シンガポールを臨む隠れた名店“永大海番村海上餐庁”

DSC_8958.jpg

ジョホールバール(Johor Bahru)の工業地帯パシルグダン(Pasir Gudang)地区の外れにある海鮮料理で有名な「永大海番村海上餐庁(Yong Da Rakit Seafood Restaurant)」。
お手軽価格で新鮮な海鮮料理が楽しめる人気レストランの1つですね、近所には数件同じようなレストランがありますが一番人気はここのようです。






場所は、パシルグダン(Psir Gudang)の東の外れにあるタンジャング プッタリ ゴルフ場(Tanjung Puteri Golf Resort)を通り過ぎたあたりで、(私はしないのですが)ゴルフ帰りに立ち寄るのもいいかもしれませんね。
DSC_0103.jpg

途中、「ほんとにこの道でいいのだろうか?」と思わせるパーム林を抜けていくと、海が広がり現地到着。
眺めがいいので私のオススメは暗くなる前(と言いながらも掲載画像は夜)ですが、暗くなってからも対岸のシンガポールの明かりを見ながら料理を楽しめます。
いわゆる「海上レストラン」で向こう岸はシンガポール。チャンギ空港(CHANGI Airport)を離発着する飛行機を眺めながらの海鮮料理はこれまた絶品です。
DSC_5519.jpg

入口の壊れそうな橋を渡ると店内。
店内もこれまた手すりなどはボロボロであまりここで深酒をすることは水難事故防止のためにもオススメできません。。。
DSC_3236.jpg

この手のシンガポールを望む海岸のレストランは、ジョホールバール(Johor Bahru)市内など他の地区でもいくつかあります。
が、この魅力の1つはチャンギ空港(CHANGI Airport)に近いということですね。飛行機好きな方には退屈しないレストランだと思います。

一時期は、この辺りとシンガポールを結ぶ“3番目のコーズウェイ(Causeway)”話が盛り上がっていましたが、最近は全く聞かなくなりましたが進んでるのでしょうか。。。このあたりに出来てくれるとチャンギ空港へのアクセスが超便利になるんですが。
ちなみに近くの港から船でシンガポールまで渡れます。が、マレーシア側もシンガポール側も交通が整備されていないのでタクシーなど船を降りてからの足の確保をあらかじめしておかないとひどい目に会うことになりますのでご注意を。
DSC_5878.jpg

料理の方は、食材となる魚介類は全て生簀であなたの指名を待っていますので超新鮮。
こういう”金魚鉢ちっく”なショーケースを見るとときめくのは私だけではないはず。。。しかし海老たちの食材に番号札はなく、指名した食材の重さと料理方法で値段が決まります(当然)。
しかも食材たちにチップを渡す必要ありません(しつこい)。。。
味付けは日本人にはちょっと濃いめですが、コレステロールを気にしない中年オヤジの舌を十二分に満足させてくれます。
DSC_1486.jpg

最近は、橋を越えたデサル(Desaru)地区に大きなプロジェクトが進行中でこのあたりも日本人を見かけるようになりました。
同じ東洋人でも日本人って何故か見分けがつきますよね、服装なのか振る舞いなのか、理由は定かではないのですが。
一方で私なんかは、アジアのどこの国に行っても現地語で話しかけられたりと“日本人のオーラ”はもう無いようです。






(ジョホールバール界隈のグルメな記事たち)
【マレーシア料理】ジョホールのバクテー(肉骨茶)の人気店”強記”
ジョホールバールで食べる日本料理“居酒屋 HACHIKO”
タマンモレックの日本料理”林(HAYASHI)”
【マレーシア料理】肉骨茶よりヘルシー、私の好みは「好湯頭」
【マレーシア料理】タマンモレックの韓国焼肉『韓(HAN)』
【マレーシア料理】ジョホールバールの海鮮料理の超人気店“旗魚海番村”
私がタマンモレック界隈で遊ぶ際の腹ごしらえ処「文華楼」
【ジョホールグルメ】テリトリ外だけど味は上々な寿司懐石「上井」
好きだったのに既に閉店、ジョホールジャヤのうどん屋「YUSHI(優志)」
焼肉だけじゃない居酒屋メニューも充実なタマンモレックの「KEMURI」






(その他マレーシア関連の記事カテゴリ)
マレーシアの記事一覧
マレーシア料理の記事一覧
マレーシアの夜の記事一覧
海外の食生活の記事一覧

この記事へのコメント

  • 新井広大

    はじめまして! タイで擬似恋愛中毒しんどろーむなるブログやってます新井広大です。
    早速なのですが、現在タイ夜遊びSNS『Thai:Po』の後継たる『裏Thai:Po』を鋭意製作中です。こちらはThai:Po以上にブロガー様の期待に添える仕組みを実装していく予定です。例えばブログのPV増、ファンの囲い込み、収益化、ネタ作りなんかでしょうか。詳細は、弊ブログに1記事たちあげましたので、そちらでご確認いただきたく。(記事URL http://wp.me/p6vvPQ-4S
    ぜひみなさまのお力をお借りして、裏Thai:PoをThai:Poを上回るSNSに育て、それ以上に影響力あるメディアにしていきたいと考えております。タイブロガーとタイの夜遊びをこよなく愛する人たちにとって、裏Thai:Poが役立つ便利な存在になること、それが私の希望です。
    ぜひともご参加いただきたく、よろしくお願い申し上げます。 新井広大
    2016年02月24日 15:50

この記事へのトラックバック
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥

👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

タイ・ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!