【タイ料理】タイ語は難しい?「ヤーン」、「パオ」、「ビン」の違い

DSCN1500.JPG

前回お伝えした「タイのバーベキューの呼び方」ですが、自分なりに整理してみました。
話しの経緯は、鶏のバーベキューの呼び方で、現地人ともめたことが発端ですね。
しばらく放置していたんですが、記事をアップした後に、改めてもう一度調べてみました。






タイ「鶏のバーベキュー」の呼び方で現地人とモメる

タイでバーベキューの呼び方は大きく、

「ヤーン」
「パオ」
「ビン」

の3つに分けられます。

「ヤーン」は一般的なバーベキューの総称で、だいたいのバーベキューはこれに属すようです。
例を挙げると、
DSCN1649.JPG

も、
DSCN1419.JPG

も、
DSC_2064.jpg

も「ヤーン」となります。

しかし、これが「丸焼き」で「水産物」の場合は、「パオ」を使うことになります。
ですから、ナマズのバーベキューも、
DSC_0975.jpg

貝の壺焼きも、
DSC_1547.jpg

前回お伝えしたエビ焼いても、
DSC_1562.jpg

ホタテを焼いても、
DSC_1557.jpg

これらが「パオ」になるわけですね。

しかし、タイでは、もう1種類ほどバーベキューの呼び方があります。
それが「ビン」です。
「ビン」とは、

「下味としてタレなど漬け込んだものを焼く」→焼きあがったらそのまま食べられる
「生ものでは乾きモノ」を炙る
「そのままでもたべれるものを炙る」

のようなバーベキューに使われる単語のようです。
例を挙げると、屋台でお馴染みな「ムービン」だったり、
DSC_2010.jpg

ゴーゴーバーによく売りに来る「プラムックビン」だったり、
DSC_3839.JPG

はたまた、バナナを焼いてみたり、
DSC_0850.jpg

と、これらが「ビン」と称される焼き方。

っと、あくまでも「個人的な解釈」です。
。。。自分なりに納得しているので、しばらく使ってみて検証してみようと思ってます。。。

このルールに従うと、前回のマングースは「ヤーン」と言うことになりますね。。。

マングースの悲劇


まだ検証が終わっていないので、現段階では敢えて記事の訂正は止めておきますね。。。

タイ人に改めてこの話題を質問しても、やはりスッキリするような結論には至りませんでした。
彼は、タイ屈指の名門「チュラロコン大学」卒業なんですがねぇ。。。ははは。






(その他『タイ』の関連記事たち)
タイの記事一覧
タイ料理の記事一覧
タイの夜の記事一覧
海外の食生活の記事一覧

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

ラベルリスト

<<人気カテゴリたち>>

お姉さんの部屋シリーズ💘
お姉さんが来たシリーズ💘
お姉さんの実態シリーズ💘
お姉さんの「ボクの夏休み」シリーズ💘
「出会い」のあるシチュエーション💘シリーズ
【期間限定?】シリーズ💘

”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

ブログ王ランキングに参加中!