トンローの「アリビア アイビー サービス アパート
郊外移動に便利な、プラカノンの「ホープランド サービスアパート」
人気なワケが見いだせなかったバンコクの「WELL HOTEL」
乗り継ぎも夜遊びも不便。だけど「ラッキーグリーン ビュー ホテル(Lucky Green View Hotel)」
乗り継ぎに居酒屋を楽しめる「スワンナプーム スイート ホテル(Suvarnabhumi Suite Hotel)」
パタヤ方面バス利用時に便利な「バーボン セイント ブティック(Bourbon St. Boutique)」
トンローにある“安定”のサービスアパート「センターポイント(Centre Point Thonglor)」
いつの間にか名称変更。モチットにもドムアンにも便利な「Centara Grand Hotel」






(少し関連する記事)
【バンコク夜遊び】お姉さんが部屋に来るとありがちな出来事
【タイ】お姉さんは“バスタブ”がお好き
安心してください、履いて出ますよ♪
【バンコク夜遊び】“収穫なし”だった私を神は見捨てなかった話


(お得情報満載なバンコクの宿)



(スマホ関連の記事)
タイのAIS プリペイドSIMカードで海外ローミングしてみた話
“WeChat”があれば寂しくない?ホーチミンの夜
アジアは全てが親日国ではないと再認識させられるラインの会話記録
“Scratch Dog”極近のお手頃ホテル“THEE Bangkok Hotel”
意外と便利です!海外のお姉さんとの距離を縮めるLINEスタンプはいかが?
土地勘のない場所で私が重宝している2つのスマホアプリ
「マレーシア純国産」な、ビアガールのお姉さん達
マレーシアのホテルは”wifi無料”が当てにならないのでPortaWiFi買ってみた
【拡散希望?】サムソンか?auのファーウェイ製UQWiMAXに異変が
庶民の憩いの場「ベトナム版ネットカフェ」はこんな処
【タイ】“出会い”のチャンスがあるシチュエーション(5)
【タイ】“出会い”のチャンスがあるシチュエーション(6)
空港で買える「お手軽インドSIM」と他国とは違うインターネット接続法
私がSIMフリー端末を調達するブキビンタン地区の「LOW YAT PLAZA」
私が連れて歩いている旅のお供な機器たち
ビザと一緒に期限切れ?どうなる私のAitelインドSIM





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥

👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

タイ・ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!