マレーシアで遊ぶジョホールバールのフィリピンパブ

P1000692.JPG
ここはマレーシアの南部の田舎の町”コタティンギ”。
モスリムの町なんで、バーやカラオケはありません。。。
ここに来てまだ1週間しか経っていない友人には既に禁断症状が。。。

これはいかん!!緊急に処置が必要だ!!

ある日、私と友人は乾ききった心を潤すために酒の臭いを求めて冒険に出たのであった。






コタティンギからジョホールバールへ車を走らせること約40分。
町並みは、徐々にモスリム系から中華系へ変わっていきます。それを感じさせるのは、道路や電柱になどにある看板ですね。

”ウィスキー”やビール”の看板やレストランの看板などに”漢字”が混じり始めると、中華系の集落が近くお酒が飲める処が近いことを教えてくれます。


ジョホールバールのシンガポール国境あたりまで出れば、バーやカラオケなどは沢山あるのですが、コタティンギからではちょっと距離がありすぎるんですよね。道路事情にもよりますが2時間弱くらいかかることあります。

「明日も仕事なんで、なるべく近場で探そう!」

と言う友人は既に飲みたくてしょうがない様子。
ガソリンスタンドでパブの場所を聞き、直行です。

場所は、ジョホールバールの郊外でわりと宿のあるコタティンギに近い”タマンガヤ”。

案内通りありました、「フィリピンパブ」です。
この一帯、よく見るとパブやマッサージがちらほら確認できる。。。

「ラッキィー!そんなに遠くないしいいところ見つけたぞ!!」


早速中に入ります。
マレーシアではこの手のパブは、基本的に立ち飲み形式が一般的。飲んでいるうちにお姉さんが寄ってきていろいろお話などをするというシステムです。
”立ち飲みスタイル”と言っても、軽く腰掛けるスタンド形式の椅子はあります。

これは、お姉さんがマレーシア人でもフィリピン人でも中国人でもだいたい同じ”立ち飲みスタイル”って多く、椅子やソファーのあるバーもありますが、こちらのスタイルのほうがメジャーです。

(↓↓大きな所へ行くとステージなんかがあったりします↓↓)

マレーシアのパブは”ミスコン”をよく開催する

早速、お姉さんにロックオンさせる我ら日本人。

「はろー、でぃばぁ?」

おぉぉ、懐かしいタガログ語ではありませんか。
フィリピン大好きの私のテンションは上がってきます。
フィリピンパブのメリットは、やはり英語が通じるところにありますよねぇ、会話も弾むし。。。何より彼女らの天真爛漫さは、周囲を元気にしてくれます。


ここのお姉さん達、決して若いわけでもなく可愛くもない。。。

でも、いいんです!この彼女らの”ノリ”が私らの乾ききった心に潤いを与えてくれるんです!
話をしているうちに分かったのですが、

マレーシアへ流れてくるフィリピン女性は3級なんだとか。
1級は日本へ、2級はシンガポールへ、そして3級がマレーシアやタイでこの手の仕事に就く。

だそうです。

「そりゃ皆給料のいい日本へは行きたいけど所属事務所やプロモーターが決めるので、若くも可愛くもないフィリピーノはマレーシアなの。。。」

まぁ、君らだったら日本で会っても指名はせんわな。。。


飲んで踊って、お勘定。。。二人で2万円也。。。。ま、たまになんでいいっかぁ。
友人はしっかり連絡先を交換、大満足の様子。
その後、彼には「毎晩のように電話がかかってきたりメッセージが来たり」と、飲みに出ないのに寝不足状態。。。挙句には、電話番号を変更するはめになったとさ。
。。。こんな話って、どこの国でもよくありますよね。。。






(パブやバー遊びの関連記事)
「マレーシアの夜遊びって面白いの?」って最近聞かれ始めたんですが
マレーシア女性と仲良くなる際の備忘録
【クアラルンプール】ブキビンタンの夜は長い
【クアラルンプールの夜遊び】歓楽街ブキビンタンの朝の風景
夜のブキビンタン界隈の検問と回避方法
【クアラルンプールの夜遊び】私がビーチクラブから遠のいた理由を整理してみた
【クアラルンプールの夜遊び】ベトナム語が必須?最近のローカルカラオケ
マレーシアの夜遊び:パブやバーはなぜか”ミスコン”をよく開催する
【マレーシア夜遊び】ミスコンに出くわすと臨時出費がバカにならないパブ遊び
自給率の低さからか、勢いを感じなかったマレーシアの夜






(ジョホールバール界隈の夜遊び記事たち)
あわや酒池肉林?マレーシアのローカルカラオケに突入
【マレーシアの夜遊び】ジョホールバールのタイパブ『プーケット』
【マレーシアの夜遊び】友人が転籍したジョホールバールの"Queen Pub"へ行ってみたが
【マレーシアの夜遊び】しけしけのジョホールジャヤ”Be Loved”
【マレーシアの夜遊び】行く価値なくなったパブ”Baby Face”
タイパブ「プーケット」よ、オマエもか。。。
【悲報】アマンサリ レジデンス リゾートのスパ(SPA)閉店
【マレーシア夜遊び】「パッケージ」で遊ぼう、タマンモレックの按摩屋“越舒服”
復活の兆し!タイパブ”プーケット(Phuket)”
【マレーシア夜遊び】新年快楽、パブ”女皇(Queen Pub)”
【業務連絡】徐々に活気を取り戻してきたジョホールの夜遊び
【ジョホール夜遊び】オールマレーお姉さんの新店パブ『KAMPAI』
【マレーシア夜遊び】ミスコンに出くわすと臨時出費がバカにならないパブ遊び
ジョホール夜遊び活性化の影の立役者は“エアアジア(Air Asia)”かも
【ジョホール夜遊び】オースティンのオーソドックスなパブ『MEMORY(メモリー)』
【ジョホール夜遊び】ここにもガサ入れ。パブ『Be Loved』
「マレーシア純国産」な、ビアガールのお姉さん達
【ジョホール夜遊び】ウワサ通りタイ人が多数在籍、パブ「Wynn Two」






<追記>
最後まで読んでいただいてありがとうございます。
この記事はGoogleから指摘を受け、過激な画像を一部削除し文面をマイルドに編集させていただきました。
これからもよろしくお願いいたします。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥

👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

タイ・ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!