コラートの”立ちんぼエリア”を散策してみた

DSC_3755.JPG

バンコクから車で約3時間、東北地方の玄関口”ナコンラチャシマ(通称:コラート)”。
今やチェンマイを抜いてタイで2番目の街に成長したとのことですが、街並みは至ってシンプルで、国道2号線と途中で分岐する224号線沿いにこじんまりと栄えた街って感じです。






”姉御”を代表に日本料理屋や”GINZA(ギンザ)”を筆頭にマッサージパーラーなどのエンターテーメントも充実して過ごし安い街だと思います。
とは言うものの、さほど大きくない街ですんでしばらく滞在していると「飽きた感」に襲われ、徐々に行動範囲が広がっていってしまいます。

DSC_3828.JPG

今回は、ちょっと散布がてら”立ちんぼエリア”を散策。
コラートで”立ちんぼエリア”立ちんぼエリア有名処としては、GINZA(ギンザ)付近のチャオプラヤ ホテル向かい付近にあるセブンイレブンの回りですね。

DSC_3752.JPG

しかし、この日は午後11時過ぎてもさっぱり現れません。。。。
しばらくすると、おっさんがバイクで登場しタバコをふかしながら何かを待っている様子。
直感的に、コイツが元締めだなって気づきました。

DSC_1139.jpg

話かけてみると、ビンゴ!やはり元締めのおっさんです。
このおっさんと商談が成立したらお姉さんがやってくるというシステムらしく、気になるお値段は「1000THB(約3000円強)」。
しかし、現物を見ないと決めるわけにはいきません。

「ちょっと、一番若い娘が見たいんだけど。。。」

と50THB渡すと、おっさんがバイクで去っていき、二人乗りで戻ってきました。

。。。明らかに30はゆうに超えています。。。

「一番若いのがこの程度なら、次は期待できないな。」

以前は、”フリー・エージェント”自身と直接交渉だったのですが、最近は変わったのでしょうか。
丁重にお断りし、次のスポットへ向かうことにしました。

次のポイントは、Chumphon Gateというちょっとした公園みたいな時々お祭りをやっている場所。
GINZAからは徒歩数分、というか目と鼻の先ですね。
目印はメイン通りの224号線から見ると、こんなモニュメントが夜はライトアップされてて、ちょうど”IT CITY”というコンピュータ関係の商品専門のデパートの反対側あたり。

DSC_3753.JPG

早速、散策開始。
この公園沿いの歩道のアーケードに出没するらしいのですが。。。
しかし、ここにも見当たりません。時間が合わなかったのでしょうか。
ようやく遠くに一人街灯によっかかってスマホをいじっている影を発見。
近づいて早速話しかけることに。

「800THB」でいいわよ。

一発目からわりと良心的な価格を提示してきます。
しかし、私の手をひっぱりながらのアピールが逆に私を目覚めさせてくれました。
俗に言う”LB”だったのです。
タイやフィリピンでは”LB”は市民権を得ていますので、彼女(彼?)と堂々と自分がそうである旨を伝えてきます。
生憎、私のほうに「その手の趣味」がないもんで、ここでも”空振り”をくらってしまいました。
すっかり意気消沈し今回の散策は収穫なしでホテルに戻った私でした。

DSC_0215.jpg

鉄道もバンコクから通っていて東北部へも通じているこのナコンラチャシマですが、ご存知のようにタイの鉄道事情は最悪ですんで、皆はもっぱら車やバスでバンコクと行き来しています。
バスでバンコクからコラートを訪問する際は、北部ターミナルのモチット("Mochit")出発となり、ひっきりなしにバスが出発していて便利です。
モチットのバスターミナルで切符を買う時に気を付けることは、

”2階の窓口で高速VIPバス”

を利用することですね。
1階で普通のバスも利用できますが、エアコンないですし、座席指定は基本なし、しかもナコンラチャシマ到着までに途中のいろんな処で停車しながら進んでいきますから、最悪は6~7時間くらいかかってしまうこともしばしば。
また、ナコンラチャシマにはバスターミナルが2つありますので、ご注意を!

1つは、主にイサーンへの乗り継ぎ用の「新ターミナル(タイ語では”ボコソ・マイ”)」。
もう一つは、旧市街へ乗り入れる「旧ターミナル(タイ語では”ボコソ・ガオ”)」。


バスに乗り込んだ時に、降りる場所を添乗員が

「どこまで行くの?(タイ語で、”パイ・ティーナイ?”みたいな感じ)」

と訪ねてくるので伝えてあげる必要があります。
当然、タイのバスの良いところでも悪いところでもあるんですが、途中のどこででも事前に伝えておけば下車可能。。。ある意味これが、バスのダイヤを狂わせているんだと私は思っています。
私はもっぱら旧ターミナルで降りて、徒歩で近くのチャラプルック・グランド・ホテル(Rachaphruk Grand Hotel)にしけ込むパターンですね。

47187_154109044618723_7804271_n.jpg

このホテル、昔は1階に”BarNaNa”なるディスコというかパブというか飲み屋があり賑わっていて、夜半に行くと酔っ払ったお姉さん方と簡単に仲良くなれていたのですが、今現在は閉店してしまってます。。。。数少ないコラートでの夜遊びの選択肢が1つ減ってしまっていて残念な限りです。






(コラート関連記事たち)
コラートのマッサージパーラー(MP)を徘徊してみた
リベンジ成功、コラートの『立ちんぼクエスト』
コラートでペイバー後(戦闘前)に腹ごしらえとして使える「Stories(ストーリーズ)」
コラートで同伴出勤前に使うレストラン「8ダイニング(8Dining)」
タイ第2の都市コラートで日本人に出会いそうな場所
コラートで見つけた、なかなかアートな落書き
【悲報】コラートの私の常宿“ラチャプルック ホテル”閉店
コラートの夜遊びに最適かも「ロムエン ガーデン プレイス(ROMYEN Garden Place)」
『コラート版:ターミナル21』はこんな感じ
バンコクからコラートへ。バス移動は4時間も掛かった話
「姉御」の独走を阻止できるか、コラートの居酒屋「金虹(KINNIJI)」
コラートの「IT プラザ(IT PLAZA)」、吹き抜けエリアの陳列商品が場違いな話
味はパタヤでお墨付き?コラートのイタ飯レストラン「Coffee Pitini」
コラート郊外の人気シーフードレストラン「Or.Khunpao Korat」
チェーン店だったのね、コラートの居酒屋「黒田(KURODA)」が少し残念だった話
コラートの「元気ラーメン(GENKI RAMEN)」では『元気』が出ない話






(タイの地方夜遊びの記事)
【タイの夜】どちらかと言うと、“ローカルカラオケ”が好きかも♪
チュンポーン(Chumphon)「夜遊びマップ」(参考)
タイの地方MPでおじさん、ひな壇に潜入。
「バナナ」の物語
20分1発勝負、600THBで遊べるタイの田舎での夜遊び
“ほのぼのする風景”から“ゲスな事”を想像してしまう私
【バンコク夜遊び】”マッサージ以上、MP未満”実は”スパ”が熱かったりして
バンコクの夜遊び:現地人に呼び出されローカルカラオケへ行く
【タイ】地方カラオケのちょっと変わったVIPルーム
地方でも根強く生息中の「コバンザメ女」とお姉さんの『女神対応』
私の備蓄を貪るべく進化する現地人の手口が実は“ハッピー”な話
【タイの夜】反日国家の人は近寄らない(?)、パブ「タワンダン マハソン」
(人気カテゴリたち)
お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘





(タイにまつわる記事)
タイの記事たち
タイのホテル突撃レポートの記事一覧
タイの田舎生活奮闘記💛の記事一覧
タイの夜遊び♪の記事たち
タイのレストラン紹介の記事たち
タイ料理の記事たち






<追記>
最後まで読んでいただいてありがとうございます。
この記事はGoogleから指摘を受け、過激な画像を一部削除し文面をマイルドに編集させていただきました。
これからもよろしくお願いいたします。

この記事へのコメント

<<人気カテゴリたち>>

お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘

”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

タイ・ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!