「W・ウォシュレット」標準装備、サクラ スカイ レジデンス(Sakura Sky Residence)

DSC_4885.JPG

2015年の秋ごろにオープンしたスクンビット33(Sukhumvit soi33)のサクラ スカイ レジデンス(Sakura Sky Residence)。
場所は、こじんまりと夜遊びや日本食屋が集まっているスクンビット33の真ん中あたりにあり、目印はなんと言っても元祖“抜き系”按摩の「ファッション マッサージ 茜(Fashion Massage Akane)」の看板ですよね。

DSC_4883.JPG

“茜”ってまだやってたんですねぇ、懐かしい。。。
この手のマッサージ屋としては一風変わったコンセプトのこの“茜”、Mっ気のある方、もしくはいろんな所をほじられたり舐められたりするのが好きな「受け身重視」の方は是非試してみてください。
このサクラ スカイ レジデンスは、ウィシュレットが標準装備らしいということでちょっと部屋のチェックを兼ねて滞在してみたんで紹介します。






今回滞在したのは、“デラックス ルーム”の401号室、価格は5,000円/泊ちょっとでした。
見取り図を見る限り、普通の部屋とあまり広さは変わらないみたいですね、これなら普通の部屋で良かったのかもしれません。
ちょっと面白いと感じたのは、一番広い高価な部屋には窓がないみたいです。

DSC_4891.JPG

装備としては、湯沸し器、冷蔵庫、ヘヤドライヤと一通り揃っていますが、“サービスアパート”と自称するならせめて電子レンジや簡単な調理器具は欲しいところですよね。
近くにセブンイレブンがあるんで問題はないのでしょうが、冷蔵庫には備え付けの飲み物はありませんし、歯ブラシもありませんでした。

DSC_4887.JPG

全体的には「可もなく不可もなく」といった感じなのですが、新しいが故になかなか評価を加えにくいですねぇ、目を誤魔化されているような感覚にもなります。
言い方を変えれば、

「新しい割には、そこまで新築(改装)感がない」

といった印象です。
内装も、クロス貼りで仕上げられているので、外国によくある白い塗料で仕上げられているわけではなく日本人にはとっつきやすい落ち着き感を与えてくれますが、これが時間と共にどう落ちぶれていくのか。
ちょっと気になるのは、鉄筋コンクリート建ての建物ですが、部屋の仕切りは適当に決められているようで、各部屋は木のボードみたいなので仕切られている箇所があります。
ひょっとしたら隣の音がわりと聞こえてくるかもしれません。

DSC_4889.JPG

DSC_4890.JPG

ここのウリ文句の1つであるウォシュレット、バスタブもあるし快適に過ごせそうです。
よく見ると、便座にあるウォシュレットとは別に、「手動ウォシュレット」がご丁寧についているではないですか。

DSC_4916.JPG

まさに、“ダブル・ウォシュレット”システム。

なんか過剰設備のような気もしますが、日本人以外の客には手動タイプのほうが使い勝手がいいかもしれませんね。。。

DSC_4924.JPG

窓からの眺め。。。
ちょうど今回滞在した402号室は、”ファッションマッサージ茜”を見下ろすことができ、出入りする客や時々表に出てきて休憩するお姉さん方が確認できましたねぇ。
暗くなると意外と繁盛していましたが、客の多くは白人の集団でした。

DSC_4905.JPG

しかし、思ったよりと静かなこの通りスクンビット33ですが、また暗くなると”クラブ飛鳥”の呼び込みのお姉さん方が通り沿いに出てきて、

「いらっしゃいませぇぇ、見るだけぇ~。どうですかぁ❤」

とうのは少し耳障りかもしれません。

バンコク夜遊びの記事を書かせても私なんかは所詮は短期でしか滞在しませんし、バンコク在住の方々が提供する情報の深さには足元にも及びません。
皆さんが一番興味をそそるような記事って、実はこんな“ホテル巡り”的な内容なのかもしれませんねぇ、でも夜遊びも止めませんし、記事も書き続けますけど。。。






(バンコク市内のホテル記事)
”バンコク夜遊びの交差点”アソークのターミナル21に泊まってみた
【バンコクの夜遊び拠点】JF無料だけじゃない、泊まるなら新館!!レガシースィーツ
バンコク:さらば、「グランド ミレニアム スクンビット」ホテル
スクンビット31の”アモラ ネオラックス スイーツ”に泊まってみた
「W・ウォシュレット」標準装備、サクラ スカイ レジデンス(Sakura Sky Residence)
【バンコク】2度も被害に会えばそのホテルを敬遠しますよねぇ
“Scratch Dog”極近のお手頃ホテル“THEE Bangkok Hotel”
バンコクの「アドミラル」、私はどちらかと言うと“プレミア”派
【全手動ウォシュレット】頭も洗えるアジアのトイレ事情
【バンコク】レガシースイーツに長期滞在していた時の思い出話






私が“夜遊びを諦めモード”時に使う“ナントラ ホテル(NANTRA HOTEL)”
立地も合格、部屋も広い。でも“惜しい!”『タイパン ホテル(TAI-PAN HOTEL)』
「JF無料+α」なお得感、『ザ キー バンコク ホテル(THE KEY Bangkok Hotel)』
程よい距離感と価格帯『アソーク レジデンス スクンビット(Asoke Residence Sukhumvit)』
BTS派にオススメ、プラカノン駅に直結な「ジャスミン リソート ホテル」
『IDカード提示』もなくなった?「ベスト ウエスタン プラス @20 スクンビット」
『立地のわりに静かには過ごせるけど』な、エカマイの「アリネア スイーツ ホテル」
ちょっとハイソな、トンローの「アリビア アイビー サービス アパート
郊外移動に便利な、プラカノンの「ホープランド サービスアパート」
人気なワケが見いだせなかったバンコクの「WELL HOTEL」
乗り継ぎも夜遊びも不便。だけど「ラッキーグリーン ビュー ホテル(Lucky Green View Hotel)」
乗り継ぎに居酒屋を楽しめる「スワンナプーム スイート ホテル(Suvarnabhumi Suite Hotel)」
パタヤ方面バス利用時に便利な「バーボン セイント ブティック(Bourbon St. Boutique)」
トンローにある“安定”のサービスアパート「センターポイント(Centre Point Thonglor)」
いつの間にか名称変更。モチットにもドムアンにも便利な「Centara Grand Hotel」






(少し関連する記事)
【バンコク夜遊び】お姉さんが部屋に来るとありがちな出来事
【タイ】お姉さんは“バスタブ”がお好き
安心してください、履いて出ますよ♪
【バンコク夜遊び】“収穫なし”だった私を神は見捨てなかった話

(トイレな記事たち)
お姉さんも欲しがる?電気工事不要の廉価版ウォシュレット
「アナタよりむしろ背景が気になるんですが♪」な画像(2)
「アナタよりむしろ背景が気になるんですが♪」な画像
なんでだろう、「トイレ内撮影」が好きなタイのお姉さん達
【ほんの少し閲覧注意】タイの田舎のトイレ事情
【全手動ウォシュレット】頭も洗えるアジアのトイレ事情
海外旅行:ポケットティッシュは必需品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥

👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

タイ・ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!