”睾丸が大好物?”のパクーがタイにもいます、殿方はご注意を


DSC_0421.jpg

皆さん、パクーと呼ばれる魚をご存知でしょうか。
南米原産の淡水魚だということですが、タイにも生息しています。見た目はピラニアに似ていてバリバリの肉食魚として恐れられていると思いがちですが、コイツはピラニアの親戚には違いないようですが雑食性。一般的には木の実とかを食すと言われています。
「え?じゃぁ危険じゃないじゃん!」と思われる方、それは大きな間違いです。







DSC_0418.jpg

”木の実を食べる”....”丸いものが好み”...もうお分かりいただけましたね?
そうです、男性の睾丸に食いつくことがあるのです。ピラニアの歯は、いわゆる肉食系のとがったヤツですが、コイツの歯は木の実を砕くのに便利なようにフラットになっています。ライオンと牛の歯の違いのようなものでしょうか。。。そんな頑丈な歯とアゴに食いつかれたら睾丸なんてひとたまりもありません。
しかも、ある意味で男性の一番敏感で、ちょっとぶつけたら悶絶するほど弱い部分を狙って噛み砕きにヤツは襲ってくるのです。。。。これ以上は想像したくないですね。

DSC_1979.jpg

大きなものではゆうに50cmを超えるらしいですが、私が釣ったことのあるのは40cmクラス。
かなり引きます、ゲームフィッシュとしては最高っす。私が釣ったサイズでも取り込むまでに10分弱くらいかかったのではないでしょうか、測ってたわけじゃないので正確とは言えませんが。。。

当然ですがハリスにはワイヤーを使います。そのワイヤーも餌を飲み込ませてフッキングすると食いちぎられます。。。田舎町の野池で自然養殖しているようなところで釣りましたが、当然大雨とかで池や川が氾濫することの多いタイですから、その後の話は想像できますよね。
で、その時のエサなんですが、パンを丸めて。。。そうちょうど”睾丸の大きさ”くらいに。。。。うぉぉ、また思いだしてしまった。。。

DSC_1980.jpg

幸い淡水魚とのことですから、海にはいないようです。
また睾丸を食いちぎられた被害は、どうやらそのお方は素っ裸(睾丸モロ出し状態)とのことです。
気になるお味のほうは、淡水魚なんで少々臭みはあるものの白身で淡泊で美味しゅうございました。右半身を塩焼きに、左半身をトムヤムで。。。釣っても楽しい、食べても美味しい魚です。






(関連記事たちはコチラ)
大物“パクー”を軽々持ち上げたタイの「意地悪ばあさん」にやられた話
タイの野池で釣れた魚、これ新種?

(その他『タイ』の記事たち)
海外の食生活の記事一覧
タイの記事一覧
タイ料理の記事一覧




この記事へのコメント

”元気の源”のために下のランキングボタンのどれかを”ポチッ”としてもらえると嬉しいです。 こんなショボいブログでもランキングに参加しているのです。。。f^^;
リンク先でここよりもずっと面白いブログに出会うと思いますが、きっと帰ってきてくださいね♥

👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇



にほんブログ村 トラコミュ アジア旅行情報へ

タイ・ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!